最終更新日:2018/7/30

マイナビ2019

マイナビコード
201773
  • 正社員
  • 既卒可

エイコウ電子(株)

本社
神奈川県
資本金
1,000万円
売上高
会社規定により非公開
従業員
70名
募集人数
若干名

無線システム調査のエキスパート。世の中を守り、発展を支える仕事。

【夏採用実施】日本全国を飛びまわる、無線調査のスペシャリスト! (2018/05/16更新)

=========================================
1年間の半分以上が、出張です。
日本全国をまわる無線調査技術スタッフ募集!
=========================================

・国内を旅するのが好き
・ご当地の美味しいものを食べたい
・ご当地の温泉に入りたい

…という旅好きさんには特にピッタリかも知れません。

日本各県を"仕事"として回ってみませんか?

みなさまにお任せしたい仕事は、

・日本全国の市町村に防災無線や消防無線を設置するための調査
・日本全国に航空交通システムやETCを設置するための調査

という、日本の安心・安全を支える重要なミッション。
1つの調査は2名以上のグループでおこないます。

プロの技術を誇るベテラン社員がマンツーマンでしっかりとサポートするため
現時点で無線の知識や資格がなくとも、安心して仕事に取り組んでいただけます。

平均年齢は正直なところやや高めなんですが、
会社全体が一つの大家族のような雰囲気で居心地がよく、
離職率が低いことも、当社の自慢の一つです。

安心して暮らせる社会基盤を作るために
日本国内を飛び回る仕事にもしご興味あれば、
ぜひ、説明会にご参加ください。

会社紹介記事

PHOTO
第一級陸上無線技士、1級電気工事施工管理技士など、技術系の資格保有者が揃うエイコウ電子。熟練した仕事ぶりから学ぶことは多い。
PHOTO
電界強度測定車での作業風景。測定機や電源機器を積載し、現地で無線回線の品質を測定。実際には3〜4名のチームを組んで行っている。

求めるのは「日本の無線と会社の未来を担える人材」

PHOTO

経営に参画する人材。新卒への期待は日に日に高まる一方。「技術力を磨き、人間力を高め、市場価値の高いビジネスパーソンへ成長してほしい」と人事担当の園田さん。

■行政から空港、ETCまで。守り支える、プロの力
「防災無線」や「消防無線」と聞いて何を思い浮かべますか?
もしかしたら、皆さんが防災無線の大切さを知ったのは、
あの東日本大震災だったかもしれません。

「被害状況は?」「どこに避難すればいいのか?」
緊急の情報を住人の方に無線を通じたスピーカーで伝え、
「どこの避難所に何人いるのか?」「必要な救援物資は何か?」
などといった情報収集も無線を通じてなされました。

私たちエイコウ電子は、そんな「防災無線」「消防無線」、
さらには「航空交通システム」「ETC」を設置するための調査などを行う企業。
無線の力によって、人の命を守り、飛行機や自動車の安全を支えています。

■広がり続ける「無線」の可能性
今、無線の役割が広がっています。

たとえば、ETCは無線を使ったシステムによって、
自動車を運転したまま料金所を通過でき、手間や時間を省けるようになりました。
さらには、今後第二世代のETCでは高速道路を降りた後、
ショッピングセンターなどの駐車場に車を止め、
駐車料金と買い物代をあわせて支払うこともできるのです。

現在、国内有数の大手メーカーやコンサルタント会社からの依頼を受け、
エイコウ電子のプロフェッショナルチームが、全国を飛び回っています。

安心・安全を守るだけでなく、世の中の進化を支える、
多様な無線技術を世の中に広げていくのもまた、私たちの仕事です。

■次期経営陣候補となる人材を求めています
次の経営陣を、新入社員の中から育てていきたい。
そんな期待を込めて研修構築を行っています。

無線設備の調査・設置のスペシャリストとしてはもちろん、
会社の中核を担う人材として、1日も早く頭角を現してほしいと思います。

専門性の高い資格をとり、一生モノのスキルを身につけるのもいい。
全国の市町村を飛び回り、安心・安全な社会の実現の一翼を担うのもいい。
フットワークの軽さを活かして、早くから会社づくりに参加するのもいい。

なりたい自分を実現するステージが、
エイコウ電子であることを願っています。

会社データ

プロフィール

1973年に設立し、防災無線や消防無線など無線通信を設置するための調査会社として、社会貢献度の高い事業を展開してきたエイコウ電子。航空交通システムやETCシステムなどにも事業を広げ、「無線といえばエイコウ電子」と大手メーカーやコンサルタント会社などのお客様から高い信頼を寄せられています。

そんなエイコウ電子が大切にしている言葉があります。
それが「live and let live(自ら光り、他を輝かす)」。
誰に指示されるまでもなく、社員一人ひとりがやるべきことを考え、実行していく。そして、それによって周りの人たちにも良い影響を与えていく。まさに「live and let live」という言葉に、エイコウ電子の理念が集約されています。

実はこの分野では、競合とする企業が少ないのが現状。日本全国の市町村や空港から安定的にオーダーをいただけるので、腰を据えて働ける点も魅力です。日々の仕事においては数人でチームを組んで全国を飛び回るため、自然に気心も知れ、仕事の後は地元の名物や温泉をみんなで楽しむことも。会社全体が家族的な雰囲気に満ちているため居心地が良く、離職率が低いこともエイコウ電子の自慢です。

事業内容

PHOTO

電気・電子系の知識がある方はもちろん、この分野に興味がある人も研修やOJTで基礎から知識を積んでいけるので安心!

■電波伝搬調査
■無線回線設計
■コンピュータネットワークの開発設計
■通信コンサルタント業
■通信機器の設計
■製作通信機システム工事業
本社郵便番号 225-0013
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田町490番地17 エイコウビル
本社電話番号 045-508-9661
設立 1973年(昭和48年)10月11日
資本金 1,000万円
従業員 70名
売上高 会社規定により非公開
事業所 ■本社
神奈川県横浜市青葉区荏田町490番地17 エイコウビル

■札幌営業所
北海道札幌市中央区大通西11丁目4番地 半田ビル
免許登録 電気工事・電気通信工事業 般-23第77371号
一般労働派遣事業 派14-301059
登録点検事業者 登録No関二第0052号
全国陸上無線協会会員 294
ISO/IEC 27001:2013 ISMS
(情報セキュリティマネジメントシステム)登録No.IA140306
沿革
  • 1973年
    • エイコウ電子(株)設立
  • 1975年
    • 沖電気工業(株)取引開始
      ・市町村防災無線システム、県防災無線システム・消防無線システム等の回線設計、システム設計及び電波伝搬調査、登録点検業務等を当社が全面委託
  • 1990年
    • NW技術部の立ち上げ
      ・沖電気工業(株)が受注するネットワーク関連業務の受注を開始
  • 1999年
    • 芝浦オフィスより南池袋タクトビルに移転
  • 2011年
    • 本社ビルを取得し、本店を神奈川県横浜市に移転
  • 2012年
    • NECネッツエスアイ(株)取引開始
      ・市町村防災無線システム、県防災無線システム・消防無線システム等の回線設計、 システム設計及び電波伝搬調査、ETCシステム設備試験調整を当社が委託開始
  • 2013年
    • 日本電気(株)取引開始
      ・市町村防災無線システム等の回線設計、システム設計及び電波伝搬調査を当社が委託開始
月平均所定外労働時間(前年度実績) 12時間(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒225-0013
神奈川県横浜市青葉区荏田町490番地17 エイコウビル

エイコウ電子(株) 新卒採用担当
URL http://www.ekd.co.jp/
E-mail info@ekd.co.jp
交通機関 東急田園都市線「江田駅」より徒歩9分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp201773/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ