最終更新日:2018/6/25

マイナビ2019

マイナビコード
202002
  • 正社員

日本耐酸壜工業(株)

本社
岐阜県、福岡県
資本金
1億円
売上高
114億円(2017年3月現在)
従業員
504名(2017年10月末現在)
募集人数
6〜10名

あなたが飲んでいる栄養ドリンク。びんの裏に「NT」マークがあれば、それは当社の製品です!

採用担当者からの伝言板 (2018/03/01更新)

学生の皆様、こんにちは!
日本耐酸壜工業(株)の採用担当です。

会社説明会など採用に関する情報を順次お送りいたしますので、
まずはエントリーをお願いいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社名にもある「耐酸壜」とは、かつてのガラス容器の名前。国から授かった屋号を守り続け、今では全国3位の出荷本数を誇る製びん会社へと成長しました。
PHOTO
ドリンク、薬、調味料、清酒、焼酎など400種類近くのガラスびんを製造しています。あなたもきっとどこかで、当社でつくられた「びん」を手にしているはずです。

リサイクルの超優等生「ガラスびん」を、あなたの発想でもっと広めて下さい!

PHOTO

採用担当の川地さん

創立から80年以上にわたり、ガラスびんの製造および販売を行っています。
創立当初は、耐酸壜という名の20リットルサイズの工業用ガラス容器を生産しており、当時の国内シェアは90%以上を占めていました。樹脂容器・ステンレス容器の開発により耐酸壜の役目は終わりましたが、当社の社名はこれが由来となっています。   
現在は、食料びんやお酒のびんなど各種サイズのガラスびんを約400種類製造していますが、特に100ml程度の栄養ドリンクびんが主力商品の一つです。
市場に出回る栄養ドリンクびんの3割以上は当社で生産されたびんが使用されており、びんの底にアルファベットでNTと刻印されていれば、それは当社で作られたびんです。

当社の強みは生産スピード。栄養ドリンクびんなら、1分間に700本以上もつくることが可能です。ちなみに、この生産スピードは「世界一」なんですよ。世界最速でびんを作る機械はスイスのメーカーと共同で開発しました。各国から製びん技術の技術支援の要望が殺到しています。
ガラスびんの魅力はなんといっても人や地球にやさしいこと。使い終えたびんを回収し、原料として何度でも使うことができます。リサイクル率も80%以上なんですよ。

昇格制度については、独自の上位職登用試験制度を設けており、実力主義がモットーです。1年目から上位職の試験にチャレンジすることも可能です。しかも上司の評価だけでなくペーパーテストも審査の対象となるため、公平でわかりやすいと社員からも好評です。

また「社員と家族の幸せを実現しよう」と経営理念にも掲げているように、社員を人財と考えています。4月には社内でお花見をしたり、10月には地元のお祭りで企業神輿を担いだりと、たくさんの社員が参加します。会長、社長をはじめ会社役員もイベントに参加しますので、社員と経営陣との距離も非常に近く、こうした場を通じて新たなプロジェクトが発足することもあります。

大手各社がしのぎを削るガラスびん業界にあり、九州エリアに工場を持つのは当社だけ。九州の酒造メーカーや焼酎メーカーにも積極的にアタックし、より幅広い事業展開を行っています。また、数年前から立ち上げました新規事業である静電塗装事業(ガラスびんの塗装事業)のように、新しい事業にも積極的に挑戦していますので、若いみなさんの斬新な発想が活かせる会社だと思います。
(総務課 川地 康文)

会社データ

プロフィール

 他素材容器がひしめく昨今、当社は、お客様のニーズに合わせた品質、サービスに努め、お客様にご満足して頂けるよう、邁進いたします。従来の"重い"ガラスびんイメージからの脱却を目指した軽量びん、自動販売機でも使用できる丈夫なガラスびん、高級感のあるガラスならではの高デザイン性のガラスびん開発など、製品及び金型設計技術やコーティング技術などを探求し、さらなる技術革新を目指します。
 近年における市場ニーズを見据えて、お客様のご要望数量での供給体制を確立いたしました。従来は、多額な金型投資が必要でしたが、金型投資費用を抑制することで、お客様のご負担を軽減いたします。
また1分間に700本以上製造可能な自動製びん機の供給能力は(100cc小びんドリンク換算)、大量生産・消費型商品をご用命のお客様に高いご評価を頂いております。
 ドリンク用小びんの製造は、当社の得意分野です。この分野でのシェアは約3割以上で、国内ガラスびん製造業界ではトップクラスを誇っています。

■静電塗装
 当社は、常に新しい価値観を求め、お客様に提案を続けています。
 静電塗装とは、静電気力により、塗装が引き寄せられ、対象物であるガラスびん表面に効率よく、塗装を付着させる着色技術です。お客様のご要望に応じ、大ロットから小ロットまで、多彩な色調での演出が可能です。フロスト調、陶器調、さらにはグラデーション仕上げも可能です。

■サルファー処理
 当社で製造しているガラスびんは、ソーダ石灰ガラスです。特に内容物が水溶液の場合、ナトリウムなどのアルカリ成分が液中に、極微量溶け出すことがあります。これをアルカリ溶出といいます。このアルカリ成分の溶出は、内液を変質させたり、品質を劣化させることがあります。当社では、これらを抑制する方法として、化学的耐久性を要求される注射剤・輸液用などの医薬用バイアルびんや高純度薬品を入れるガラスびんには、サルファー処理を施すことが可能です。サルファー処理の表面に付着している白色結晶(ブルーム)は、処理により析出したアルカリ成分の反応物です。温水、超音波洗浄等で容易に洗い流すことが出来ます。

事業内容
各種ガラスびん製品の製造加工ならびに販売
本社郵便番号 503-8506
本社所在地 岐阜県大垣市中曽根町610番地
本社電話番号 0584-91-6311
創業 1930(昭和5)年8月1日
設立 1943(昭和18)年3月8日
資本金 1億円
従業員 504名(2017年10月末現在)
売上高 114億円(2017年3月現在)
事業所 本社・本社工場/岐阜県大垣市中曽根町610
福岡支店・工場/福岡県田川市川宮1440-1
東京支店/東京都中央区日本橋本町4-2-10
大阪事業所/大阪府大阪市北区天満4丁目3番5号
主な取引先 大正製薬株式会社
株式会社ヤクルト本社
大鵬薬品工業株式会社
サントリー株式会社
常盤薬品工業株式会社
内堀醸造株式会社
アピ株式会社
三和酒類株式会社
薩摩酒造株式会社
高橋酒造本店株式会社
小林薬品工業株式会社
大同薬品工業株式会社
日本水産株式会社
日興薬品工業株式会社
竹本油脂株式会社
月桂冠株式会社
ユウキ食品株式会社
ハタ鉱泉株式会社
ヱスビー食品株式会社
イカリソース株式会社
チョーヤ梅酒株式会社
クラシエ製薬株式会社
小林製薬株式会社
大幸薬品株式会社
ファイザー株式会社
大塚食品株式会社
(順不同)
関連会社 丸硝株式会社
株式会社エフエヌティ
株式会社エヌテック
平均年齢 40.3歳
平均勤続年数 17.3年
品質保証方針 ISO9001、ISO14001取得済
加盟団体 日本ガラスびん協会
社団法人日本硝子製品工業会
ガラスびんリサイクル促進協議会
大垣商工会議所
平均勤続勤務年数 17.3年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.3日
前年度の育児休業取得対象者数 3名
前年度の育児休業取得者数 3名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 日本耐酸壜工業(株)
〒503-8506
岐阜県大垣市中曽根町610番地
管理本部 総務課 
採用担当 川地 康文
URL http://www.taisanbin.co.jp
E-mail y_kawachi@taisanbin.co.jp
交通機関 JR東海道本線大垣駅より
名阪近鉄バス4番のりば
稲葉団地十六町方面
「太平洋工業前」下車徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp202002/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本耐酸壜工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ