最終更新日:2018/2/24

マイナビ2019

マイナビコード
202421
  • マイナビだけでエントリー

(株)報知新聞社

本社
東京都、大阪府
資本金
1億円
売上高
規定により非公開
従業員
526名(男477名・女49名) ※2017年10月1日現在

巨人!! 報知!! 2017さらに高みへ

会社紹介記事

PHOTO
市民マラソン大会の草分けとして1967(昭和42)年に始まった、報知新聞主催の青梅マラソン。
PHOTO
東京本社社屋

時代の目撃者となって感動を広げる

PHOTO

 「感動を広げる」「社会に尽くす」「ひとが輝く」―。報知新聞社が掲げる企業理念です。世界で起きている様々な事柄を記録し、分析して後世に残すという役割が、新聞社には与えられています。私たちが発行する「スポーツ報知」は、スポーツ芸能ジャーナリズム=スポーツ紙と呼ばれるメディアですが、企業理念の第一に「感動」を謳(うた)っていることが、実は、とても大切だと思っています。
スポーツが与えてくれる感動。映画、演劇、ドラマなど芸能分野で得られる感動。これらは、人が生きていく上で必要不可欠ではないかも知れません。でも、もし、私たちの周りから感動がなくなったら? 何かに感動することは、私たちの毎日を、より豊かにしてくれます。日々を豊かに送る、そのお手伝いができれば、こんなに嬉しいことはありません。
一人でも多くの読者に感動を広げる。そのためには、優れた感性と「伝えたい」という意欲にあふれた、若い力が必要です。SNS(ソーシャルメディア)全盛の時代だからこそ、新聞社が発信する、正確で有益な情報が求められています。
時代の目撃者となって感動を広げる。魅力ある仕事だと思いませんか?

(取締役企画本部長 人事・労務・広報 コンプライアンス担当 山田隆)

会社データ

事業内容

PHOTO

創刊140周年記念として誕生したイメージキャラクター「Ho!さん」。紙面やホームページ、フェイスブックに登場し、癒し系キャラとして親しまれています。

 2017年に創刊145周年を迎えた日本で最も歴史ある新聞社の一つ。

 東京本社、大阪本社のほか、北海道・東北・静岡に支局、名古屋・広島・福岡に駐在員を置き、全国で日刊紙「スポーツ報知」を発行し、スポーツ芸能ジャーナリズムをリードし続けている。

 「感動を広げる」「社会に尽くす」「ひとが輝く」が企業理念。

 雑誌「月刊Giants」「報知高校野球」などを発行するほか、ゴルフ日本シリーズ、箱根駅伝、青梅マラソン、報知映画賞、報知プロスポーツ大賞をはじめとして多彩な主催・後援事業を行っている。
東京本社郵便番号 108-8485
東京本社所在地 東京都港区港南4-6-49
東京本社電話番号 03-5479-1111
大阪本社郵便番号 531-8558
大阪本社所在地 大阪府大阪市北区野崎町5-9 読売大阪ビル内
大阪本社電話番号 06-7732-2311
設立 1872年(明治5年)6月10日
資本金 1億円
従業員 526名(男477名・女49名)
※2017年10月1日現在
売上高 規定により非公開
事業所 東京本社
大阪本社
北海道支局
東北支局
静岡支局
関連会社 (株)報知エキスプレス
(株)アド報知
公益財団法人 報知社会福祉事業団
沿革
  • 明治5年(1872)
    • 「郵便報知新聞」創刊。木版刷り半紙二つ折り9枚つづり。月5回発行で定価3銭
  • 6年(1873)
    • 活字印刷で日刊紙となる。発行2,000部
  • 31年(1898)
    • 案内広告の先駆け「職業案内」欄創設。この欄の校正係り募集を見て羽仁もと子が入社、後に日本の婦人記者第1号となる
  • 34年(1901)
    • 正月版に「20世紀の予言」を掲載。テレビや電化、自動車時代の到来など、数々の予言的中
  • 大正9年(1920)
    • 「東京−箱根間往復大学専門学校対抗駅伝競走」を創設。現在の「箱根駅伝」がスタート
  • 昭和5年(1930)
    • 「日曜報知」、翌年「婦人子供報知」を発行
  • 24年(1949)
    • 12月30日から朝刊のスポーツ紙となる
  • 38年(1963)
    • 「ゴルフ日本シリーズ」を創設
  • 39年(1964)
    • 大阪本社から関西版第1号を発行。東京本社を千代田区平河町に移す。10月11日付で紙齢3万号
  • 42年(1967)
    • 「青梅報知マラソン」誕生。市民マラソン第1号
  • 47年(1972)
    • 創刊100年を迎える
  • 51年(1976)
    • 「報知プロスポーツ大賞」「報知映画賞」制定
  • 53年(1978)
    • 季刊「高校野球」創刊
  • 平成元年(1989)
    • スポーツ紙発刊40周年、大阪本社発刊25周年
      ファン投票で決める「報知ジャイアンツ賞」制定
  • 2年(1990)
    • 港区港南に東京本社新社屋完成
  • 10年(1998)
    • 3月22日、九州発刊(山口県含む)で全国紙に。
      4月1日から仙台でも印刷開始
  • 11年(1999)
    • スポーツ紙発刊50周年、大阪本社発刊35周年
      「ゴールデンスピリット賞」制定
  • 13年(2001)
    • 報知印刷社と合併
  • 16年(2004)
    • 東北支局開設
  • 20年(2008)
    • 大阪本社移転(大阪市北区野崎町)
  • 25年(2013)
    • 女性と趣味人をターゲットにした新紙面「L」がスタート
  • 26年(2014)
    • 「妖怪ウォッチ」特別号が発売され、特別号では過去最高の部数を獲得
  • 28年(2016)
    • 野球、スポーツ、芸能、社会各ページの活字が一回り大きい「巨(メガ)文字」スタート。スポーツ紙として初めて世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」に出展。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9日(2016年度)

取材情報

スポーツ選手やその関係者へ取材。陰の苦労を知り、歴史的瞬間に立ち会う喜びは格別
中堅&新人記者が語る、仕事の醍醐味&キャリアの変遷
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)報知新聞社と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)報知新聞社 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

今からはじめる就活準備!

就職活動本番まで残りわずかとなりました。
3月から良いスタートダッシュを行うためには、「今」何をするのか、どのように動くのかが重要。

やりたい仕事が決まっている方は検索

3月エントリーする企業を検討リストに入れよう

アプリで簡単に企業研究、企業やメッセージを管理しよう

ページTOPへ