最終更新日:2018/9/19

マイナビ2019

マイナビコード
202816
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園

本社
静岡県
資本金
社会福祉法人のためありません
事業活動収入
21億5,274万円 (2017年3月31日)
従業員
495名 (2017年3月31日現在) (常勤職員224名、非常勤職員271名)
募集人数
6〜10名

静岡県中部で働きたい学生さんへオススメ!施設見学会は「見学して雰囲気が良かった」と好評をいただいております!

  • 受付締切間近

説明会&見学会案内を掲載中! (2018/09/19更新)

こんにちは!社会福祉法人牧ノ原やまばと学園 採用担当の板倉です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
開催の説明会&見学会案内を掲載予定です!
ご都合がつかない場合は、ご相談いただければ別に日程調整させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ともに語り、ともに笑い、ともに支えあえる仲間を募集しています。
採用に関すること、見学などお気軽にご連絡ください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。夏採用も実施!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ひとりひとりを大切な人として重んじた支援、可能性を見つめた支援を目指しています。ご利用者との関わりの中にやりがいを見つけています。
PHOTO
ご利用者も職員も笑顔を大切にした実践に取り組んでいます。また、障がい者や高齢者の命の輝きを伝えることが私たちの使命です。

「ともに生きる」輪を、地域に広げていく。

PHOTO

法人の柱である理念は大切にしながらも、時代の変化に合わせた柔軟性も持ち合わすことにより、その時その時に地域から求められる福祉事業に取り組んできた長沢理事長。

福祉の仕事は、人と人の関わりの中で、ちいさな喜びが積み重なっていく仕事です。ご利用者の思わぬ言葉や行動に出会い、受け止め、考えていく。 ー どうしてかな? どうしたらいいだろう? ー そんなふうに、相手の気持ちにちゃんと向き合って関わっていくことが“福祉”の根っこなのだと考えます。

社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園の創立は1970年。偏見差別に苦しんでいた人々のために、キリスト教会が中心になって重度知的障がい児のための入所施設を開設したのが始まりです。創立から約半世紀、現在では高齢者介護事業にも携わるようになりましたが、「人権の尊重」と「地域社会とのつながり」を重視する私たちの姿勢は変わりありません。

私たちの願いは、こうです。ご利用者ひとりひとりをかけがえのない大切な人と重んじていきたい。可能性を見つめ、その人生の充足のために協力していきたい。障がい者や高齢者の生命の輝きを伝えていきたい。

この願いを共有して地域の福祉サービスを充実させていくことを使命だと考えています。働く人も、利用する人も、この願い(理念)のもとに集うかけがえのない人々です。

ともに働くスタッフたちは、ご利用者との関わり合いの中で、自分自身の変化に気付くようです。やさしくなれる、強くなれる、柔軟になっていく……スタッフたちの成長を目の当たりにすることは、理事長として大いなる喜びであるとともに、福祉の仕事の奥深さを感じる時でもあります。

私たちは地域とともに、その時代に合った福祉の取り組みをこれからも進めていきたいと考えています。そのためには、新しい人のちからが必要です。見学や体験研修にお越しいただければ、私たちの活動をよりよく理解していただけることでしょう。“人”に興味があるのでしたら、もうすでにあなたは福祉の種をお持ちです。私たちといっしょに、喜びを積み重ねていきませんか。

<牧ノ原やまばと学園 理事長 長沢道子>

会社データ

プロフィール

 1970年4月1日、「ともに生きる」の理念のもと、静岡県の旧・榛原町坂部の地に重いハンディキャップを持つ子どもたちのための施設「やまばと学園(定員30名)」を10名の職員で始めました。これが私たち牧ノ原やまばと学園の第一歩でした。
 40数年の月日が流れ、地域のニーズに答え続けた結果、現在では、牧之原市内、島田市内、吉田町内に、障がい者部門として障害者支援施設、生活介護事業所、就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業所等を、高齢者部門として特別養護老人ホーム、地域密着型特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、通所介護事業所、訪問介護事業所、地域包括支援センター等 合計約30の事業所を約500名の職員の力で営んでいます。
 「わたしたちの願い」を具体的な実践に表すべく、自らのスキルアップを目指し、ご利用者の幸せと笑顔のために私たち職員はこれからも努力していきます。

<わたしたちの願い>
1 ひとりひとりをかけがえのない大切な人として重んじていきたい
2 ひとりひとりの可能性を見つめ、その人生の充足のために協力していきたい
3 地域とのつながりの中で、仕事をすすめていきたい
4 地域のニードに応えるかたちで、福祉サービスを充実させていきたい
5 障がい者や高齢者の、命の輝きを伝えていきたい

事業内容

PHOTO

私たちが大切にしなければならない「ともに生きる」の実践を目指して、ひとりひとりをかけがえのない大切な人として、ご利用者への支援に取り組んでいます。

○施設24時間サービス
・障害者支援施設(2カ所)
・養護老人ホーム(2カ所)
・特別養護老人ホーム(2カ所)

○通所サービス
・通所介護事業所(2カ所)
・介護予防拠点施設(1カ所)
・生活介護事業所(4カ所)
・就労継続支援事業所(8カ所)
・地域生活支援事業(1カ所)
 
○地域支援サービス
・訪問介護事業所(1カ所)
・居宅介護支援事業所(1カ所)
・相談支援等事業所(2カ所)
・共同生活援助事業所(3カ所)

○医療サービス
・医療保険診療機関(1カ所)
本社郵便番号 421-0412
本社所在地 静岡県牧之原市坂部2151-2
本社電話番号 0548-29-0221
創業 1970年4月1日
設立 1979年5月1日
資本金 社会福祉法人のためありません
従業員 495名 (2017年3月31日現在)
(常勤職員224名、非常勤職員271名)
事業活動収入 21億5,274万円 (2017年3月31日)
事業所 ○施設24時間サービス
・障害者支援施設
   垂穂寮 島田市落合
   やまばと希望寮 牧之原市坂部
・養護老人ホーム
   相寿園 牧之原市菅ケ谷
   島田市立養護老人ホームぎんもくせい 島田市尾川
・特別養護老人ホーム
   聖ルカホーム 牧之原市坂口
   グレイス(地域密着型) 牧之原市坂部

○通所サービス
・通所介護事業所
   デイサービスセンター真菜 牧之原市静谷
   デイサービスセンターすずらん(認知症対応型) 牧之原市坂部
・介護予防拠点施設
   コミュニティセンターぶどうの木 牧之原市中
・生活介護事業所
   ケアセンターさざんか 牧之原市坂部
   ケアセンター野ばら 島田市落合
   ケアセンターマーガレット 榛原郡吉田町片岡
   ケアセンターかたくりの花 島田市菊川
・就労継続支援事業所
   ワークセンターカサブランカ(A型) 島田市阿知ケ谷
   ワークセンターコスモス(B型) 島田市大井町
   ワークセンターなのはな(B型) 島田市横井
   ワークセンター希望の家(B型主たる事業所) 島田市金谷代官町
   ワークセンターふれあい(B型従たる事業所) 島田市川根町家山
   ワークセンターやまばと(B型) 牧之原市坂部
   ワークセンターさくら(B型) 榛原郡吉田町片岡
   ワークセンターあさがお(B型) 島田市井口
・地域生活支援事業
   レタスクラブ(地域活動支援センター) 榛原郡吉田町片岡

○地域支援サービス
・訪問介護事業所
   ライフサポートさふらん 牧之原市坂口
・居宅介護支援事業所
   居宅介護支援事業所シャローム 牧之原市坂部
・相談支援等事業所
   牧之原市地域包括支援センターオリーブ 牧之原市静波
   生活支援センターやまばと 牧之原市坂部
・共同生活援助事業所
   わかば 牧之原市坂部
   もくれん 牧之原市坂部
   みぎわ 島田市落合

○医療サービス
・医療保険診療機関
   やまばと診療所 牧之原市坂部

○その他
・法人本部事務局 牧之原市坂部
沿革
  • 1970年
    • 4月 知的障害児施設 やまばと学園を開設
  • 1973年
    • 5月 知的障害者者更生施設 やまばと成人寮を開設
      9月 保険診療機関 牧ノ原やまばと学園診療所を開設
  • 1979年
    • 5月 社会福祉法人聖隷福祉事業団から独立し、社会福祉法人牧   ノ原やまばと学園を設立
  • 1981年
    • 5月 特別養護老人ホーム「聖ルカホーム」開設
  • 1987年
    • 4月 知的障害者更生施設「垂穂寮(定員40名)」を開設
  • 1995年
    • 4月 聖ルカホームに短期入所事業所 聖ルカショートステイを併設
  • 1997年
    • 3月 知的障害児施設 やまばと学園 の閉園
      4月 知的障害者更生施設 やまばと希望寮」を開設、知的障者通所施設 ケアセンターさざんかを開設
  • 1999年
    • 4月 垂穂寮が島田市落合へ移転・定員変更、通所部門 通称:ケアセンター野ばらを併設、高齢者の通所施設としてデイサービスセンター真菜を開設
      10月 聖ルカ居宅介護支援事業所(現・居宅介護支援事業所シャローム)を開設
  • 2000年
    • 4月 心身障害者生活寮 こづつみ寮の運営を相良町手をつなぐ育成会から引継ぐ
      10月 在宅知的障害児者生活支援事業所 生活支援センターやまばとを開設
      11月 訪問介護事業所 ライフサポートさふらんを開設
  • 2002年
    • 12月 高齢者相談窓口 聖ルカ在宅介護支援センターを開設
  • 2004年
    • 2月 心身障害者生活寮 青葉の家を開設
  • 2005年
    • 3月 心身障がい者生活寮みぎわホームを開設
      4月 グループホーム第二こづつみ寮の運営を受託、地域活動支援センター ケアセンターマーガレットを開設、小規模作業所 しまだ作業所(現・コスモス)、あさがお作業所(現・あさがお)、なのはな作業所(現・なのはな)の運営を受託
  • 2006年
    • 4月 知的障害者通所更生施設 ケアセンターかたくりの花を開設、小規模作業所 希望の家作業所(現・希望の家) 、やまばと作業所(現・ワークセンターやまばと)の運営を引継ぐ、牧之原市地域包括支援センターオリーブを開設
  • 2007年
    • 4月 ワークセンターカサブランカを開設、養護護老人ホーム相寿園の運営を受託
  • 2008年
    • 6月 吉田町障害児放課後児童クラブ まつぼっくりを開設
  • 2009年
    • 3月 聖ルカ在宅介護支援センターを廃止
      4月 こづつみ寮、第二こづつみ寮を(福)一羊会へ移行、小規模作業所 吉田町さくら作業所(現・さくら)を受託、地域活動支援センター「ワークセンターふれあい」の運営を受託、生きがいガーデンこにた(現・ぶどうの木)事業を受託
  • 2010年
    • 3月 みぎわホームを廃止
      4月 ケアホームわかば、もくれん、みぎわを開設
      8月 グレイス、グレイスショートステイ、デイサービスセンターすずらんを開設
      10月 あつまリ〜ナ開所に伴い、さくら、マーガレット、まつぼっくりに加えて、レタスクラブを同施設に移転、開設
  • 2011年
    • 4月 ワークセンターふれあいが移転し、希望の家従たる事業所となる、就労移行支援センターレインボーがコスモスからさくらの併設となる
  • 2014年 
    • 4月 島田市立養護老人ホームぎんもくせい の運営を受託
      10月 聖ルカホーム、さふらんが移転し、聖ルカホームは定員を20名増床して運営を開始。
  • 2016年
    • 3月 青葉の家を廃止
      4月 ケアホームみぎわの定員を10名から15名に変更
  • 2017年
    • 3月 障がい児放課後児童クラブまつぼっくりを廃止
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒421-0412
静岡県牧之原市坂部2151-2
社会福祉法人牧ノ原やまばと学園
法人本部 担当/板倉・関根
TEL:0548-29-0221
URL http://yamabatogakuen.jp/
E-mail honbu@yamabatogakuen.jp
交通機関 ・東海道線島田駅よりしずてつジャストライン島田静波線神戸下車徒歩
(所要時間 バス約35分、徒歩約30分)
・東海道線島田駅よりタクシーで3,000円程度
(所要時間約25分)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp202816/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 牧ノ原やまばと学園と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ