最終更新日:2018/4/2

マイナビ2019

マイナビコード
204133
  • 正社員
  • 既卒可

(株)伊藤組

本社
新潟県
資本金
2,000万円
売上高
50億4,038万円(2017年6月実績)
従業員
75名(2017年7月1日現在)
募集人数
1〜5名

「和」と「信頼」を心の糧にし、情熱をもって新しい社会を建設する、それが伊藤組のイズムです!!

◇◆4追加開催!4月11日会社説明会受付中◆◇ (2018/04/02更新)

   ★★★会社説明会積極受付中です★★★

この度は、弊社のページにアクセスいただき、ありがとうございます。
学部学科問わず、ぜひ当社のことを知っていただきたいと思っております。
エントリーいただいた方には、今後の詳細情報をお送りしますので
みなさまからのエントリーをお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
小学校の新築で6人体制で現場を管理。先輩から指導を受け、安全管理から学び、着実にステップアップしている。サポート体制がしっかりしているのが伊藤組の強みだ。
PHOTO
創業104年の伊藤組。本社を置く新発田市を中心に、建築、土木に多くの実績を有す。高い技術力が評価され、数々の優良工事表彰を受賞する他、新発田城の復元工事にも参画。

是非、伊藤組の仲間に入ってください。地域に愛されていて安心して働けます。

PHOTO

建築部の小柳さん。建築工事(公共、民間、営繕)部門で建築事務を担当。環境を整え、しっかりとした自覚を持って働いている。

はじめまして。建築部の小柳です。
私は、建築工事(公共、民間、営繕)部門で建築事務を担当しています。
当社建築部は、新発田市内の官公庁舎や商業施設、医療福祉施設、大型工場、寺社仏閣などの施工実績を多く有しています。
その中で、本社や建築部と各工事事業所間の事務処理手続きや連絡業務、その他の配信事項業務を行っています。

入社のきっかけ。
ひとつは、伊藤組は創業100年以上の歴史があり、工事現場に掲げられている社旗は幼少の頃からよく目にしており、城下町新発田に根付いた会社なので安心して働けると思いました。
もうひとつは、通学路の歩道橋建設を伊藤組が請け負っていたことです。歩道橋建設中の冬、電飾のクリスマスツリーが設置され簡素な建設現場が華やかになっているのを見て心が温まりました。良いものを造るだけではなく、「過程でも人を和ませる」このような気持ちを持っている人たちと一緒に働きたいと思いました。

入社後に感じたギャップ!
初めは、「建設業界は堅い、古い」というイメージを勝手に持っていました。しかし、実際はとっても明るくて気さくな方ばかりです。休憩時間には笑顔が咲く明るいコミュニケーションのいい職場です。若手の考えや意見にも耳を傾けてくださいますし、風通しはいいです。ひとつのチームとしてより良いものを目指し、新しいことにも挑戦し続けています。いい意味でのギャップはありました。

伊藤組の魅力は?
施工管理は規模の大きな仕事ですので時には大変なこともあります。しかし、とてもやりがいのあるおもしろい仕事でもあります。当社には「こんなにおもしろい仕事はない!」と言い切る社員がいます。それは、上司や先輩方からのフォローが手厚く何でも相談できる働きやすい環境があってのことだと思います。ひとりひとりを大切にしているところが当社の社風であり魅力です。自身の考えを大切に育て、活かすことができる会社です。
また、女性の技術職はまだ少ないですが、女性目線・視点の独特な可能性で建設業界への女性進出を支援しているところも当社らしい魅力のひとつではないかと思います。

(2012年入社 小柳友紀)

会社データ

プロフィール

当社の足跡はこれまで多くの地域の人々の恩恵に支えられてきました。仕事の達成感も喜びも地域の人々の幸せと共有という、大きな目標が根底にあったからに他なりません。社会基盤整備や都市開発をはじめ、医療や教育機関などの住空間の建設、さらには文化財の保護など、私たちが携わる事業分野は限りなく広がっています。そのひとつが人々の暮らし、そして地域の発展に寄与できるのならばこれほどの喜びはありません。
そのための技術開発、キャリアステップ、そして合理化による工期の短縮やコストダウンなどの企業努力を積み重ね、みなさまのニーズに応えてまいります。
暮らしがより便利に、地域がいっそう豊かに。
救命急患センターを含めた県立新発田病院の移転・新築。新潟県の大型プロジェクトにも参画し、地域の健康・医療の事業促進に大きく寄与しました。さらに自然保全や防災対策をはじめとした土木工事や住宅造成、商業施設の新設・拡充などの建設工事など、ふるさとの地域振興のために尽力しています。
今後とも、あすの地域の発展に向かって、総合建設業という大きな使命に心を熱くし、一歩一歩邁進してまいります。

事業内容

PHOTO

施工管理技士の資格を生かして活躍しています。

総合建設業
・土木一式
・建築一式
・設計監理
・生コンクリートの製造販売
不動産の売買・仲介
火災保険・損害保険代理店業務
砂利・砂採取販売
産業廃棄物処理業
本社郵便番号 957-0011
本社所在地 新潟県新発田市島潟1273-1
本社電話番号 0254-22-4176
創業 1912年4月
設立 1954年7月
資本金 2,000万円
従業員 75名(2017年7月1日現在)
売上高 50億4,038万円(2017年6月実績)
事業所 <本社>
〒957-0011
新潟県新発田市島潟1273-1
TEL:0254-22-4176  FAX:0254-22-0764
<生産事業部>
新潟県新発田市上小松450番地1
TEL:0254-22-6132
<生産事業部石材工場>
新潟県胎内市高野772番地3
TEL:0254-44-6351
沿革
  • 1912年
    • 創業者 伊藤藤造 新潟県北蒲原郡鴻沼村大字島潟にて土石採取販売運搬業開業
  • 1923年
    • 同所にて建設業併業
  • 1945年
    • 同所にて木材業併業
  • 1951年
    • 木材業分離独立・小運搬業分離
  • 1954年
    • (株)伊藤組に組織変更 資本金500万円とする
  • 1955年
    • 取締役社長 伊藤藤造死去により
      取締役 伊藤利雄社長に就任
  • 1962年
    • 新潟県北蒲原郡中条町大字高野に採石工場を新設
  • 1965年
    • 増資により資本金1,000万円とする
  • 1967年
    • 新潟県北蒲原郡中条町大字高野に生コンクリート生産工場を新設
  • 1968年
    • 増資により資本金2,000万円とする
  • 1970年
    • 一般区域貨物自動車運送業経営免許取得、運送業併業
  • 1972年
    • 宅地建物取引業者免許取得、不動産業併業
  • 1975年
    • 産業廃棄物処理業免許取得、産業廃棄物処理業併業
  • 1981年
    • 新発田市大字上小松に生コンクリート工場を新設
      新潟県北蒲原郡中条町大字高野所在の生コンクリート生産工場を閉鎖
  • 1990年
    • 本社を新発田市大字島潟1273番地1に新築移転する
  • 1994年
    • 代表取締役社長 伊藤利雄 代表取締役会長に就任
      代表取締役副社長 伊藤隆雄 代表取締役社長に就任
  • 1995年
    • (株)小野組と新会社 (株)双翔 設立(生コンクリート部門)
  • 2000年
    • ISO 9001認証取得
  • 2014年
    • 国土交通省北陸地方整備局より「2014年度工事成績優秀企業」として認定
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち男性3名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒957-0011
新潟県新発田市島潟1273-1
採用担当 佐藤
TEL:0254-22-4176  FAX:0254-22-0764
URL http://www.itohgumi.com/
E-mail so-mu@itohgumi.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp204133/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)伊藤組と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)伊藤組 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ