最終更新日:2018/9/14

マイナビ2019

マイナビコード
204456
  • 正社員

社会福祉法人 慶生会

本社
鹿児島県
資本金
社会福祉法人のためなし
事業収入
16億5,931万円(2017年3月実績)
従業員
250名(2017年3月現在)
募集人数
11〜15名

共に支えあう心“共助の精神”をモットーに、高齢者・障がいをお持ちの方へ、身体・精神両面からのサポートを行います。

★慶生会からのお知らせ★ (2018/03/01更新)

こんにちは!この度は当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

今後、こちらから採用に関する情報をお届けいたしますので、
興味がある方はエントリーをお願い致します。

みなさまにお会い出来るのを楽しみにしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「パソ松ヶ尾館」の館内。いつでも季節の光や風を感じられるパティオ(中庭)をあちこちに設けて利用者に開放。のびのびと活動ができる環境づくりも魅力だ。
PHOTO
年1回に職員全員が参加して開催される大運動会。業務中は接することのない職員と触れ合うことができ、交流を深めることの出来る絶好の機会。

利用者さんからの信頼が原動力/子どもたちの可能性を広げるスペシャルな仕事です

PHOTO

上さん・愛甲さんともに、現場で活躍中。インタビューでは「誰かの助けになれる知識や技術はもちろん、人間としての魅力も磨かれていく職場だ」ということを感じられた。

パソ・ホームケア中山館/ケアワーカー/上 拓馬さん
2011年入職/鹿児島国際大学福祉社会学部卒

介護職として、障がいを持つ入居者の皆さんの食事や入浴、掃除といった日常生活や社会生活に関する手助けなどを行っています。ひと言で“障がい”といっても、個人差があり、一人ひとりに応じたサポートが求められるので、入職当時は戸惑いもありました。相手が伝えたいことがわからなかったり、こちらの言葉に耳を貸してもらえなかったり。そんな時、頼りにしたのは先輩たちです。対応のやり方、言葉のかけ方をマネして、自分のことも知ってもらえるよう積極的に関わる姿勢に変えてみました。すると少しずつ信頼関係ができ、笑顔をもらえるようになりました。利用者の方の笑顔や喜びが、私の大きな原動力になっています。
今はこうして、やりがいのある仕事に全力で向き合う日々。しかし大学時代は資格試験に失敗したり、浪人したりと、やりたいことが思うように行かず…。そんな私に厳しい言葉とチャンスを与えてくれたのが現職場です。就活でも社会人になってからも、簡単にあきらめない気持ちがあれば活路は見出せます。皆さんも信念を持って進んでください!

パソ児童館/保育士/愛甲 実波さん
2014年入職/精華女子短期大学幼児保育学科卒

短大で保育士資格を得た後、保育福祉専攻でさらに1年間学び介護福祉士の資格を取得。パソ児童館は、「パソ松ヶ尾館」と同じ敷地内にあり、様々な障がいを持つお子様などと身近に接することができます。これからの福祉の魅力を感じ、ここを選びました。
当館で行っているのは『療育』といって、障がいを持つお子様が社会的に自立できるよう施す保育・医療です。個々の状態に合わせた支援が必要なため、1日1クラス10人の少人数制を採用。子どもたちの様子を記すノートを作るなど情報共有にも注力しています。現場では気を抜けず、体力的にしんどいこともありますが、私の働きかけがきっかけでできることが増えたり、名前を覚えて呼んでくれたり。地道で根気が必要な分、子どもたちの可能性が広がる瞬間に立ち会える喜びは特別なものがあります。子どもたちと触れ合うことで、私もたくさんの元気と幸せをもらっていますよ。福祉の仕事はきれいごとばかりではありませんが、やりがいや楽しさはそれらを乗り越えた先にあるはず。私もひとつずつ壁を越え、ここで自分を成長させたいと思います。

会社データ

プロフィール

私たち社会福祉法人 慶生会は2001年に設立。
高齢者や障がいのある人が共に社会の一員として可能な限り、充実した普通の生活を送ることができるよう、“共助の精神”をモットーにサービスを提供しております。

地域包括支援システムを導入し、福祉の制度や介護のことについて、多方面からご利用児・者の方々をサポートできる体制を整え、市内に複数の施設展開を行っています。

近年、国民のもっとも関心の高い政策の一つとされている社会福祉保障。
さらに多様化する福祉ニーズにお応えし、日々、サービスの質の向上をめざしながら、より地域の皆様に必要とされる企業へと成長できるよう、尽力しております。

事業内容

PHOTO

鹿児島市内に複数ある施設は、スペインをイメージしたデザインで統一。明るく、開放的な雰囲気で、利用者も職員も心地よく過ごせる場所になっている。

■障がい児・者支援施設の運営
(指定障がい福祉サービス事業)
 施設入所支援
 生活介護
 就労継続支援B型
 短期入所(ショートステイ)
 共同生活援助
 居宅介護・重度訪問介護
 日中一時支援
 移動支援
 児童発達支援センター
 児童発達支援事業
 放課後等デイサービス
 保育所等訪問
 相談支援事業
■介護老人福祉施設の運営
 広域型特別養護老人ホーム 
 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護
 通所介護・介護予防通所介護
■その他
 職員用託児所の運営
本社郵便番号 891-0144
本社所在地 鹿児島市下福元町1732番地
本社電話番号 099-263-3588
設立 2001年7月30日
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 250名(2017年3月現在)
事業収入 16億5,931万円(2017年3月実績)
代表者 理事長 川窪 眞由美
法人理念 高齢者や障がいのある人が共に社会の一員として可能な限り、充実した普通の生活を送ることが出来るように、共に支えあう心゛共助の精神゛をモットーに身体・精神両面から『一視同仁(分け隔てなく、平等)』の援助を行ってまいります。
運営施設 パソ松ヶ尾館、パソ・ホームケア館、パソ児童館、パソ中山児童館、皇徳寺教室、パソ中山複合福祉施設
沿革
  • 2001年 7月
    • 社会福祉法人 慶生会 認可設立
  • 2003年 4月
    • パソ松ヶ尾館 開館
  • 2006年 7月
    • パソ児童館 開館
  • 2009年 9月
    • パソ・ホームケア館 開館
  • 2012年 11月
    • パソ中山児童館 開館
  • 2014年 7月
    • パソ中山複合福祉施設 開館
  • 2016年 9月
    • パソ清和複合福祉施設
平均勤続勤務年数 4.6年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 1.7時間

採用データ

取材情報

自分自身の成長を実感できる職場!
経験や学びを積み重ね、自分のものにできる環境が整っている
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒891-0144
  鹿児島市下福元町1732番地
  社会福祉法人 慶生会 総務課
  TEL:099-263-3665
URL http://www.keiseikai-kagoshima.jp/
E-mail keiseikai@tulip.ocn.ne.jp
交通機関 JR指宿枕崎線・慈眼寺駅より車で3分
鹿児島市役所谷山支所より車で4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp204456/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 慶生会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 慶生会と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ