最終更新日:2019/2/7

マイナビ2019

マイナビコード
204946
  • 正社員

社会福祉法人新潟太陽福祉会

本社
新潟県
基本金
1億9,661万円
事業収入
7億4,200万円(2017年3月実績)
従業員
145名(2018年6月)
募集人数
若干名

ひとりひとりが太陽〜ともに生き、ともに暮らし、ともに輝く〜

2019年度採用追加募集 決定!! (2019/01/21更新)

社会福祉法人新潟太陽福祉会 採用担当小林です。

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。
新潟県、新潟市内において自閉スペクトラム・発達障害を中心に支援している法人です。

2019年新卒採用の追加応募受付を開始しました。
見学会の開催しておりますので、是非、ご参加下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
18歳以上の自閉症や知的障害者の生活を支援する「太陽の村」日中活動に力を入れると共に、年間を通して様々なイベントを実施。地域交流も積極的に行っている。
PHOTO
「新潟市障がい者基幹相談支援センタ−東」地域で暮らす障害者や家族からの相談に対応。先輩や上司がサポートしてくれるので、働きやすい環境となっている。

知的障害の分野に興味。専門性を高め、QOLの向上を目指す。

PHOTO

「当初は戸惑いもあった」と話す伊藤さんだが、8年目の現在は頼れる先輩として活躍。スキルアップにも熱心で、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士資格を取得。

高校時代に進路を決める際、将来は人に関わる仕事に就きたいと考え、福祉系の大学へ進みました。幅広く学ぶ中で障害者福祉の分野、特に知的障害や自閉症について興味を持ち、この分野の専門性が高い新潟太陽福祉会に就職を決めました。

入会以来、障害者支援施設「太陽の村」で支援員をしています。利用者の食事や排泄、入浴といった生活支援だけでなく、お菓子作りや体操、ウォーキングといった日中活動や、利用者の方と一緒に外出する等の支援も行っております。また、地域交流にも積極的に取り組んでおり、年間を通してお菓子販売や、地域の行事に参加しています。特に毎年太陽の村で開催されるSUNSUNフェスティバルでは、施設と地域が一体となる一大イベントになっています。

利用者はそれぞれ異なる障害特性があり、それに合わせた支援が必要になります。一人ひとりに合った支援計画を作成し実行しながら利用者のQOL(生活の質)の向上を目指しています。簡単な事ではないですが良い変化があった時には喜びを感じます。
また、当福祉会は自閉症や強度行動障害に関する知識や経験が豊富で、国や市から研修事業の委託を受けるほど。法人内外の研修も多く、職員は日々スキルアップに取り組んでおります。資格取得も支援してくれる職場でもあり、積極的に参加してます。

こうした充実した環境だからこそ、新しいやり方を試したり、自分なりのアイディアを活かしながら、仕事に取り組めるのも魅力的です。
スタッフは20代30代が多く、何か問題が起きても一人で悩まず、職員間で情報を共有し、解決できるようチームで取り組んでいます。また、行政や他事業所との結びつきも強く、福祉について多方面からアプローチを行っています。やりがいを持って継続的に働くことの出来る職場です。

目標はリーダーシップを発揮できるようになること。ひとつのケースについて、どうしたらいいかをみんなで考え、意見をまとめる際に、中心的な役割を果たせるようになりたいと思います。
(2011年入職/太陽の村・生活支援員/伊藤克哉)

会社データ

プロフィール

保護者が1973年「新潟市自閉症親の会」を結成。20年間にわたる「親亡き後家庭に代わる所」の設立を求めた陳情の結果、1993年に法人設立が認可されました。
私たち職員は、利用者「ひとりひとりが太陽」のように輝いてほしいとの思いを胸に、喜怒哀楽のある普通の暮らしを未来に引き継いで行くことを誓い、日々生活を支援しています。

事業内容
第1種社会福祉事業 障害者支援施設
第2種社会福祉事業 障害福祉サービス事業、一般相談支援事業、特定相談支援事業、障害児相談支援事業、移動支援事業、障害児通所支援事業
本社郵便番号 950-3112
本社所在地 新潟県新潟市北区太夫浜675番地
本社電話番号 025-258-3050
設立 1993年6月7日
基本金 1億9,661万円
従業員 145名(2018年6月)
事業収入 7億4,200万円(2017年3月実績)
事業所 ・障害者支援施設「太陽の村」
・障害福祉サービス事業所「はまかぜ(多機能型)」「ふれあい」「あんかー」
・新潟東自閉症・知的障害支援センター「おれんじぽーと」(行動援護、移動支援)
・グループホーム「はまゆり(はまゆり、すみれ、あんじゅ、なの花)」
・障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)「おひさま」
・障害者相談支援事業所「てらそーれ」
・新潟市障がい者基幹相談支援センター東(コンソーシアム代表法人)他
業績 2017年3月決算
当期活動増減差額9,648万円、純資産の部合計18億7,510万円、自己資産比率94.14%
平均年齢 支援員の平均年齢 34歳
平均勤続年数 8年
平均給与 22万2,197円(2018年4月1日現在、新入職員を除く)
沿革
  • 平成5年5月31日
    • 法人設立認可(新潟県)
  • 平成5年6月7日
    • 法人設立登記
  • 平成6年4月1日
    • 知的障害者入所更生施設(現、障害者支援施設)「太陽の村」開設
  • 平成14年4月1日
    • 障害児・知的障害者居宅介護事業(後の「新潟東自閉症・知的障害支援センター おれんじぽーと」)開始
  • 平成17年10月1日
    • 知的障害者通所更生施設(後の、障害福祉サービス事業所)「はまかぜ」開設
  • 平成17年10月1日
    • グループホーム「はまゆり」「すみれ」開設
  • 平成18年4月1日
    • 知的障害者通所施設「ふれあいの家」を「はまかぜ」の分場として合併
  • 平成18年10月1日
    • 「ふれあいの家」を生活介護事業所(現、障害福祉サービス事業所)「ふれあい」に名称変更し、「はまかぜ」から分離・独立
  • 平成24年4月1日
    • グループホーム「あんじゅ A棟・B棟」開設
  • 平成25年4月1日
    • 障害福祉サービス事業所「あんかー」開設
  • 平成27年4月1日
    • グループホーム「なの花」開設
  • 平成25年12月
    • 障害児通所支援事業所(放課後等デイサービス事業)「おひさま」開設
  • 平成27年7月1日
    • 「太陽の村 F棟(女性棟)」事業開始
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.5日(2018年実績)
※公休数120日除く 

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒950-3112 新潟市北区太夫浜字下浜山675番地
部署:本部事務局・企画課 小林
TEL:025-258-6116
URL http://www.niigata-taiyo.com/
E-mail hamakaze@niigata-taiyo.com
交通機関 新潟交通バス 太郎代線「太陽の村前」下車0分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp204946/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人新潟太陽福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ