最終更新日:2017/10/23

マイナビ2019

マイナビコード
205282
  • マイナビだけでエントリー

(株)小島組

本社
愛知県
資本金
9,000万円
売上高
75億2,831万円(2017年5月)
従業員
164名 (2017年5月20日現在)

港湾土木の浚渫(しゅんせつ)工事の分野で、日本トップクラスの実績を誇る建設会社です。近年は海外の国々にも技術を展開。港を作り社会に貢献する仕事です。

会社紹介記事

PHOTO
羽田空港の滑走路建設に携り、埋め立て工事を実施。浚渫船(しゅんせつせん)で土砂を掘削し、それを再利用して埋め立てを行う、スケールの大きな工事です。
PHOTO
200立方メートルの土砂を一度に掘削できる大型の浚渫船を自社で開発。この船はギネスブックにも掲載されています。作業船の開発・改造も自社で手がけています。

海の上で技術を発揮。壮大なスケールが魅力です。

PHOTO

「浚渫工事という専門領域でインフラ整備に携わるのが、当社の仕事です。特殊な技術を活かして社会に貢献する喜びを感じてほしいと思います」と話す木村常務。

当社は土木工事を専門とする会社ですが、一般的な建設会社とは少し仕事の内容が異なります。構造物の建設や道路の舗装など幅広い工事を手がける中で私たちが特に力を注いでいるのが、浚渫(しゅんせつ)工事です。「浚渫」とは、港を作る際などに専用の船を使って水底を掘削し、土砂を取り除く工事のこと。浚渫船や埋め立てを行う船を合計数十隻も保有し、数多くの港湾工事に携わってきた当社は、浚渫工事の分野でトップクラスの実績を誇る企業です。近年は中国やヨーロッパのゼネコンからも依頼を受け、アフリカや中東・シンガポールなど世界各国で技術を発揮しています。

地上で行われる工事と浚渫工事の最大の違いは、「海の中」という外からは見えない場所に手を加えることです。こうした人の目に触れにくい場所に自分の技術を活かすことに、私たちは誇りを持っています。新しい港を作ったり整備を行ったりすれば、その結果は海図(海の地図)に残ります。新たな航路(船の通り道)ができ、大型船が港に入れるようになれば、物流が活発化し人々の生活が豊かになります。
また、地震などの災害が起きて道路が遮断された際にも、海上からの補給ルートを確保することが重要です。こうしたケースでも浚渫の技術が大きな役割を果たします。限られた企業だけが持つ希少な技術を活かし、世の中の人たちに貢献すること。そこに私たちの仕事のやりがいがあります。

当社が手がける浚渫の技術は、土木系の学科でも学ぶ機会の少ない専門分野です。そのため、現場での実務を通して専門知識とスキルを身につけていただくことが必要になります。さまざまな経験を積んで成長すると、一人前の技術者として現場を任されるようになります。大勢の職人さんに指示を出し、大型の船や機械を使って現場を動かしていく、そんな充実感のある仕事です。
もちろん、そのために必要な教育やサポートは惜しみません。土木を学んだ経験がなくても、「海の壮大さを感じながらスケールの大きな仕事をしてみたい!」という意欲のある方なら大歓迎です。明るく元気で、現場に行くことを楽しめる人。人と関わるのが好きで、自分から人間関係を作っていける人。そんな人と出会えるのを楽しみにしています。
■常務取締役(総務統括) 木村道広

会社データ

事業内容
【土木工事全般】
浚渫工事、構造物工事、舗装工事、下水道工事等
本社郵便番号 455-0021
本社所在地 愛知県名古屋市港区木場町1番の6
本社電話番号 052-691-7070
創業 1919(大正8)年6月
設立 1941(昭和16)年12月
資本金 9,000万円
従業員 164名 (2017年5月20日現在)
売上高 75億2,831万円(2017年5月)
事業所 【本社】
愛知県名古屋市港区木場町1番の6

【東京支店】
東京都中央区八丁堀3丁目22番11号
八重洲第三長岡ビル6F

【大阪支店】
大阪府大阪市西淀川区姫里1丁目24番5号
三堂ビル2F

【横浜営業所】
神奈川県横浜市中区海岸通3丁目9番地
横浜ビル

【茨城営業所】
茨城県鹿嶋市宮中217番地2号
藤廣ビル

【知多営業所】
愛知県東海市名和町砂崎8番地

【常滑営業所】
愛知県常滑市新開町1丁目95番地

【海部営業所】
愛知県弥富市楠1-16

【九州営業所】
福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目7番14号
ボイス博多ビル508号室
関連会社 日本港湾リース(株)
(株)ダムドレ
PACIFIC MARINE HK CO.,LTD.
(株)PACIFIC MARINE JAPAN
経営理念 たゆまざる自社技術の開発により、
作業効率の向上を目指し 
株主に感謝し 
社員の生活を護り、社会に貢献する
社章 創業者・小島良一の「良」の字を、土木作業に使うスコップなどに焼印したのが由来と言われています。戦後、復員した小島朗夫・第三代社長(故人)がデザイン化し、日本を囲む美しく青い海の色をイメージカラーとしました。
米沢藩主・上杉鷹山の師で、郷土の誇りである江戸時代の儒学者・細井平洲(現・愛知県東海市出身)の言葉に、「学、思、行、相まって良となす」とあり、現場に学び、考え、実行し、社会に貢献することを目的とする当社の核心を表しています。
平均勤続勤務年数 12年 
月平均所定外労働時間(前年度実績) 28時間 前年実績
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.8日 前年実績
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7.1%

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)小島組と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ