最終更新日:2018/10/30

マイナビ2019

マイナビコード
205323
  • 正社員
  • 既卒可

入間川ゴム(株)

本社
埼玉県
資本金
1億円
売上高
24億円(2018年3月期)
従業員
131名(2018年10月15日現在)
募集人数
若干名

業歴は長い会社ですが、「世代交代」を推進中。「ゴム」に興味のある方是非エントリー下さい。既卒者の方も歓迎します。

通年採用として、営業職の募集を継続しております(スピード選考)。 (2018/10/30更新)

皆さん、こんにちは!
入間川ゴム(株)採用担当です。

弊社の採用ページをご覧いただき、ありがとうござます。
今年度の技術系職、事務職及び生産部スタッフ職の募集は終了しましたが、営業職の募集は継続しております(スピード選考を行っております)。
既卒者の採用も積極的に行っています。

弊社にご興味を持たれましたらマイナビからエントリーのうえで、
【履歴書・成績証明書】をお送りください。

【履歴書・成績証明書】を確認後、ご来社日時をe-mailにて調整いたします。

送付先は下記の通りとなります。
皆様からのご応募お待ちしております。
------------------------------------
〒350-1305
埼玉県狭山市入間川1-15-40
入間川ゴム (株) 採用担当宛
「履歴書・成績書在中」
-------------------------------------


皆さんとお会いできることを、社員一同楽しみにしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
若手社員は仕事を通じて学びながら、一歩一歩成長していく。ゴムの知識は入社後にしっかり学べるので、入社時点では基礎的な科学の素養と探求心があれば問題ない。
PHOTO
本社敷地内の自社工場。身近な日用品からロケットの部品まで、ここからさまざまな製品が生み出され、世に送り出されていく。

85年の歴史と無限の未来への挑戦

PHOTO

「弾力性・耐久性に優れたゴムは、配合設計によって様々な特性を持たせることができる無限の可能性を秘めた素材」と語る清水社長

入間川ゴムは1933年の創業以来、「一流の信用、一流の品格、一流の商品」との社是のもと、80年以上にわたり、一貫してゴム製品の製造と開発に従事して参りました。
創業当初は医療用ゴム製品を中核としてきましたが、その後は球技用ゴムボール、工業用ゴム製品、ゴムシートへと幅広い分野に事業を展開し、「一流のクオリティ」を目指して、挑戦し続けて参りました。かつて東京で開催された世界的スポーツイベントでは、弊社製のバレーボール、バスケットボールが公式使用球となり、「東洋の魔女」が活躍した女子バレーボール決勝戦ではiRumaとロゴの入ったボールがテレビに大きく映し出されました。
今日では、ゴムシート及び工業用ゴム製品のメーカーとして、長年に渡って培ってきた技術と品質を武器に、あらゆる産業で社会に貢献しています。近年では、リニアモーターカーやH2-ロケットといった国家規模のプロジェクトにも弊社製の高機能ゴムが採用されています。
こうした、自分たちの持つ技術の可能性を極限まで追求し、新たな価値を創造していくことで、社会の発展に貢献することこそが、我々のミッションです。ゴムという素材は、目立たないかもしれませんが、あらゆる産業において必要不可欠なものです。配合設計によって、ゴムに様々な特性を持たせることができるので、チャレンジするフィールドは、無限に広がっています。
我々の会社規模では、社員一人ひとりに課せられる責任は大きく、その分やりがいは大きいです。また、若いうちから重要な仕事を任されることも多く、積極的に挑戦し、成長できる環境にあります。チャレンジ精神旺盛な若い力を、我々は求めています。80年以上の歴史がある会社ですが、30代前半の若い社長のもと、社員一同チャレンジを続けています。企業を取り巻く環境は日々厳しさを増しており、会社にはこれまで以上のスピードで変革していくことが求められています。一緒に困難に挑戦し、それを乗り越え、会社の未来を創っていく仲間をお待ちしています。
(代表取締役社長 清水佑樹)

会社データ

プロフィール

1933年(昭和8年)創業。創業以来一貫してゴムに取り組んできた会社です。

「一流の信用、一流の品格、一流の商品」この社是のもと、ゴム製品の製造・開発の仕事をしております。

日々、変化するお客様のニーズに応え、「一流のクオリティ」をめざし、現在も成長し続けている会社です。その結果、私たちのつくる品質は、国内だけでなく海外でも高く評価されています。

「ISO-9001:2015」に認証・登録、継続して品質改善に取組んでいます。
「エコアクション21」に認証・登録、環境に配慮した経営を行っています。

今後も「一流主義」を徹底し、愛される企業として日々精進しています。

事業内容

PHOTO

1933年の創業以来、80年以上にわたり、ゴムのエキスパートとして、生活用品から自動車・鉄道車両・宇宙ロケット・ITまで、あらゆる分野の製品を製造しています。

(1)ゴム製品、合成樹脂製品の製造及び販売
(2)以上に付帯関連する一切の事業
本社郵便番号 350-1305
本社所在地 埼玉県狭山市入間川1-15-40
本社電話番号 04-2953-3131
創業 1933(昭和8)年8月
設立 1941(昭和16)年4月
資本金 1億円
従業員 131名(2018年10月15日現在)
売上高 24億円(2018年3月期)
事業所 ◆埼玉本社
 〒350-1305 埼玉県狭山市入間川1-15-40(西武新宿線狭山市駅徒歩8分)
◆大阪支店
 〒577-0006 大阪府東大阪市楠根1-8-3(地下鉄中央線長田駅徒歩15分)
◆名古屋営業所
 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山3-12-13(JR・地下鉄金山駅徒歩10分)
業績            売上高      営業利益
2018年3月期   24億5,300万円 16,800万円
2017年3月期   21億9,800万円   16,500万円 
2016年3月期   21億6,600万円   11,000万円
2015年3月期   20億8,900万円   5,200万円
平均年齢 男性:35.1歳 女性:41.9歳 全体:36.2歳
平均勤続年数 男性:13.2年 女性:13.5年 全体:13.3年
沿革
  • 1933年
    • 創業者故清水逸平が埼玉県狭山市入間川に創業、入間川ゴム製作所と称し医療用、運動用、玩具用ゴム製品を製造。
  • 1940年
    • 政府指令ゴム企業第一次整備に当たり、被整備7工場を買収し、(有)入間川ゴム製作所を設立。
  • 1942年
    • 陸・海・軍需3省の共同管理工場となり、大型電槽、防弾ゴムなどの軍需製品を製造。
  • 1945年
    • 入間川ゴム(株)に改称。民需生産に切り替え、医療用、工業用ゴム製品、自転車タイヤを製造。
  • 1947年
    • ホース、ゴム板を製造開始。
  • 1948年
    • 皮貼球技ボール製造に着手。
  • 1950年
    • 東京都千代田区丸の内、三菱仲11号館に東京事務所を開設。
  • 1960年
    • 東京都千代田区丸の内、交通公社ビルに東京事務所を移転。
  • 1963年
    • 名古屋営業所、大阪営業所を開設。清水逸平会長、清水夏樹社長に就任。
  • 1964年
    • バレーボール、バスケットボールが世界的スポーツイベントの使用球となる。
  • 1973年
    • 完全週5日制を実施。(年間250日、2,000時間)
  • 1977年
    • 難燃性ゴム「FR-100」がUL94V-Oに認定される。
  • 1984年
    • 本社を東京事務所に移転登記。BRH工場を新設。
  • 1989年
    • スポーツ用品事業部を分離、独立。
  • 1990年
    • RS工場新設。
  • 1994年
    • 立体自動倉庫竣工。労働時間短縮。(年間245日、1,960時間)
  • 1995年
    • 清水夏樹会長に、清水秀樹社長に就任。
  • 1999年
    • 東京本社を東京都中央区新川に移転。
  • 2002年
    • ISO-9001:2000の認証・登録。執行役員制度導入。
  • 2004年
    • CO2排出削減のためボイラーを重油から天然ガスに切替。
  • 2008年
    • エコアクション21認証・登録。
  • 2009年
    • 東京本社を本社工場に移転。ISO-9001:2008に更新。子会社4社を吸収合併。
  • 2010年
    • 東京分室を本社営業部と一体化し、本社工場に移転。
  • 2013年
    • 細井達男社長に就任。
  • 2016年
    • 清水佑樹社長に就任。(細井達男前社長は取締役会長に就任)
平均勤続勤務年数 13.3年(2018.4.1現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.1時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.1日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち男性8名 2016年度)
前年度の育児休業取得者数 0名(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 4.0%(25名中女性1名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 入間川ゴム(株)(IRUMAGAWA RUBBER CO.,LTD.)
 総務部
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川1-15-40
TEL:(04)2953-3131
FAX:(04)2954-0260
URL http://www.irumagawagomu.co.jp/
E-mail sohmu@irumagawagomu.co.jp
交通機関 西武新宿線「狭山市駅」西口より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp205323/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
入間川ゴム(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ