最終更新日:2018/7/19

マイナビ2019

マイナビコード
205381
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人 原町成年寮

本社
東京都
基本金
9,100万円
福祉事業活動等収入
16億3,654万円(2017年3月実績)
従業員
293名(2017年4月)
募集人数
6〜10名

【葛飾】障がいのある人のくらし 地域のなかで ‘ほっこりサポート’

  • 追加募集開始

障がい者生活支援 本気でやりたい人向けの会社説明会 追加開催します (2018/07/17更新)

障がいのある方(主に知的)の生活支援のしごとを、本気でやりたい人向けの会社説明会を追加開催します。
プログラムは
1.葛飾のまちの中に点在する主要施設のご見学
2.障がいのある方への支援と原町成年寮のしごと紹介
3.Q&A
皆さまのセミナーエントリー(参加予約)をお待ちしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
平均年齢33歳。若いスタッフも多く、やる気にみちた雰囲気を感じられます。出身学部学科も多様で、皆が皆を支えあう‘ほっこり感’が、魅力の会社です。
PHOTO
東京都心をのぞむ水辺に囲まれた下町・葛飾が、私たちのフィールド。やさしさ感じる地域のなかで、皆の成長とキャリアアップをめざしています。(弊社事業所より撮影)

葛飾というコミュニティに根づいた支援が特色。あたたかさにつつまれた環境です。

PHOTO

就労継続支援事業所 Craft の支援スタッフ 佐々木理乃さん(一番右)、所長の佐久間敦さん(右から二番目)と若手スタッフの皆さん

原町成年寮の基本理念は
「就労・自立生活に向けた支援」
「豊かな人生をおくることへの支援」
「地域社会への貢献をめざす支援」

障がいがあっても、住みなれた地域でともに働き、くらし、楽しみ、実りある人生を支えていく。
そんな価値感のもと、障がいのある方の日常生活や就労などの支援に取り組んでまいりました。

原町成年寮の正規スタッフ平均年齢は33歳。若くて、とても元気。
一方で、葛飾というやさしい下町の地域性に包まれた職場環境。

新人研修をはじめ「働きながらの学び」の機会も、たくさんご用意しています。
明るく活動的に、自分の将来を描いていける雰囲気も大きな魅力です。
原町成年寮は、福祉のプロとしてキャリアアップできる、将来性ある職場です。

【先輩からのメッセージ】

昨春、新しくオープンした就労支援継続事業所「Craft」の先輩スタッフから、皆さまへメッセージが届いています!

○支援スタッフの佐々木理乃さん
※グループホーム事業所で3年間勤務の後、Craftへ異動。地域に根ざしたベーカリーカフェとして評判の Viser Polaire(ヴィゼ・ポレール)で活躍中。

「新しい事業所でスタッフもまだ少人数ですが、充実した毎日です。大変なことがあっても、先輩スタッフが話を聴いてくれ、意見も求めてくれたり、細やかなサポートがあります。
利用者の方への支援では、ひとりの人として尊重する気持を大切に、さらに新しい経験を積み重ねていきたいです。
学生の皆さんには、悔いのない就職活動をしてほしいと思います。会社説明会で雰囲気を感じ取ったうえで、原町成年寮を選んでくれるなら、とてもうれしいですね。」

○Craft 所長の佐久間敦さん

「Craftのオープンまでは、想像以上に大変なこともありました。それをサポートしてくれたのは、佐々木さんはじめスタッフの頑張りです。とても誇りに思います。若いスタッフからは、‘これをやってみたい’とか‘ここをこうしてほしい’などの提案や熱意をひき出していくのが、所長の役割だと思います。
原町成年寮には、若い人でもどんどん意見が言え、信頼して任せてもらえる土壌があります。安心して私たちのフィールドに飛び込んできてください。」

会社データ

プロフィール

「障がいがあっても、なくても、住みたいまちに住みつづけたい」
「自分が望む生きかた、働きかたで、毎日をすごしていきたい」

そんなあたりまえの希望、あたりまえのくらし、
住み慣れた地域のなかで紡(つむ)ぎ、ささえていくこと。
私たち 原町成年寮が追い求めてきた、
そして、これからも追い続ける目標、果てることない大きな夢です。
 
原町成年寮のホームタウンは、あたたかみある下町・葛飾の地。

障がいのある方が ‘住まい’ として利用されるグループホーム、
就労など日中活動を支援するための事業所を、きめ細やかに展開。

障がいのある方一人ひとりの 個性ある‘生きかた’ や ‘働きかた’ を、
いっしょに探り、成長としあわせにつなげる支援に日々取り組んでいます。

葛飾区に設置する障がい者グループホームは、70か所で区内最多。
(2017年10月現在。WAMNET障害福祉サービス事業所情報サイトより)

力強くも ‘ほっこり’ した、地域社会福祉のリーディングカンパニー。
それが、原町成年寮です。

事業内容

PHOTO

グループホームはもちろん、就労支援や余暇支援など、障がいのある方の毎日をトータルでサポート。一人ひとりの夢や想い、希望に寄り添った支援をめざしています。

原町成年寮は、東京・葛飾区が活動拠点。
障がい者福祉サービスを提供する事業などを、幅広く行なっています。

大きく分けると、
・障がいのある方が住む「グループホーム」などで、生活支援を行なう事業
・障がいのある方の日中活動(就労支援、外出・余暇支援など)を支援する事業
・障がいのある方が、福祉サービスを利用するための相談支援を行なう事業
の3種類になります。
主に知的障がいのある方が、福祉サービスを利用されています。

【実施している福祉サービス事業】
1 障がい者グループホーム事業
(共同生活援助事業)
2 宿泊型自立訓練事業(通勤寮)
3 生活介護事業
4 就労継続支援事業
5 就労移行支援事業
6 通所型生活訓練事業
7 居宅介護事業
8 行動援護事業
9 移動支援事業
10 相談支援事業

【実施しているその他のサービス事業】
1 葛飾区緊急一時保護事業

※ 夏採用実績あり
※ 秋採用実績あり
本社郵便番号 124-0013
本社所在地 東京都葛飾区東立石4-53-8
本社電話番号 03-6657-6188
設立 1977年
基本金 9,100万円
従業員 293名(2017年4月)
福祉事業活動等収入 16億3,654万円(2017年3月実績)
代表者 理事長 坂本 光敏
事業所 1 障害者グループホーム事業所 かつしかセンター(葛飾区東立石4-53-8)
2 障害者グループホーム事業所 サザンクロスかつしか(葛飾区立石1-7-29)
3 障害者グループホーム事業所 奏(かなで)かつしか(葛飾区東堀切1-5-13)
4 宿泊型自立訓練事業所 葛飾通勤寮(葛飾区東堀切1-16-22)
5 生活介護事業所 アンジュ(葛飾区立石1-7-29)
6 就労継続支援&生活介護事業所 奥戸福祉館(葛飾区奥戸3-17-4)
7 居宅介護・移動支援・行動援護事業所 ドロップ(葛飾区立石3-3-8)
8 就労移行支援&生活訓練事業所 フォレスト(葛飾区立石5-10-10)
9 就労継続支援&生活介護事業所 シャイン(葛飾区奥戸2-1-8)
10 就労継続支援事業所Craft(葛飾区東堀切1-16-22)
11 相談支援事業所 糸でんわ(葛飾区立石3-3-8)
主な取引先 東京都
葛飾区ほか都下市区町村
独立行政法人福祉医療機構
公益財団法人東京都福祉保健財団
社会福祉法人東京都社会福祉協議会
社会福祉法人葛飾区社会福祉協議会
(株)三菱東京UFJ銀行
(株)みずほ銀行
青和信用組合
あいおいニッセイ同和損害保険(株)
(株)大塚商会
(株)マイナビ
(株)幻冬舎
(株)CIJソリューションズ
日本給食設備(株)
※直接取引先(敬称略、順不同)
正社員平均年齢 33.9歳
※2017年3月末日現在
福祉系国家資格登録社員数 48名
※社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士のいずれか1資格以上登録している者
※2018年3月末現在
※うち入社後1年以上を経て資格登録(取得)した者は25名
沿革
  • 1958年
    • 現在の東京都葛飾区東立石の地に「桐友教育研究所」を開設。
      障がい児・者教育などの取り組みを始める。
      現在の「社会福祉法人 原町成年寮」の母体となる。
  • 1962年
    • 「桐友教育研究所」を発展的に閉所し、「通勤センター原町成年寮」を開設。
      障がいのある方の一般就労援助を開始する。
  • 1977年
    • 社会福祉法人原町成年寮、設立。
      同年、東京都より「東京都葛飾通勤寮」の運営を受託する。
  • 1978年
    • 法人直営の「グループホーム・原町成年寮」を開設する。
      これ以降、1989年に国の正式な制度として、障がい者グループホーム事業が制定され、2016年までに葛飾区内65カ所の障がい者グループホームが設置されている。
  • 1992年
    • 総合的な事業拠点の確立をめざし、「地域生活援助センター」を設置する。
  • 1993年
    • 葛飾通勤寮隣接の土地・物件を購入し、「地域生活援助センター立石寮」を建設する。
      葛飾区からの受託事業「知的障害者生活ホーム・在宅障害者緊急一時保護事業」等を開始。
  • 1994年
    • 通所施設(日中活動支援施設)「奥戸福祉館」を、葛飾区より受託運営を開始する。
      (2004年、社会福祉法人原町成年寮へ事業者移管し、現在に至る)
  • 2001年
    • 障がいのある人の日中活動支援の場を確保するため、「就労支援センター」を設置する。
  • 2006年
    • グループホーム事業所「かつしかセンター」開設。
  • 2008年
    • 「地域生活援助センター」を葛飾区立石1丁目に移転し、機能強化。
      現在の生活介護事業所「アンジュ」、就労移行支援事業所「フォレスト」を開設。
  • 2009年
    • 居宅介護・行動援護・移動支援事業所「ドロップ」開設。
  • 2013年
    • 相談支援事業所「糸でんわ」開設。
      通所多機能型事業所「シャイン」開設。
  • 2015年
    • 「東京都葛飾通勤寮」が民間移譲。原町成年寮へ事業者移管。
      就労移行支援事業所「フォレスト」で、生活訓練事業を開始。
  • 2016年
    • グループホーム事業所「サザンクロスかつしか」開設。
  • 2017年
    • 「葛飾通勤寮」が葛飾区東堀切地区に移転。
      グループホーム事業所「奏(かなで)かつしか」開設。
      就労継続支援事業所「Craft(クラフト)」開設。
      地域に開かれたベーカリーカフェ「Viser Polaire(ヴィゼ・ポレール)」を東堀切地区に開店。
  • 2018年
    • 東京都が実施する「地域移行促進コーディネート事業」の受託団体として、原町成年寮が指定される。
平均勤続勤務年数 6.3年
 ※2017年3月末日時点
月平均所定外労働時間(前年度実績) 11.2時間/月
※2016年度実績
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.3日
※2016年度実績
前年度の育児休業取得対象者数 11名(うち女性8名 男性3名)
※2017年3月末日時点の実績

前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名 男性0名)
※2017年3月末日時点の実績
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員:12.5%(8名中女性1名)
管理的地位にある者:40%(15名中6名)
※2017年9月末日現在

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (注)人材紹介等の法人/企業によるセールス・勧誘は固くお断りします。
弊社の採用選考へのご応募や会社説明会(セミナー)へのご参加を検討されている個人の方からのお問合せのみ、受け付けています。
人材紹介等のセールス・勧誘を目的とした法人/企業からのご連絡・お問合せは、一切受け付けておりません。

社会福祉法人原町成年寮
地域生活援助センター 本部
〒124-0012
東京都葛飾区立石1-7-29
担当:渡辺宏樹
TEL:03-6657-6188
URL http://www.haramachiseinenryo.com/
E-mail h-watanabe@haramachi.or.jp
交通機関 京成電鉄押上線「京成立石駅」下車徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp205381/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 原町成年寮と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 原町成年寮 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ