最終更新日:2018/9/26

マイナビ2019

マイナビコード
205483
  • 正社員
  • 既卒可

あいち三河農業協同組合

本社
愛知県
資本金
10億8,023万円
売上高
95億8,060万円(2016年3月実績) 
従業員
452名(2016年11月現在)
募集人数
若干名

今までも、そしてこれからも。JAあいち三河は「地域に密着し、地域とともに生きる」ことを大切にしています。

JAあいち三河からのお知らせ!! (2018/03/01更新)

みなさんこんにちは!
あいち三河農業協同組合の採用担当者です。

この度は私たちに興味を持っていただき、
誠にありがとうございます。

採用情報は随時更新しますので、
まずはマイナビよりエントリーをお願い致します。

採用情報は追ってご連絡致します。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
農業や地域の明るい未来を目指して、大勢の職員が奮闘しています。ぜひ企業マイページもご覧ください!!
PHOTO
どの事業においても共通しているのが、お客様との絆の大切さ。地域の方々の豊かな暮らしと、農業の発展をつなぐ架け橋として、日々の業務に取り組んでいます。

JA事業を通じて、一人ひとりが個性を発揮できるフィールドを用意しています。

PHOTO

「職員一人ひとりが“やりがいのある仕事なんだ”と胸を張って言える環境にしていくこと。それが私の役割です」と話す天野組合長。

JAを一言で説明するなら、農業に従事する方々や地域農業の発展のために様々な事業を展開している組合組織です。その中において、JAあいち三河が大切にしているキーワードが「地域密着」です。古くは産業組合をはじめ、様々な組織形態を経て現在に至っているわけですが、その間、常に地域社会と密接な関係の中で事業をおこなってきました。その原点を見失うことなく、私たちは“地域に密着し、地域とともに生きる”というスローガンのもと、日々活動しています。

代表的な取り組みとして、農家の方々への事業融資等をおこなう「金融事業」。“ひと・いえ・くるま”の総合保障をする「共済事業」。農業関連施設をはじめ、個人では保有できない共同利用施設の設置・運営をおこなう「利用事業」。肥料や農薬などの営農資材や、生活に必要な日用品を安く安定的に供給する「購買事業」などが挙げられます。これらはJAとしての共通事業ですが、事業バランスという観点では地域によって異なります。たとえば山間部なら農産物販売を中心に、都心部なら金融・共済を中心にと、生活の形態が色濃く反映されるわけです。同様に、JAあいち三河では各事業のバランスが良いJAといえます。その点では一人ひとりの活躍の場が農業にあったり、あるいは金融にあったりと、多彩なフィールドでの活躍が可能です。地域に対してさまざまな形で提案・サポートできるので、個性を発揮しやすい職場だといえます。また「農家の方々や地域の皆さんと一緒に発展していこう」という姿勢ゆえに、日々の業務を通してお客様からの感謝を実感できる場面に数多く出会えるのも、この仕事の魅力です。ただし、やりがいは決して与えられるものではなく、自分で作っていくもの。私はそう考えています。そのためには何事にも前向きに取り組む姿勢が大切であり、同時に求める人材の条件にも当てはまります。何かに挑戦して仮に失敗したとしても、それは本人にとって必ず成長の糧になるはずです。

「どんな時も、地域の方々のすぐ隣にいたい」。この思いは、今後も変わりません。先輩たちがずっとそうしてきたように、我々も継続していかなければなりません。同時にそうした姿勢でいれば、お客様はきっと答えてくれる。地域に貢献し続ければ、JAあいち三河も組合組織として存続し続けることができる。そう信じています。

会社データ

プロフィール

1999年4月1日にJA岡崎市(岡崎市)、JA幸田町(幸田町)、JA額田町(旧額田町:現在は行政合併により岡崎市)の3JAが合併し、【あいち三河農業協同組合】(愛称:JAあいち三河)として誕生しました。

私たちは地域住民の方々が組員となって、相互扶助を共通として運営される協同組織であり、地域農業の活性化を支援しています。

事業内容
●信用事業
 信用事業は、貯金、融資、為替など、いわゆる金融業務を行っています。
 この信用事業は、JA、信連、農林中央金庫という三段階の組織が有機的に結びつき、JAバンクとして大きな力を発揮しています。

●共済事業
 共済事業は、相互扶助(助け合い)の精神を理念として、組合員・利用者の信頼と期待に応え、「安心」と「満足」を提供しています。

●販売事業
 不安定な農産物価格を安定させ、消費者ニーズをふまえた計画的な生産・出荷をすることがJAの販売事業です。
 
●購買事業
 農業生産に必要な資材と生活に必要な物資を共同購入し、組合員に供給する事業です。
 
●指導事業
 営農指導は組合員の営農を指導し、その改善と地域における総合的な農業生産力の維持・向上を図っていく重要な事業です。
 生活指導は組合員農家の生活全般について指導し、組合員や地域社会の生活改善と向上を図っていく重要な事業です。
 
●宅地等供給事業
 組合員及び地域住民の皆様の土地について、計画かつ効率的な土地利用を図るために、農と住が調和した「まちづくり」と大切な土地等「資産管理」の事業を行っております。

●葬祭事業
 組合員・利用者のニーズの多様化に対応し、安心してお任せ頂けるサービスの提供に心がけて事業を行っております。

●旅行事業
 地域の皆様の身近な旅行センターとして、国内旅行、海外旅行サービスの提供と旅行相談に努め事業を行っております。
本社郵便番号 444-0213
本社所在地 愛知県岡崎市坂左右町字葦ノ部18番地1
本社電話番号 0564-51−9631
設立 1999年4月
資本金 10億8,023万円
従業員 452名(2016年11月現在)
売上高 95億8,060万円(2016年3月実績) 
平均勤続勤務年数 15.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6.5時間(2016年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.7日(2016年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 14名(うち女性8名、男性6名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名 2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 愛知県岡崎市坂左右町字葦ノ部18-1
JAあいち三河 
人事課宛
TEL(0564)55-3011
URL http://www.ja-aichimikawa.or.jp/
交通機関 【名鉄バス】
JR岡崎駅西口から西尾(中島)行きで、下青野バス停下車。
東へ(幸田方面)徒歩10分。
または、高須バス停下車。西へ(安城方面)徒歩15分。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp205483/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
あいち三河農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
あいち三河農業協同組合 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ