最終更新日:2018/6/7

マイナビ2019

マイナビコード
205575
  • 正社員
  • 既卒可

(株)亀屋芳広

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
資本金
1,000万円
売上高
13億7,100万円(2017年8月決算時)
従業員
260名
募集人数
1〜5名

地域のお客様に寄り添って魅力ある菓子を提供しつつ、和菓子文化を世界に向けて発信!20年、30年先を見すえた元気な菓子の会社です。

2019年度卒の新卒採用を開始いたしました。 ぜひエントリ−をお願い致します。 (2018/04/28更新)

こんにちは。(株)亀屋芳広 採用担当です。

就職活動中の皆さま、ご覧いただきありがとうございます。

会社説明会の日程が決定いたしました。


☆★☆★ 会社説明会 ★☆★☆

平成30年5月16日(水)9:30〜12:00
 
平成30年5月18日(金)9:30〜12:00


2日間ございますので、ご都合の良い日をご選択頂き、
ぜひご参加頂きたいと思います。


説明会では、この業界のこと、仕事への取り組み方、皆さんに期待している

思いなど、先輩社員にもいろいろ聞ける良い機会だと思いますので、

ぜひエントリ−頂き、会社説明会に足を運んで頂けるとうれしいです。

エントリ−頂いた方には、会社説明会のくわしい日程のご案内を

お送りさせていただきます。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
人材育成に力を入れており、つくり上げた菓子を先輩に見せ、技術指導や素材・味のアドバイスを受けることもあります。
PHOTO
月2〜3回のペースで開かれる新商品開発会議。原則、自由参加で、次代の主役となる菓子を探っています。

企業として、菓子を通してお客様にも社員にも、和みと喜び、発見と感動を届けたい

PHOTO

全国の老舗・名店の若旦那たちとのコラボレーション・イベントに参加したり、世界的なパリの製菓学校で講師を務めるなど、“ひとつ先”を見た活動を展開する3代目社長。

1949(昭和24)年の創業以来、尾張名古屋にしっかりと根を張り、店舗を展開してきた亀屋芳広。『生活の中に菓子を通した“和み”を提供したい』と、あえて百貨店には出店せず、気軽にお越しいただける、地域に密着した店舗作りを行っています。また、このスタイルだからこそ、お祝い事の赤飯や紅白餅、急なお弔いの場に届ける菓子など、日本ならではの心づかいにも対応できると考えています。

地域と共にある私たちだから、地域活性化にも力を注いでいます。例えば本店では、大学生と熱田神宮周辺の店が行っている「あつた朔日市」に参加して、ここだけで扱う菓子を販売。また父の日・母の日に親子で楽しめるお菓子教室を開催したりと、和菓子を通じて日本文化を楽しんでいただけるイベントも開催しております。季節感が薄れゆく現代にあって、菓子、特に和菓子は日本の四季を体現する存在でもあり、菓子を通して季節と文化をお客様に実感していただけることは、私たちの喜びです。日ごろ、お客様と接しているのは販売員のみですが、イベントの折などには製造部員も店頭に赴き、自分たちがつくった菓子を手にしたお客様の笑顔を目の当たりにすると、改めて“やる気”が湧いてきます。一方、販売員もただ店頭に立つだけでなく新商品開発に関わることができ、お客様の声を生かしたアイデアを積極的に発信しています。

当社には、大学卒業後に全くのゼロからスタートして製造部門で活躍している社員がいます。入社後、会社サポートのもとに職業訓練校や各種研修に参加し、現場でスキルを磨けるので問題ありません。伝統を大切にしつつ、“機械にまかせられること”と“手作業でしかできないこと”を見極めて、菓子の独創性と高い生産性とを両立している当社。伝統をもとに、失敗を恐れず新しいお菓子づくりにも積極的にチャレンジしていける環境です。また、『お客様の満足を支えるのは社員であり、社員を大切にすることが、お客様を大切にすることにつながる』という考えのもと、家族手当や寮の完備など福利厚生を整え、一人ひとりのやりがいや達成感も追求。『ここで働いて、良かった!』と思える組織づくりを目指しています。

いま当社では、創業100年に向けてますます元気な組織となっています!私たちと共に、新たな菓子の歴史を創っていきませんか?
《代表取締役社長/花井芳太朗(2015年11月就任)》

会社データ

プロフィール

【お菓子は和み、安らぎ、そして潤いです】

お菓子は人を和まし、安らぎと潤いを与えてくれます。

亀屋芳広は地元尾張名古屋で17店舗を展開し毎日美味しいお菓子を
作り続け、お客様に笑顔と喜びを届けています。

この世からお菓子は無くなりません、人生においていつもそばにあるものです。

亀屋芳広ではお菓子を通して地域のお客様が喜び、私達も喜び、会社が発展する循環を創り出すことを目指しています。

お菓子の可能性を信じて以下のような取り組みも行っています!!

・母の日・父の日の親子菓子教室
・熱田神宮内での朔日市に出店
・お月見演奏会
・地域の小学生と中学生対象社会科見学受け入れ
・新春書き初め会
・お客様と餅つき大会
・ユネスコなど国際イベントへの職人派遣
・七夕に願いごとを書こう会
・ハロウィン親子ご来店イベント

創業100年に向けて新たな歴史を創る仲間を募集しています!!

事業内容
和菓子・洋菓子製造小売

◆製造部 ★本社工場
      和菓子全般・洋菓子生菓子を製造

     ★千年工場
      洋菓子焼物を製造

◆販売部 ★名古屋市内 11店舗
     本店・瑞穂店・モ−ル九番店・尾頭橋店・八田店・地あみ店
     滝ノ水店・植田店・本陣店・城北店・春岡店

     ★名古屋市外 6店舗
     富木島店(東海市)・大府店(大府市)・日進店(日進市)
     長久手店(長久手市)・尾張旭店(尾張旭市)・七宝店(あま市)
本社郵便番号 456-0034
本社所在地 愛知県名古屋市熱田区伝馬一丁目4番7号
本社電話番号 052-671-3707
創業 1949年(昭和24年) 6月
設立 1961年(昭和36年) 3月
資本金 1,000万円
従業員 260名
売上高 13億7,100万円(2017年8月決算時)
業績 2017年8月決算時 売上高  13億7,100万円  
           
      
事業所 ◆製造部 本社工場 千年工場   2工場

◆販売部 名古屋市内 11店舗 市外 6店舗
沿革
  • 1949年(S24)
    • 名古屋市熱田区伝馬にて創業
  • 1961年(S36)
    • (株)亀屋芳広 設立
  • 1973年(S48)
    • 名古屋市瑞穂区に支店第1号店
      瑞穂店開設
  • 1975年(S50)
    • 潮見ケ丘店開設
  • 1976年(S51)
    • 内田橋店開設
  • 1979年(S54)
    • 島田店開設
  • 1982年(S57)
    • 六番町店開設
  • 1986年(S61)
    • 尾頭橋店開設
  • 1990年(H2)
    • 八田店開設
  • 1992年(H4)
    • 富木島店開設 (支店初の市外店舗)
  • 1993年(H5)
    •  2月 藤ケ丘店開設
      10月 千年菓子工房新設(同熱田区内に工場新設)
  • 1994年(H6)
    • 3月 地あみ店開設
      7月 滝ノ水店開設
  • 1995年(H7)
    • 石川橋店開設
  • 1996年(H8)
    • 新規開設を控えてスクラップビルドに移行

      植田店開設(島田店より移設)
  • 2002年(H14)
    • 高針店開設
  • 2004年(H16)
    • 大府店開設(潮見ケ丘店より移設)
  • 2005年(H17)
    • モ−ル九番店開設(六番町店より移設)
  • 2008年(H20)
    •  3月 本陣店開設
      10月 城北店開設
  • 2010年(H22)
    • 春岡店開設(石川橋店より移設)
  • 2011年(H23)
    • 先々を見据えて千年菓子工房建て替え
      千年工場新設
  • 2012年(H24)
    • 2月 日進店開設 (高針店より移設)
      8月 長久手店開設(藤ケ丘店より移設)
  • 2013年(H25)
    • 尾張旭店開設
  • 2015年(H27)
    • 七宝店開設(内田橋店より移設)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均10時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 本社 総務部 TEL:052-671-3707
       TEL:052-682-0025
   担 当:志賀 
URL www.kameya-yoshihiro.co.jp
交通機関 本社 地下鉄名城線 伝馬町駅 下車徒歩 2分
   名鉄     神宮前駅 下車徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp205575/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)亀屋芳広と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ