最終更新日:2018/9/26

マイナビ2019

マイナビコード
205990
  • 正社員
  • 既卒可

振興電気(株)

本社
東京都
資本金
1億5,000万円
売上高
61億3,612万円(2017年9月期)
従業員
170名
募集人数
16〜20名

人、街、自然を電気でつなぐ。80年の歴史で培った技術が、新たな未来を創る。

■□振興電気(株)からのお知らせ□■ (2018/09/26更新)

就職活動中の皆さん、
当社にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

当社採用活動については、エントリーいただいた方へ順次ご案内いたします!
まずは上記よりエントリーの上、今しばらくお待ちくださいませ。
皆様にお会い出来る日を心より楽しみにしております。

▽当社HPもぜひご覧ください!▽
http://www.shinko-el.com/

▼採用HPもぜひご覧ください!▼
http://www.shinko-el.com/recruit/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
創業から80年、電気通信設備の設計・施工を手がける振興電気。スキルアップのための費用負担や報奨金制度が充実しており、技術系資格を保有する社員が多数在籍。
PHOTO
社内では、ベテラン社員が講師を務める技術講習会やフォローアップ研修を定期的に開催。同期全員が集まって情報交換できる場が多いのも、若手にとって心強い。

創業80年。その次に向かう挑戦が今、始まっています。

PHOTO

自ら会社説明会に登場し、会社の経営状況や今後のビジョンを包み隠さず伝えているという門間社長。社員の定着率の高さや風通しのよい社風を生みだしている。

■振興電気の技術が世界に羽ばたく

「電気」という、暮らしに欠かせないインフラを支える。
それが1938年の創業以来80年続く、私たちの仕事です。

創業当時は軍需最優先の統制経済であったことから、
当社の歴史は公共性の高い施設の工事から始まりました。
以来官公庁工事の老舗として培ってきたノウハウと信頼を礎に、
今では民需を主体に大手ゼネコンからの工事も幅広く手がけています。

タワーマンション、オフィス、学校をはじめ、
レインボーブリッジ、東京国際フォーラム、宮城スタジアムなど
誰もが聞いたことのある建築物にも、多く携わっています。

2015年4月には、バンコクに現地法人を開設。
今後はASEAN諸国を中心に、積極的に出店していく予定です。
振興電気のフィールドは今、世界へと広がっています。


■つなぐことで、未来を創る

―Connecting through messages.
これは、私たちが日々大切にしている想いです。

単に電気をつなぐだけが、私たちの仕事ではありません。
電気を通じて、人と人、人と社会、人と自然をつなぐ。
様々な「つなぐ」の中心を支えている仕事なのです。

2020年の世界的イベントに向けて加速するインフラ整備事業や、
環境に配慮したスマートマンションなど、
私たちの技術が活かされる場面は、今後もさらに広がっていくでしょう。

常に時代の先を読み、未来につなげる。
一人ひとりが、そんな誇りを持って仕事と向き合っています。


■人財こそが、私たちの財産です

何もない場所に、ゼロからインフラを築いていく。
そのため私たちの仕事には、二つとして同じ現場は存在しません。

だからこそ、要となるのが「人」です。
多くの人と関わりながら、仕事を完結させるためには、
技術だけでなく、人としての在り方を問われる局面も多いでしょう。

そのため、当社では社員を「人財」と位置づけています。
新卒採用においても、これまでの経験よりも、
人間性やこれからの意欲を重視した採用を行っています。

人と接することが好き。電気設備というものづくりを通じて
達成感を味わいたいという方。
ぜひ当社で、スケールの大きな仕事に挑戦しませんか。

会社データ

プロフィール

■次代を担う、新しい力

1938年に創業した振興電気は、2018年に80周年を迎えます。これまで私たちの成長を支えてきたのは、信頼です。建設現場で重要な、品質・コスト・納期・安全の4つの要素。私たちは、これらをしっかりとマネジメントし、高い水準を実現してきました。創業当時は公共工事を中心としていましたが、現在では大手ゼネコンを得意先とする民間工事が大半を占めています。

そして、次なる振興電気の成長を支えるのは、若手の社員たちです。振興電気には、若手が活躍できる環境が整っています。その要因は、160名という規模のため、スピード感のある経営が実現できているからです。20〜30代の若手社員に積極的にチャンスを与え、入社3年目で施工管理として現場のトップに立つ人財もいます。

また、研修をはじめとする人財の育成システムも整っているため、建築系・化学系学部出身者や文系出身の社員が活躍しているのが特徴です。定着率も高く、若手社員を育てていく風土があります。次のフェーズに向けて、グローバル展開も動き出しました。ぜひあなたの力で、新しい振興電気を牽引してください。

■持続可能な社会の実現に向けて

創業75周年を期にリニューアルされた、振興電気の新しいロゴ。そこで使われているコーポレートカラーは、ブルー・ライトグリーン・パープルの3色です。ブルーはテクノロジーを、ライトグリーンは自然を、そしてパープルは伝統を表しています。3色が縦横無尽に走ることで、コミュニティをどんどん繋げていき、豊かな社会を実現していくという想いを込めました。

ベースにあるのは、社会的な責任を果たしたいという強い気持ちです。私たちは、テクノロジーと自然をつなぎ、省エネや創エネで社会に付加価値を生み出していきたいと考えています。これまで培ってきた技術を武器に、持続可能な社会の実現に寄与していきます。

事業内容

PHOTO

先輩たちが築いてきた80年の実績と信頼。新たな歴史の1ページを皆さんの手で切り拓いてほしい。

1.屋内・屋外電気設備設計施工
発電所・変電所設備設計施工
送配電線・地中線設計施工
電気通信設備および計装設備設計施工
消防施設設計施工
情報通信・LAN設備設計施工
2.電気機械器具の販売
3.建設機械・工具等のリース
本社郵便番号 141-0032
本社所在地 東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー11F
本社電話番号 03-3494-1780
創業 1938(昭和13)年2月
設立 1946(昭和21)年12月 
資本金 1億5,000万円
従業員 170名
売上高 61億3,612万円(2017年9月期)
事業所 本社/東京(品川区)
支店/東京、東北(仙台)、北海道(札幌)、ヤンゴン(ミャンマー)
営業所/青森、盛岡、沖縄
技術者比率 73%
主な取引先 官公庁、各地方自治体、ゼネコン各社
関連会社 THAI SHINKO CO.,LTD. (タイのバンコクに設立)
(株)グローバル振興
平均年齢 35.8歳
平均勤続年数 13.3年
主な施工実績 大規模マンション各種、慶應大学藤沢キャンパス、東京大学(柏)総合研究実験棟、しながわ水族館、レインボーブリッジ、渋谷TSUTAYA、Honda Cars、東京国際フォーラム、宮城スタジアム、東京地下鉄各種、仙台市地下鉄東西線卸町駅、青森空港誘導路灯、米軍関連施設各種、ブリヂストングローバル研修センター(BIG-T)、ナショナルトレーニングセンター、東北自動車道富谷JCT、胆沢ダム、両石トンネル、病院・特別養護老人ホーム各種、他多数
月平均所定外労働時間(前年度実績) 29時間(2016年度実績)

採用データ

取材情報

電気を守り続ける。その達成感の先に本当の成長が待っている。
振興電気で描かれる、それぞれのキャリア。
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 振興電気(株)
採用担当

〒141-0032
東京都品川区大崎2-11-1
大崎ウィズタワー11階

TEL :03-3494-1780
E-mail :hsoumu@shinko-el.co.jp
URL http://www.shinko-el.com/
E-mail hsoumu@shinko-el.co.jp
交通機関 JR各線/りんかい線「大崎駅」徒歩4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp205990/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
振興電気(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ