最終更新日:2018/3/1

マイナビ2019

マイナビコード
206499
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人 東京福祉会

本社
東京都
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
売上高
39億7,665万円(平成28年度実績、事業収入)
職員数
288名(葬祭事業122名、特別養護老人ホーム等166名)
募集人数
若干名

創立98年の東京福祉会。高齢期の生き方を支え、地域社会に貢献する。

  • 積極的に受付中

採用担当者からのお知らせ (2018/03/01更新)

当会の採用ページを閲覧いただきましてありがとうございます。
4月の採用説明会のスケジュールをご通知させていただきます。
・4月21日(土)
・4月26日(木)
・4月27日(金)
皆様、是非ご参加くださいますようよろしくお願いいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
1921(大正10)年に宮内省(現 宮内庁)より練馬区小竹町の地に御料地を御下賜された「江古田斎場」は都内屈指の規模を誇っています。
PHOTO
入職後、座学・実地研修・OJTを経て約1年で葬儀担当者(責任者)をお任せいたしますので、比較的早く、現場を経験することができます。

大切な人とのお別れを想いの叶ったものにする達成感のある仕事。

PHOTO

入職4年目となる飯塚職員。1級葬祭ディレクター資格取得に向け日々勉強に励んでいます。

葬儀担当スタッフと故人様とは生前にお会いすることはありません。それでも葬儀の現場に立ち会うことで、その人の人柄や人生を少なからず共有することができる仕事です。
多くのスタッフが協力してお手伝いさせていただきますが、当会では打ち合わせ〜施行までの一連の流れを基本的に1人のスタッフが担当します。1人のスタッフが担当者となりお客様と接することで、コミュニケーションが取りやすく、打ち合わせの話の中でお伺いした故人様の思い出を、施行時にそのままプラスワンサービスとして提案することができます。
お客様の想いに沿った葬儀が実現できた時や、お客様から感謝の言葉をいただいた時は、達成感があり喜びも大きいです。

■創立98年の実績と安心。社会的信頼のある社会福祉法人です。
東京福祉会は、1919(大正8)年11月、「財団法人助葬会」として設立され、法人設立から1世紀を迎えようとしています。
地域の皆様にご愛顧いただき、2016年度は約4700件のご葬儀をお手伝いさせていただきました。また、家族葬から社葬まで幅広いニーズに応えられる直営斎場を運営し、中でも1921(大正10)年に宮内省(現 宮内庁)より練馬区小竹町の地に御料地を御下賜された「江古田斎場」は都内屈指の規模を誇っています。
2019年には創立100周年を迎えますが、現状に甘んじず、より地域のための地域に根ざした法人であるために「経営戦略5カ年計画」を策定し、若手職員を中心としたプロジェクトチームを結成する等、様々な事業改善に取り組んでいます。

■若手大活躍中!早くから現場を経験できます。
入職後、座学・実地研修・OJTを経て約1年で葬儀担当者(責任者)をお任せいたしますので、比較的早く、現場を経験することができます。
東京福祉会は若手の職員に積極的に仕事を任せていく風土がありますので、やりがいを持って働くことができます。また、葬祭スタッフは20〜30代の若手を中心とした構成ですので、気軽に相談に乗ってくれる先輩・上司も多くおり、一緒に悩みながらも大きな成長ができる職場です。
1級葬祭ディレクター技能審査取得のための研修制度を設け、キャリア形成のためのバックアップ体制もしっかりと整えています。東京福祉会は総合的に多くの経験と知識を得て、葬祭業のプロフェッショナルを目指せる環境です。

会社データ

プロフィール

東京福祉会は、1919(大正8)年11月、「財団法人助葬会」として設立されました。
以来、低所得者のための葬祭事業(助葬事業)を実施するとともに、社会状況の変化に対応し、一般の葬儀、納骨堂の運営、特別養護老人ホームの運営など、多様な事業展開を図っております。
法人創設から1世紀を迎えようとする今日、社会福祉法が定める第一種社会福祉事業としての助葬事業を始め、トータルケアサービスで高齢期の生活を支える独自の社会福祉法人としてその役割を果たしてまいります。

事業内容

PHOTO

設立当初の助葬会本部事務所

【助葬事業】
当会は、社会福祉法が定める第一種社会福祉事業である助葬事業(被保護者、行旅死亡人又は生活困難者の方の葬儀)を行っている、全国でも数少ない社会福祉団体です。

【葬祭事業】
当会は、社会福祉法に基づく公益事業として一般の方を対象とした葬祭事業を行っております。 ご依頼は一都三県、24時間365日対応いたします。

【納骨堂の運営】
聖恩山霊園(納骨堂)のある土地は、1921(大正10)年8月、宮内省(現 宮内庁)から東京府北豊島郡上板橋村(現 練馬区小竹町)の御料地3,087平方メートル(934坪)を御下賜されたものです。

【特別養護老人ホームの運営】
2000年4月、超高齢社会の到来に向け、介護保険制度の発足と同時に特別養護老人ホーム練馬高松園を開設し、新たに高齢者福祉分野への事業を開始しました。

【簡易住宅貸付事業】
社会福祉法が定める第二種社会福祉事業として、生計困難者のために低廉な料金で簡易住宅の貸し付けを行っております。
本社郵便番号 113-0022
本社所在地 東京都文京区千駄木3丁目52番1号
本社電話番号 03-3823-2381
設立 1919(大正8)年11月6日
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
職員数 288名(葬祭事業122名、特別養護老人ホーム等166名)
売上高 39億7,665万円(平成28年度実績、事業収入)
事業所 【法人本部・直営斎場】
■法人本部・道灌山会館
 東京都文京区千駄木3-52-1

■江古田斎場・聖恩山霊園
 東京都練馬区小竹町1-61-1

■ホール多摩国立
 東京都国立市谷保892-1

【その他の施設】
■目黒葬祭相談センター
 東京都目黒区東山1-11-6

■特別養護老人ホーム 練馬高松園
 東京都練馬区高松2-9-3

■特別養護老人ホーム 第2練馬高松園
 東京都練馬区高松2-9ー19

■簡易住宅部門 南千住事務所
 東京都荒川区南千住3-3-9
沿革
  • 大正8年11月6日
    • 【法人設立】
      生活困窮者の葬儀を援助するため財団法人助葬会を設立し、翌12月事務所を東京市神田区柳原河岸に置き、葬祭業務を開始する。
  • 大正10年8月6日
    • 【御料地の下賜・聖恩山霊園(納骨堂)の建立】
      宮内省(現・宮内庁)から東京府北豊島郡上板橋村(現・練馬区小竹町)の御料地約934坪を下賜される。(平成7年約1,154坪に敷地を拡張)大正15年 この地に納骨堂を建立し「聖恩山霊園」と命名して遺骨の保管業務を開始する。
  • 昭和24年7月10日
    • 【国家公務員共済組合連合会から葬祭業務受託】
      厚生省(現・厚生労働省)のご推薦により、国家公務員非現業共済組合連合会(現・国家公務員共済組合連合会)から葬祭業務を受託される。
  • 昭和27年5月10日
    • 【組織変更】
      厚生大臣より財団法人から社会福祉法人に組織変更が認められる。
  • 昭和37年7月
    • 【本部移転】
      東京都文京区駒込坂下町246番地(文京区千駄木3-52-1)に本部を移転する。
  • 昭和41年3月
    • 【国立出張所の開設】
      東京都北多摩郡国立町(東京都国立市東3-26-15)に国立出張所を開設する。平成3年 施設を改築し、名称を国立事業所と改める。
  • 昭和50年11月
    • 【道灌山会館(本部)の建設】
      鉄筋コンクリート造4階建(延994.38平方メートル) 本部・道灌山会館を建設する。 2階には、当会最初の直営式場を設置した。
  • 昭和52年7月
    • 【江古田斎場の開設】
      納骨堂(聖恩山霊園)に隣接して、直営式場蓮華堂を建設、「江古田斎場」と命名する。 昭和56年3月 唯心堂及び大悲堂完成。 昭和59年3月 江古田会堂完成。 昭和61年12月 納骨堂(聖恩山霊園)を改築する。
  • 昭和54年5月1日
    • 【会友制度の発足】
  • 平成3年4月1日
    • 【名称変更】
      社会福祉法人助葬会から 社会福祉法人東京福祉会へ名称変更。
  • 平成11年9月16日
    • 【第二聖恩山霊園の建立】
      埼玉県入間郡毛呂山町旭台56番地に 第二聖恩山霊園を建立する。
  • 平成12年4月1日
    • 【特別養護老人ホーム練馬高松園の開設】
      東京都練馬区高松2-9-3に特別養護老人ホーム 「練馬高松園」を開設する。(利用者定員55名)
  • 平成14年4月1日
    • 【江古田斎場の全面改築】
      江古田斎場発足以来、20年余りを経たので、施設の全面改築に着手、第一会館は平成14年4月1日竣工、第二会館は平成14年12月20日竣工。
  • 平成15年10月1日
    • 【特別養護老人ホーム練馬高松園の増築】
      特別養護老人ホーム練馬高松園を増築し、新館が竣工。利用者定員が42名増員され、97名となる。
  • 平成17年3月
    • 【道灌山会館(本部)の全面改築】
      建設以来、28年を経たので、施設の全面改築に着手。
  • 平成18年4月
    • 【第二聖恩山霊園の改修】
      平成11年に建立した第二聖恩山霊園を改修。合祀はもちろんのこと、5.200柱の骨壷の安置も可能となる。
  • 平成19年10月1日
    • 【特別養護老人ホーム「第2練馬高松園」の開設】
      新しいユニット型特別養護老人ホームとして、東京都練馬区高松2-9-19に当会2施設目となる「第2練馬高松園」を開設する(利用者定員62名)。
  • 平成20年10月
    • 【ホール多摩国立の開設】
      国立事業所の老朽化に伴い、移転地(東京都国立市谷保892-1)に東京福祉会ホール多摩国立を建設する。
平均勤続勤務年数 14.8年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.2時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.8日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 1名(男性0名、女性1名、2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(男性0名、女性1名、2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒113-0022
住所:東京都文京区千駄木3-52-1
TEL:03(3823)2381
FAX:03(3823)1700
採用担当:総務経理部 和田・有賀
URL http://tokyofukushikai.com/
E-mail recruit@fukushikai.com
交通機関 ■ JR、地下鉄千代田線、日暮里舎人ライナー 西日暮里駅(徒歩8分)
■ 地下鉄千代田線 千駄木駅(道灌山方面出口徒歩8分)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp206499/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人 東京福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。
社会福祉法人 東京福祉会 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ