最終更新日:2018/4/11

マイナビ2019

マイナビコード
206684
  • 正社員

福島テレビ(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
福島県
資本金
3億5,000万円
売上高
61億1,000万円(2017年3月期実績)
従業員
97名(男82名・女15名/2018年4月)
募集人数
若干名

「福島の今」を多くの人に伝える仕事にいっしょにチャレンジしてみませんか

2019年「技術職」エントリーを締切りました。ご応募ありがとうございました。 (2018/04/11更新)

こんにちは。福島テレビ採用担当です。

2019年新卒採用「技術職」のエントリーを締切りました。
※エントリーシート提出締切 4月10日(火)

ご応募ありがとうございました。
 

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
全社員が総力をあげて取り組む「東日本女子駅伝」は、福島テレビがキー局となり関東など東日本の18都道県に生放送されます。中継スタッフは真剣勝負の2時間半です。
PHOTO
夕方18時台放送の「FTVみんなのニュース」は福島県民間放送4局の中で2017年年間視聴率第1位を獲得。※番組平均視聴率 ビデオリサーチ調べ

伝わることを実感できる!〜若手社員インタビューより

PHOTO

若い社員にも大事な仕事が任されるチャンスがあります。生放送のカメラは緊張の連続ですが、自分が撮影した映像がテレビで放送される喜びもあります。

ニュースや自社制作番組「サタふく」でスタジオカメラを担当したり、カメラの色や明るさの調整、中継では音声なども担当します。スタジオの外からの中継では、現場の中継車からケーブルをのばしてカメラやマイクをつなぎ映像や音声をリアルタイムで視聴者の方々にお届けしています。また「サタふく」では撮影を担当することが多いので、その場の空気感を伝えることを目標に取り組んでいます。テレビカメラの撮影には一定の基礎がありますが、「正解」はないので、撮り方は無限です。

初めて中継でカメラを担当した時のことです。月見の会の中継で、私の担当はビューカメラだったので、灯篭や建物など景色を撮るのが役割でした。とても緊張していて映像がぶれていないか?ピントはあっているのか?様々なことが不安でした。中継が終わり片づけをしている時に、一般の方から「中継を見て来ました。とてもきれいで思わず来てみたいと思いました。」と声をかけて頂きました。この時のうれしさと達成感はとてもやりがいを感じました。放送を通じて情報だけではなく、楽しさや感動を伝えることができるのがテレビ局の仕事の醍醐味だと思いました。

「仕事をするなら楽しいことがしたい」そうした思いで就職活動を行っていました。幼いころからテレビが好きで、テレビ局のカメラマンもやりたい仕事の一つでした。入社して間もない私がスポーツ中継や競馬中継など重要な仕事を任され、挑戦できるのもテレビ局の仕事の魅力です。困難なこともありますが上司に助けられ少しずつ成長できたと思います。少数精鋭だからこそ自身の成長できる場が多くある職場だと思います。

会社データ

プロフィール

福島テレビは1963年(昭和38年)に福島県初の民間テレビ局として開局。2018年4月開局55周年を迎えました。自社制作番組の「FTVみんなのニュース」(2018年4月〜FTVテレポートプラスに番組名変更)や「サタふく」は地域の情報をわかりやすく伝える番組として視聴者から支持されています。夕方18時台の「FTVみんなのニュース」は福島県内の民間放送4局の中で2017年年間視聴率第1位を獲得しました。
また「東日本女子駅伝」では関東をはじめ東日本の18都道県に実況生中継するなどスポーツ中継にも取り組んでいます。
東日本大震災後は「福島の今」を多くの人に理解してもらうために日々のニュース番組で原子力災害の情報を伝えています。福島テレビには福島の現状を日本に、そして世界に伝えてゆく使命があります。このため震災をテーマにしたドキュメンタリー番組を制作し放送しています。
※福島県初の民間テレビ局 日本民間放送年鑑2017より
※番組平均視聴率 ビデオリサーチ調べ

事業内容

PHOTO

ニュースや情報、イベントなどで地域に貢献する会社です。

民間テレビジョン放送(フジテレビジョン系列地方局)

<自社制作番組>
・「FTVテレポートプラス」は、より早く正確に事件、事故、天気などについて伝えます。
・土曜昼の「サタふく」は、地域の話題や役立つ情報を楽しく伝える情報番組で、1981(昭和56)年から続く長寿番組です。
・ミニ番組「きみこそ明日リート」は、福島県内に住む小中高生アスリートを紹介しています。誰もが知っているスポーツから珍しいスポーツまで、懸命に頑張るアスリート応援番組です。土曜18時25分から放送。
<イベント>
・スポーツイベント「東日本女子駅伝」は福島テレビ最大のイベントで、レースの運営と実況生中継を担当しています。実況生中継番組は東日本の18都道県で放送されます。
・ライブ、芝居、クラッシックなど福島県内ではなかなか見られない文化や芸能を紹介する催事を企画しています。

<CSR事業>
・「FTVジュニアオーケストラ」は、小中高生のオーケストラで、毎年定期コンサートを開いて日頃の練習の成果を発表しています。
本社郵便番号 960-8508
本社所在地 福島県福島市御山町2-5
本社電話番号 024-536-8000
設立 1962(昭和37)年6月1日
資本金 3億5,000万円
従業員 97名(男82名・女15名/2018年4月)
売上高 61億1,000万円(2017年3月期実績)
事業所 本社
〒960-8508 福島市御山町2-5
TEL:024-536-8000(代)

東京支社
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1(新有楽町ビル2階)
TEL:03-3214-5511(代)

大阪支社 
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800(大阪駅前第一ビル8階)
TEL:06-6341-3307(代)

仙台支社 
〒980-0014 仙台市青葉区本町2丁目2-3(鹿島広業ビル3階)
TEL:022-265-8000(代)

郡山総支社 
〒963-8014 郡山市虎丸町2-11(郡山虎丸町第一生命ビル3階)
TEL:024-931-8000(代)

会津若松支社 
〒965-0873 会津若松市追手町4-28(北出丸館2階)
TEL:0242-29-8000(代)

いわき支社 
〒970-8026 いわき市平字大町7-1(平セントラルビル6階)
TEL:0246-22-8000(代)
沿革
  • 1962(昭和37)年
    • 6月 福島テレビ設立
  • 1963(昭和38)年
    • 4月 福島県内初の民間テレビ局として福島テレビが開局
  • 1966(昭和41)年
    • 10月 カラー放送開始
  • 1973(昭和48)年
    • 10月 ワイドニュースの「FTVテレポート」放送開始
  • 1981(昭和56)年
    • 4月 土曜日の情報番組「サタデーふくしま」放送開始
  • 1983(昭和58)年 
    • 10月 フジテレビ系列単一ネット化
  • 1985(昭和60)年 
    • 11月 東日本女子駅伝がスタート
  • 1989(平成元)年
    • 9月 SNG(衛星中継)設備運用開始
  • 1995(平成7)年 
    • 9月 FTV情報センターが完成しニュース情報番組の送出開始
  • 2006(平成18)年 
    • 6月 地上デジタル放送の放送開始
  • 2012(平成24)年
    • 3月 アナログ放送が終了し、完全地上デジタル放送化
  • 2013(平成25)年 
    • 開局50周年で関連イベントなどを開催
  • 2016(平成28)年 
    • 12月 新社屋建設着工
  • 2019(平成31)年
    • 4月 新社屋供用開始予定
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員  12.5%(8名中女性1名)
管理職 13.3%(60名中女性8名)
※2017年度実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒960-8508
福島県福島市御山町2-5
福島テレビ(株)採用担当
TEL:024-536-8043
URL http://www.fukushima-tv.co.jp/
E-mail g-saiyo2019@fukushima-tv.co.jp
交通機関 JR福島駅東口より徒歩約20分
福島交通 市内循環バス 「福島テレビ」下車
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp206684/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
福島テレビ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ