最終更新日:2018/8/10

マイナビ2019

マイナビコード
206838
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ジャコム石川【JA全農グループ】

本社
石川県
資本金
1億円
売上高
158億円(2017年3月)
従業員
社員150名、パート500名
募集人数
6〜10名

〜作る人の真心を食べる人の安心に〜 身近な人への恩返し

地元が好きな皆さんへ。食の安心・安全を地元にお届けしませんか。 (2018/07/25更新)

弊社の採用ページをご覧頂き、ありがとうございます。
ジャコム石川は石川県内のAコープを運営している会社です。

まずは、エントリーお待ちしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
常時20〜30の農家組合員が自家で栽培した野菜や果物を直接持ち込む産直市場は「生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋」というAコープの信念を具現化した売場の一つ。
PHOTO
店舗内はもちろん、バイヤーや本部の社員とも社歴や役職、職種に関係なく意見交換ができる、風通しのいい環境。お客様と良好な関係を構築する基礎にもなっている。

地域に根を張り、人とつながりながら、石川県の暮らしを支える店舗を展開。

PHOTO

インタビューに応えてくれた道口晃成さん。水産課は「町の近江町市場をめざそう」をスローガンに掲げており、お客様からの個別の要望を受け仕入れを行うこともあるという。

全国展開する小売グループで5年間接客の基礎から学び、生まれ育った石川で地域に密着した仕事がしたいと当社に中途入社しました。一人の客として地元のいろいろなスーパーマーケットを回ったとき、和やかでお客様と従業員の距離が近く、自分もここで働きたいと思ったのがAコープでした。

現在は、店舗勤務を経て2年半前から水産課のバイヤーとして全店舗の仕入れを担当しています。魚は相場取引なので、何をいくらでどれくらい仕入れるかの判断はカンと経験がモノを言います。同じ品物でも昨日と今日では価格が大きく違うこともあり、即時完売するヒット商品を生むこともあれば、在庫を抱えることも。しかし、順風満帆ではないのがこの仕事。知恵を絞り、店舗スタッフの力も借りて逆境を乗り越えたときの手応えは想像以上に大きいです。

幸い当社には、例え失敗しても、チャレンジすることやそのプロセスを評価してくれる土壌があります。私も最初は目の前の結果に一喜一憂し、落ち込むこともありましたが、当社で働くうちに、売りたいという気持ちで最大の努力をした結果なら、それをデータとして蓄積し後輩に残すことで、失敗も成功への道しるべになるのだと前向きに考えられるようになり、失敗を恐れず挑めるようになりました。

さらに当社の環境で誇れるのが、社員一人ひとりの適正を見極め、本人の希望に沿ってステップアップさせてくれるところ。実は、以前も私は水産課のバイヤーを3年ほどしていました。そのとき、本部と店舗の連携をより強くスムーズにできないかと考え、両部署を経験した私が橋渡しをするのが一番と、自ら希望して店舗勤務に戻してもらったのです。この人事で、何より私自身の「お客様が求めるものを皆で一丸となって売っていこう」という意識が高まり、そのおかげで入社9年目の今も充実した毎日を送れているのだと思います。

魚や肉などを扱う仕事は、朝が早い、体力的にきついといったイメージを持たれがちですが、当社はコンプライアンス遵守を徹底しており、常に効率的な作業方法を考え実践しています。意欲があって、人と接するのが好きであれば、小売業、とくに農家組合員から一般消費者まで地域で暮らす多くの方々とつながりがあるAコープは、とても魅力的な職場。一緒に店を盛り上げてる仲間が増えることを楽しみにしています。
(道口 晃成/生鮮部 水産課)

会社データ

プロフィール

当社は、全農グループの生活物資を取扱う県域の会社です。業務内容は、農家組合員をはじめ地域の消費者に安全で新鮮な食料品をお届けするAコープ店舗の運営とJA店舗への卸業務を行っています。
Aコープ店舗の特徴を一言で言えば、「生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋」であることを基本に、地場、県内産、国内産主体の品揃えの充実を図るとともに、品質・表示管理の徹底により消費者の安全・安心の要望に応える店舗運営をめざしています。具体的行動は、2006年7月に「生鮮野菜・精肉国産こだわり宣言」を行うとともに生産者直売コーナーの拡充をはかり、JAらしい店舗運営方針を鮮明にしました。

事業内容
1.店舗事業(Aコープ店舗経営)
一人ひとりにきめ細かいサービスを充実させることで、お客様を第一にしたいと考えています。そして直営店・受託店舗の健全運営を図る一方で、JA直営店舗に対しては商品供給と店舗運営指導を行い、石川県全体のAコープグループの本部機能を担っています。
 
2.組織事業(共同購入)
JA全農グループ企業として、県下JAにおける組織購買事業の物流拠点・推進拠点としての機能を担い、JA生活購買事業を支援しています。
本社郵便番号 920-0357
本社所在地 石川県金沢市佐奇森町イ7-1
本社電話番号 076-267-8600
設立 2000年4月
資本金 1億円
従業員 社員150名、パート500名
売上高 158億円(2017年3月)
事業所 【Aコープ直営店舗】
桔梗山代店、山代店、粟津店、今江店、FMA加賀野店、新旭店、安原店、笠舞店、つばた店、北安田店、かほく店、しお店、国府店、蝶屋店、手取店、Aガイヤ店、とぎ店

【Aコープ受託店舗】
富奥店

【その他】
青果センター
関連会社 全国農業協同組合連合会
JA全農グループ企業
沿革
  • 1969年
    • 経済連直営1号店(くみあいマーケット生鮮松任店)オープン。
      経済連100%出資により「アイケー食品(株)」設立。
  • 1973年
    • 石川県Aコープチェーン結成(7店舗)。
  • 1985年
    • 全国AコープチェーンでCI導入。
      これに合わせ「アイケー食品(株)」の社名を「(株)エーコープ石川」に変更。
  • 1998年
    • 商系スーパー4店舗を買収後、桔梗ヶ丘店、今江店、山代店、粟津店としてオープン。
      レギュラー化に向け経済連食品部がJA店舗の運営受託をスタート。
  • 2000年
    • 石川県経済連食品部(チェーン本部)、(株)エーコープ石川(直営店舗)、県下JAのAコープメンバー店舗を集約し、「(株)ジャコム石川」設立。
  • 2001年
    • つばた店、安原店を新規出店。
  • 2004年
    • 県下Aコープ21店舗のうち、17店舗(直営12、受委託5)をレギュラー化。
      白山市北安田地区(千代野隣)に北安田店を新規出店。
  • 2005年
    • 富奥店を受委託店舗に追加
  • 2006年
    • かほく市内日角地区にかほく店を新規出店
  • 2007年
    • 白山市吉野地区に手取店を新規出店
  • 2015年
    • 金沢百番街100番マート内に「Aガイヤ店」を出店
月平均所定外労働時間(前年度実績) 28時間(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒920-0357 石川県金沢市佐奇森町イ7-1
(株)ジャコム石川  総務部総務課 河合
TEL:076-267-8600
URL http://jacom-ishikawa.acoop.jp/
E-mail kawai@jacom-ishikawa.co.jp
交通機関 【バス】
北鉄バス「52示野行」または「56西部緑地公園行」にて
「済生会病院」下車、徒歩5分
※車でお越しの方は、当社正面駐車場利用可
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp206838/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ジャコム石川【JA全農グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ジャコム石川【JA全農グループ】と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ