最終更新日:2018/8/2

マイナビ2019

マイナビコード
207036
  • 正社員

極東高分子(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
北海道
資本金
1億6,500万円
売上高
72億4,100万円
従業員
290名
募集人数
6〜10名

包装資材の総合メーカーとしての誇りを持ち、お客様より一歩先行く提案を。           2017年12月、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選任されました!!!

■□■ 2019年3月卒の募集は終了致しました ■□■ (2018/08/02更新)

こんにちは。極東高分子(株)採用担当の松田です!
当社ページをご覧いただき、ありがとうございます♪

7月を持ちまして、19卒の採用を終了させて頂きました。


また、質問等ございましたら
下記連絡先にてご対応致しますので気軽に連絡下さい♪
【採用担当 松田:matsuda@kyokutou.co.jp】

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
グラフィック課の野村渉さん。印刷の原版をつくる仕事を担当しています。シリンダーを研磨したり、メッキをしたり、意外と手作業が多く、高度な技術が求められます。
PHOTO
営業二部で外勤営業を担当する木村法子さん(右)と、営業一部で内勤営業を受け持つ遠藤葵さん(左)。配属の部署は違っても、同期の仲間は励まし合える心強い存在です。

商品の「顔」をつくる、やりがいのある仕事です。

PHOTO

「極東高分子」という社名は難しそうなイメージがありますが、若い世代が多いので、ざっくばらんに話しやすい雰囲気。どの部署も忙しく、活気あふれる職場です。

私の通っていた大学生協のショッピング袋をうちの会社でつくっていたことを、入社してから知りました。一般的なメーカーと違って、うちの製品は消費者には分かりづらいですが、これも「ものづくり」のひとつ。働き始めて「この包材も極東高分子でつくっていたんだ」という発見がたくさんありました。いまは印刷の版をつくる仕事を担当していますが、関わったパッケージの商品を売り場で見かけるのは、やはりうれしいですね。私の部署は若い人が多いので、ひとつの課題をみんなで考え対処していくような雰囲気も、働きやすいと感じています。さらに製版に関する知識を深めて、突発的なトラブルにも対処できるような存在になりたいです。
グラフィック課 野村渉さん(室蘭工業大学工学部卒業/2017年入社)

島根県の出身ですが、北海道で暮らしてみたくて思い切って就職を決めました。いまは上司の営業に同行しながら、お客様との打ち合わせや見積もりなどを学んでいます。たとえば新商品を入れる袋の製作を依頼された場合、サイズや、色、素材、価格、デザイン……と、確認することがいっぱい。お客様も食品会社から包装資材の商社まで幅広いので、広範な知識が必要です。営業の仕事はお客様と生産部(工場)の橋渡しなので、気をつけているのは、相手の言っていることを正確に理解できているかを確認すること。なるべく行ったり来たりのムダがないように心掛けています。早く仕事を覚えて、一人で営業に出るのが目標です。
営業二部販売課 木村法子さん(埼玉大学経済学部卒業/2017年入社)

ものづくりに興味があり、包材を通していろんな分野のものづくりに関われる極東高分子を志望しました。いまは電話やメールで注文を受け、生産部に引き継ぐ内勤営業を担当しています。お客様が納期を急いでいるときは、生産部や業務部とスケジュールを調整。なんとか要望に応えてお礼を言われたりすると、やりがいを感じますね。反対に、しっかり確認せずに注文を受けてしまうと、期日までに間に合わず責任重大。常に正確な情報を伝えるよう心掛けています。注文書の中には初めて見る会社名や商品名もあるんですが、その商品が実際に店頭に並んでいるのを偶然見つけると「うちの包材がこんなところにも」と、びっくりすることがありますよ。
営業一部販売課 遠藤葵さん(北見工業大学工学部卒業/2017年入社)

会社データ

プロフィール

極東高分子(株)は、包装材の総合メーカーです。内外装一貫の製造販売をしています。"私たちは地球環境との調和につとめ、お客様の視点に立った品質と技術を提供し、人びととの「豊かさ」と「安全」に貢献します。"という企業理念を掲げ、心身共に健康で働けるよう、食堂を完備するなど福利厚生も充実させています。

事業内容

PHOTO

ポリエチレン、ラミネート、プラスチック成形品、段ボール、紙器までトータルなパッケージを提供いたします。

ひとつの商品を包装するための企画、デザインから、個装、内装、外装、段ボールまで総てのご相談をお受けします。包装資材の総合メーカーとして、幅広い製品(ポリエチレン製品、ラミネート製品、成形品、段ボール製品、紙器製品)を製造し、それぞれの特性を生かした複合化を図れる点が最大の強みです。

お客様の新商品の開発においては、その商品の特性を把握・分析し、パッケージの資材やデザインに関する複合的な提案を行っております。
本社郵便番号 047-0261
本社所在地 北海道小樽市銭函2丁目56番1号
本社電話番号 0134-62-2111
創業 1965年9月1日
資本金 1億6,500万円
従業員 290名
売上高 72億4,100万円
事業所 本社
所在地 〒047-0261 小樽市銭函2丁目56-1
電話:0134-62-2111 / FAX:0134-62-4390

網走営業所
所在地 〒093-0003 網走市南3条東2丁目1-1
電話:0152-67-7210 / FAX:0152-67-7721

函館営業所
所在地 〒040-0041 函館市栄町6-1
電話:0138-23-5351 / FAX:0138-23-5378

東京営業所
所在地 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-8 OPビル
電話:03-3259-5110 / FAX:03-3259-5003
主な取引先 【主要納入先】        【主要仕入先】
王子ネピア(株)        旭化成ケミカルズ(株)
クレードル食品(株)      王子コンテナー(株)
士幌町農業協同組合      興人フィルム&ケミカルズ(株)
新生紙パルプ商事(株)     合同容器(株)
大丸(株)           新生紙パルプ商事(株)
田辺商事(株)         東洋インキ北海道(株)
テーブルマーク(株)      東洋紡績(株)
(株)北海道新聞社       (株)プライムポリマー
北海道中央食糧(株)      北海道森紙業(株)
和弘食品(株)         三井化学東セロ(株)
ほか             ユニチカ(株)
               ほか
沿革
  • 1965年 9月
    • 札幌市西区琴似に極東樹脂加工(株) 設立
  • 1968年 5月
    • 北海道高分子化学(株)を合併。現社名に変更し本社を小樽市銭函に移転
  • 1968年 8月
    • ポリエチレン工場を新設し、琴似より工場を移転
  • 1973年10月
    • 極東パック(株) 設立 (小樽市銭函)
  • 1974年10月
    • 本社事務所 新設
  • 1978年 1月
    • 東京営業所 開設
  • 1980年 9月
    • 函館営業所 開設
  • 1981年 8月
    • ポリエチレン印刷工場 新設
  • 1983年11月
    • インフレーション工場 新設
  • 1984年 7月
    • 衛生工場に認定、千歳市に工場用地取得
  • 1985年 4月
    • 極東パック(株)を合併。網走営業所 開設
  • 1986年 2月
    • ラミネート工場 新設
  • 1995年 9月
    • 企画デザイン室 開設
  • 2000年 3月
    • グラフィックセンター 新設
  • 2001年 6月
    • ISO9001の認証を取得
  • 2003年11月
    • 社員食堂 "ラウンジひまわり" 新設
  • 2010年 9月 
    • グリーンプリンティング工場に認定
  • 2013年 4月
    • ラミネート製袋工場 新設
  • 2015年10月
    • 紙器工場 新設
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年度平均有給休暇取得日数: 4日 / 人

採用データ

先輩情報

みんなの生活を支える、縁の下の力もちです!
高橋 実里
2016年入社
24歳
札幌大学
文化学部 文化学科 卒業
営業部 三課
新規商品の提案等

問い合わせ先

問い合わせ先 〒047-0261
北海道小樽市銭函2丁目56番1号
極東高分子(株) 経理部 松田 
TEL:0134-62-2115
URL http://kyokutou-koubunshi.jp/recruit/recruitment/
E-mail matsuda@kyokutou.co.jp
交通機関 鉄道:JR函館本線「銭函駅」より徒歩15分
バス:「御膳水停留所」「札樽病院前」停留所より徒歩5分
自動車可
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp207036/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
極東高分子(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ