最終更新日:2018/8/27

マイナビ2019

マイナビコード
207773
  • 正社員

公益財団法人東京YMCA

本社
東京都
基本財産
1億円
収支予算額
32億円(2017年3月末)
職員数
正職員 190名 常勤講師 138名 非常勤講師 229名 (2017年4月)
募集人数
16〜20名

私たち東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。

【公益財団法人東京YMCA】2019年度 正職員 エントリー受付中!! (2018/03/03更新)

公益財団法人東京YMCA採用担当です。

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。
2019年度卒の新卒採用を開始いたしました。

1880年に日本で初めて設立されたのが「東京YMCA]です。職業教育、語学教育、健康教育、野外教育、保育事業、国際交流活動など幅広い事業を展開しています。

一緒に学び、成長しながら、YMCAの精神をつなげていく仲間を募集します。

まずは、「エントリー」からご登録下さい。子ども達の成長を願う、一人でも多くの子ども達に豊かな経験の機会をご自身で提供したいと望む方々のエントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
あなたが、したい何かを「みつける」ために。
PHOTO
あなたが、「つながりたい」誰かを探すために。

PHOTO

1880年(明治13年)に日本で初めて設立されたのが「東京YMCA」です。設立以来、語学教育や職業教育、健康教育、野外教育、保育事業、国際交流活動など幅広い事業を展開しています。いつの時代も、社会から必要とされる様々な課題を見出し、先駆的な活動を作り出してきました。日本で最初の屋内プール、日本初のホテル専門学校、日本初の社会体育専門学校。90年の歴史を超える野外教育施設。また、その為に次代を担う若者の育成や、グローバルな志を持ってローカルでアクションを起こす「地球市民」の育成に力を注いでいます。東京YMCAの目指す、公正で平和な社会が実現するように、思いを同じにする人達と連携し、一緒に働く仲間の輪を広げていきたいと願っています。

会社データ

プロフィール

YMCAは、1844年にイギリス、ロンドンで誕生しました。産業革命が進む中、青年を取り巻く環境が悪化し、青少年は疲弊していました。その時、ジョージ・ウィリアムズ(George Williams 1821〜1905)が12名の仲間を集め、同世代の人格的成長や生活改善を願ってYMCAを組織したのです20代前半の青年たち自身の青年運動から始まりました。青年たちのための図書館を開設し、講演会を行い、運動を展開しました。この運動はたちまち世界中に広がりました。1855年に第1回世界YMCA大会がパリで開催されました。ちなみに、その大会のスイスYMCA代表のひとりが、赤十字創立者のアンリ・デュナンでした。この大会を経て世界YMCA同盟が結成されていきます。
YMCA運動は、北米へ渡り、新たな展開を見せます。青少年教育においては、人間の精神、知性、身体そして社会性の調和のとれた成長が大切であるとするFour-fold programが基盤に据えられ、体育活動、野外活動、グループワークなどの社会教育、社会体育の分野のプログラムが展開されました。その中で、バスケットボール、バレーボールが生み出され、グループワークを主体にした組織キャンプが展開されたのです。
現在は、国際青少年団体として世界の119の国と地域に組織され、5,800万人が活動しています。
アジア・太平洋YMCA同盟(香港)と世界YMCA同盟(スイス、ジュネーヴ)に日本のYMCAは属しています。

※東京YMCAの詳細に関しては、当該HPをご覧下さい。
http://tokyo.ymca.or.jp/

事業内容
東京YMCAは、「青年」という言葉を生み出し、「たくましい子どもたち、家族の強い絆、支え合う地域社会」を築くための運動を展開する公益団体です。国内協力、国際協力を進めるとともに、各国YMCA同盟で組織する世界YMCA同盟を通して世界規模の運動を進めています。

■国際協力
■障がい児・者プログラム
■キャンプ
■オープンスペース
■専門学校
■インターナショナルスクール
■野外教育宿泊施設・キャンプ場
■ボランティア
■チャイルドケア(幼児教育)
■ウエルネス(健康教育)
■語学教育
■生涯教育
■チャリティー・社会貢献
本部事務局郵便番号 169-0051
本部事務局所在地 東京都新宿区西早稲田2-3-18 日本キリスト教会館6階
本部事務局電話番号 03-6302-1960
設立 1880年(明治13年)
基本財産 1億円
職員数 正職員 190名
常勤講師 138名
非常勤講師 229名
(2017年4月)
収支予算額 32億円(2017年3月末)
事業所 江東コミュニティーセンター(江東区)
山手コミュニティーセンター(新宿区)
南コミュニティーセンター(世田谷区)
西東京コミュニティーセンター(国立市)
東雲コミュニティーセンター(江東区)
東陽町コミュニティーセンター・ウエルネス東陽町(江東区)
新しいオープンスペース"liby" (杉並区)

国際ホテル専門学校(新宿区)
社会体育・保育専門学校(江東区)
高等学院(新宿区)
にほんご学院(江東区)
東陽町語学教育センター(江東区)
インターナショナルスクールTYIS(江東区)

山中湖センター(山梨県)
妙高高原ロッジ(新潟県)
野尻キャンプ(長野県)

チャイルドケアセンター(世田谷区)
YMCAキャナルコート保育園(江東区)
東雲ファミリーセンター(江東区) 
YMCAオリーブ保育園(江東区)
江東区東雲児童館・学童クラブ(江東区)
江東区東雲第二学童クラブ(江東区)
江東区東雲第三学童クラブ(江東区)
港区立芝浦アイランドこども園(港区)
港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ(港区)
港区芝浦学童クラブ(港区)

グランチャ東雲(江東区児童・高齢者総合施設)(江東区)

国際協力部(新宿区)
会員部/賛助会(新宿区)
本部事務局(新宿区)
関連団体 公益財団法人日本YMCA同盟
アジア太平洋YMCA同盟
世界YMCA同盟
沿革
  • 1880年
    • 青年牧師等有志により日本で最初のYMCAとして誕生(発会式5月8日)、YMCAの「Young」の訳語として、「青年」という言葉を示し、広まった
  • 1889年
    • 「青年会演説集」を発刊。北米YMCA海外派遣主事第1号、J.T.スウィフトが着任、主事の育成等に尽力
  • 1890年
    • 英語夜学校開校
  • 1894年
    • 「神田の青年会館」として親しまれた赤煉瓦の会館を建設
  • 1902年
    • 日本初の国際大会「万国学生基督教青年会大会」を会館にて開催
  • 1903年
    • 財団法人格を取得。初代理事長は三好退蔵(最高裁長官)であった
  • 1909年
    • 北米YMCAで誕生したバスケットボール・バレーボールを紹介・普及に努めた
  • 1917年
    • 日本初の室内温水プールを備えた総合体育館が完成、クロール泳法を日本に広める。オリンピック選手も練習
  • 1923年
    • 全人教育の視点より、少年部プログラムを開始。第1回バスケットボール大会開催。第1回室内陸上競技会開催。関東大震災救援活動開始
  • 1930年
    • 創立50周年祝賀会、日比谷公会堂にて開催
  • 1931年
    • 山中キャンプにて「第1回家族キャンプ」を開催
  • 1932年
    • 野尻キャンプにて長期少年キャンプ「第1回野尻学荘」が始まる
  • 1935年
    • 東京オリンピック(1940年開催予定、戦争で中止)に備えてホテル学校開校
  • 1946年
    • 齊藤惣一元総主事、引揚援護庁長官となる
  • 1950年
    • 創立70周年を機に、江東、山手、武蔵野、世田谷、と次々にブランチを開設、また全国のYMCAとの連携を進め、特に首都圏にYMCA開設を促し、職員を派遣して支援を重ねる
  • 1958年
    • 第1回「手足の不自由な子どものキャンプ」開催
  • 1966年
    • 第1回「肢体不自由児蔵王雪上教室」を開催
  • 1970年
    • 東京YMCA賛助会発足
  • 1980年
    • 創立100周年記念式典にて谷垣専一文部大臣が祝辞を述べた。社会体育専門学校開校
  • 2003年
    • 本部機能を江東区東陽町に移転 キャナルコート保育園開演
  • 2005年
    • 創立125周年(記念感謝礼拝:霊南坂教会) オリーブ保育園開演
  • 2007年
    • 芝浦アイランドこども園・児童高齢者交流プラザ運営開始
  • 2008年
    • 東雲児童館・学童クラブ運営開始
  • 2011年
    • 公益法人制度改革により認定を受け「公益財団法人東京YMCA」になる
      東日本大震災復興支援活動のため「YMCA石巻支援センター」を設置
      グランチャ東雲運営開始
  • 2018年
    • 新宿区西早稲田に本部事務局を移転
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2015年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒135-0016
住所 東京都新宿区西早稲田2-3-18 日本キリスト教会館6階
部署 総務部・人事労務部
TEL:03-6302-1960
URL http://tokyo.ymca.or.jp/
E-mail saiyo@tokyoymca.org
交通機関 東京メトロ東西線「早稲田駅」下車徒歩5分
東京メトロ副都心線「西早稲田駅」下車徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp207773/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
公益財団法人東京YMCAと業種や本社が同じ企業を探す。
公益財団法人東京YMCA を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ