マイナビ2019

マイナビコード
208053

(株)野田クレーン

本社
岐阜県
資本金
4,800万円
売上高
22億0,000万円(2016年8月実績)
従業員
125名

次の時代へと希望の橋を架ける!クレーンリース業から橋梁工事、さらに新技術を開発して海外へ展開…と、独自性を発揮して“オンリーワン”を目指す会社です。

会社紹介記事

PHOTO
高速道路や新幹線ほかさまざまな橋梁架設工事の現場で、当社保有の大型重機や当社が開発した特殊資材が活躍しています。
PHOTO
「独自の開発品がある」「他にない大型トレーラーを運転できる」など、“オンリーワン”の魅力に惹かれた若い社員たちが活躍中です。

築き上げた技術力をベースに、独創性豊かな開発で成長を続けています!

PHOTO

野田クレーンってどんな会社?とたずねると「言ってみれば、変な会社(笑)。他社がやっていない面白いことをみんなでやろうよ!という気概に満ちた社風です」とのこと。

「野田クレーン」の呼び名で、業界では知られた存在である当社。橋梁架設で強みを発揮しており、大型重機もとより運搬、架設、資材、施工管理、企画計画に至るまで、お客様のニーズに合わせて各種対応が可能です。第二名神や新東名などの高速道路や新幹線ほかの大規模プロジェクトで、当社は橋梁工事現場や大型建設などに長年にわたって関わってきました。蓄積した技術やノウハウを基に、本社のある東海エリアのみならず関西、関東、北陸ほか全国の工事現場で活躍しています。さらに近年では、韓国の企業と技術提携し、鉄道工事等で当社技術が活かされています。

既に敷設された鉄道の改修現場では、周囲の環境もあって大型機材を入れた大規模工事が難しいケースがあります。こうした現場で用いられるのが、当社独自の架設機工法。これは、当社が橋梁の架設現場でのノウハウを基に開発した特許技術です。当社では従来の工法・機材の改良や新技術の開発にも力を注いでいるのです。他社がやらない、できないことをやる。「ナンバーワンよりオンリーワン」を目指す会社です。
私はもともと文系出身ですが、当社で数々の現場を経験して機材に触れ、さらにお客様の声をお聞きする中で鉄道現場での新技術を開発し、特許を取得しました。柔軟な発想力で多彩なチャレンジができるのも当社の魅力です。

韓国や東南アジアへの進出が見込まれている当社。しかし、当社の仕事で必要なのは、語学力よりも元気とやる気、好奇心と前向きな姿勢だと考えています。もともと当社では、ヨーロッパ研修をかねて世界最大のドイツBAUMA国際建設機械見本市に現場代表チームが赴き、最新の機材買い付けなどを行ってきた歴史があります。積極的にどこにでも行き、何にでもチャレンジする…そんな、良い意味での軽やかさを備えた人材との出会いに期待しています!
《執行役員/安田宏司》

会社データ

正式社名 (株)野田クレーン【旧社名:(株)野田自動車工業所】
正式社名フリガナ ノダクレーン ノダジドウシャコウギョウショ 
事業内容

PHOTO

私たちしか出来ないオンリーワンの仕事を目指しています。

PC橋 ・ 鋼橋 の 架設・撤去 施工一式
重量物 機械装置の据付撤去
クレーン作業 付帯する一式工事
資機材のレンタル・リース
一般貨物運送事業 (長尺・重量物・要相談)
シニアマンションの運営
その他
本社郵便番号 503-2214
本社所在地 岐阜県大垣市赤坂新田3-16-1
本社電話番号 0584-91-9000
創業 1945年9月
設立 1966年9月
資本金 4,800万円
従業員 125名
売上高 22億0,000万円(2016年8月実績)
事業所 【本社】
〒503-2214
岐阜県大垣市赤坂新田3-16-1

【東京支店】
〒105-0013
東京都港区浜松町1-16-3杉崎ビル3F
主な取引先 鹿島建設(株)、(株)大林組、大成建設(株)、三井住友建設(株)、(株)IHIインフラ建設、ドーピー建設工業(株)、(株)日本ピーエス、(株)ピーエス三菱、昭和コンクリート工業(株)、瀧上工業(株) 他
関連会社 (株)クレーンタル野田、(株)野田エンジニアリング、(株)エヌ・オー・ディー、(株)大垣ケーブルテレビ
平均年齢 約41.5歳
沿革
  • 1947年
    • 個人創業  自動車修理業  木炭自動車の販売。
  • 1960年
    • タダノ鉄工社製 7t吊りクレーン導入。
  • 1966年
    • 株式会社となる。
  • 1973年
    • 一般区域貨物運送業認可。
  • 1986年
    • LIEBHERR360t吊りを国内初導入。
  • 1989年
    • 電動横取機(マイティービートル)開発。本社営業所を現在地に移転。
  • 1992年
    • クレーンタル野田を分社化
  • 1995年
    • 2000tジャッキアップ装置 BC&BM装置開発。
  • 1997年
    • タダノ社製550t吊りオールテレーンクレーン 1号機と4号機を導入。
  • 2000年
    • PC床版架設機1号機の開発。第二東名豊田JCTにて。
  • 2007年
    • 関東支店(現東京支店開設)
  • 2016年
    • 創業71年 創立50周年を迎える。
      社名変更 「(株)野田クレーン」
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.85日(2016年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)野田クレーンと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)野田クレーン を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ