最終更新日:2018/5/30

マイナビ2019

マイナビコード
208578
  • 正社員
  • 既卒可

医療法人 桐葉会

本社
大阪府
資本金
2,400万円
売上高
32億8,400万円(2014年3月実績)
従業員
410名
募集人数
16〜20名

慈愛と奉仕の精神で…地域社会に貢献を

地域の医療・介護・福祉を支える中核的存在として活躍しませんか? (2018/03/01更新)

桐葉会では、その理念として、「慈愛と奉仕の精神で医療と福祉を行い地域社会に貢献する」ことを掲げており、それを実現する為、「医療・介護・福祉の現場を担うスタッフの継続的な人材育成を行い、徹底した安全管理と情報開示による透明性の高い運営で、患者様や利用者様の満足度向上を図ってまいる」ことを基本の方針としています。
限られたスペースで、全てをお伝えするのは困難ですが、あなたも桐葉会の一員として、地域の医療・介護・福祉を支える中核的存在として活躍しませんか?

会社紹介記事

PHOTO
医師や看護師、コメディカルスタッフが密に連携し、地域の医療・福祉を支えているんです。あと、各施設共に病院に隣接しているのでとても安心です!
PHOTO
大都会のど真ん中、2014年4月に開院した、心療内科 中之島フェスティバルタワー・さくらクリニックは15Fに位置します。ホント見晴らし最高です!

心にゆとりを!そして最高の医療・介護・福祉サービスを!

前述のとおり、桐葉会では、その理念として、「慈愛と奉仕の精神で医療と福祉を行い地域社会に貢献する」ことを掲げております。
どうでしょうか?これだけ聞くとイメージ的には少し「お固い」ように聞こえるかもしれませんね。

しかしながら、桐葉会では、それらを実践するための原動力が何であるかを真剣に考えており、その答えは、働く職員一人ひとりが心にゆとりを持ち、家族を大事にし、それらが担保された職業生活を送れることへの気遣いであると考えています。なぜなら、医療や介護を提供する側に心のゆとりがなければ、よりよいサービスを提供することなど決してできない、結果、その理念および方針等、到底達成できるわけがないと考えているからです。

それではどのような取組や実態があるのか?一例をご紹介します。
まず、職員の心のゆとりを考える際、重要なファクターになるのが、休日の確保です。法人全体としては、有給休暇やリフレッシュ休暇(年7日)の取得率が95%以上、所属によっては100%を達成しています。また、育児・介護休業に関しても、最近では取得後の復帰率は100%に近い状況で、復帰後の働き方も含めて、共働き世帯等を応援しています。
また、ソフトボール、サッカー、映画鑑賞、大衆演劇鑑賞、バス釣り、小旅行の会、B級グルメの会等、クラブ活動も非常に盛ん。というのも、誰でも10人集まれば、自分達で好きなクラブが作れ、部員には互助会から補助金が支給されます。普段顔を合わせない職員たちの交流の場として利用されているんです。
その他、和洋中の旬の料理が楽しめるダイニングルームやCAFEがあり、お弁当を持参するもよし、売店でパンやお弁当を買うもよし、ダイニングルームやCAFEを利用するもよし、休憩時間の心のゆとりも確保しています。

限定的な紹介ではありますが、そんな取組もあり、離職率は低く、過去に辞めた職員が戻って来てくれることもあります。

会社データ

プロフィール

私たちは、1963年8月の開院以来、これまで半世紀以上にわたり、病院や診療所を通じて、『こころのケア』を行ってまいりました。
木島病院の創設は、日本が高度成長へと突入し、精神科病院が増設された時期でもありました。その後、様々な変遷を経て、現在の形となったわけですが、半世紀の経過とともに、精神科医療も「入院中心から地域へと、精神障害者が地域で暮らしていける社会を作ろう」と変わりつつあり、一方では、超少子高齢化が進む中、我が国の社会保障制度も根幹から揺らごうとしている時代でもあります。一見して厳しい状況下ではあるものの、職員同士が一致団結をし、新しいフェーズに対応できる組織をこれからも作り上げていきたいと考えています。

近時の取組として、2008年6月には、貝塚市内において、心療内科『さくらクリニック』を開院し、さらに、2014年4月には大阪市北区において『中之島フェスティバルタワー・さくらクリニック』を開院するに至りました。ここでは「うつ病やストレス関連疾患」「メンタル不調」に陥った会社で働くビジネスマンやOLの方のメンタルケアをサポートし、薬物療法のほか、認知行動療法を用いた復職支援や職場復帰プログラム(リワークプログラム)をデイケアで展開しています。
新しい時代に何が必要か?そのニーズに即応し前に進める推進力が桐葉会にはあるのです。

事業内容

PHOTO

地域に根ざした医療・介護・福祉サービスを展開する桐葉会で、心のエキスパートを目指して、一緒に頑張りましょう!

◇病院の運営
公益財団法人 日本医療機能評価機構認定病院/協力型臨床研修病院/大阪府応急入院指定病院/鑑定入院指定病院/大阪府指定病院/救急告示病院/大阪府精神科救急医療体制参画病院
・精神科急性期治療病棟(50床)・精神療養病棟(336床)
・認知症治療病棟(60床)・精神科一般病棟(46床)
全病床数492床
◇介護老人保健施設の運営
介護老人保健施設指定/短期入所療養介護指定/介護予防短期入所療養介護指定/通所リハビリテーション指定/介護予防通所リハビリテーション指定/被爆者一般疾病医療機関指定/生活保護による介護医療機関の指定
入所定員90名(通所定員10床)
◇認知症グループホームの運営
◇社会復帰(生活訓練・就業継続支援)施設の運営
◇心療内科クリニックの運営
◇精神障がい者地域生活援助事業
◇指定居宅訪問事業
◇その他
本社郵便番号 597-0044
本社所在地 大阪府貝塚市森892番地
本社電話番号 072-446-1501
設立 1963年8月
資本金 2,400万円
従業員 410名
売上高 32億8,400万円(2014年3月実績)
事業所 ■木島病院:1963年8月1日開設
−急性期〜社会復帰支援までトータルな精神医療をご提供しています−
【診療科目】精神科・神経科・内科・歯科
◇病床数492床
■介護老人保健施設 コスモ楽寿苑:1991年3月1日開設
−三大介助にとどまらず、利用者様の自立を目指した支援を行っています−
◇入所定員90床(通所定員10床)
■高齢者グループホーム コスモスガーデン:2000年9月1日開設
−利用者様が自分らしく生きる環境をご提供しています− 
◇入所定員18名(1ユニット9名×2)
■宿泊型自立訓練 コミュニティ・プラザ:1991年4月1日開設
−生活技術や対人関係構築等、共同生活の中で身につけることを目指します−
◇利用定員20名
■就労継続支援B型 コミュニティ・プラザ:1992年4月1日開設
−就労の為の訓練を行い、社会復帰を目指します−  
◇利用定員20名
■精神科グループホーム コミュニティ・アクア:2000年10月1日開設
−共同生活から、自立した生活が行えることを目指す支援施設です−  
◇利用定員24名
■訪問看護ステーション あおぞら:2000年10月1日開設
−病院退院後も引き続きケアをするための施設です−
■心療内科さくらクリニック:2008年6月1日開設
−休職者対象のリワーク(復職)支援専門プログラムを有するクリニックです−
【診療科目】心療内科・内科・神経内科・神経科・精神科
■心療内科中之島フェスティバルタワーさくらクリニック:2014年4月1日開設
−休職者対象のリワーク(復職)支援専門プログラムを有するクリニックです−
【診療科目】心療内科・内科・神経内科・神経科・精神科
関連会社 ■特別養護老人ホーム 貝塚誠心園 
■高齢者地域福祉施設 きしまの里
沿革
  • 1963年8月
    • 木島病院開設(大阪府貝塚市森892番地)病床数44床
  • 1971年1月
    • 医療法人桐葉会設立
  • 1982年8月
    • 木島病院 病棟増築 病床492床 
  • 1991年3月
    • 介護老人保健施設 コスモス楽寿苑開設
      http://www.kijima.or.jp/rakujuen/
  • 1992年3月
    • 就労継続支援B型事業所 コミュニティ・プラザ開設
  • 1997年2月
    • メイプル保育園開設
  • 1999年8月
    • 日本医療機能評価認定取得
  • 1999年9月
    • 新本館病棟完成
  • 2000年9月
    • 高齢者グループホーム コスモスガーデン開設
      http://www.kijima.or.jp/garden/
  • 2000年10月
    • 訪問看護ステーション あおぞら開設
      精神科グループホーム コミュニティ・アクア開設
  • 2008年6月
    • 心療内科 さくらクリニック開院
      http://www.sakura-cl.net/
  • 2014年4月
    • 心療内科 中之島フェスティバルタワー・さくらクリニック開院
      http://nakanoshima.sakura-cl.net/
平均勤続勤務年数 10.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 0.4時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14.6日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 11名(うち女性5名、男性6名 2015年実績)
前年度の育児休業取得者数 5名(うち女性5名、男性0名 2015年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員のうち45.5%、管理職のうち28.0%が女性(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 医療法人桐葉会 総務グループ
TEL:072-446-1501
採用担当 安野(アンノ)まで
URL http://www.kijima.or.jp/
E-mail jinji@kijima.or.jp
交通機関 南海本線「貝塚駅」乗り換え、水間鉄道「森駅」下車徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp208578/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
医療法人 桐葉会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ