最終更新日:2018/5/9

マイナビ2019

マイナビコード
210578
  • 正社員
  • 既卒可

(株)駿河屋魚一【フレッシュフーズ駿河屋】

本社
岐阜県
資本金
4,800万円
売上高
80億円(2017年4月実績)
従業員
292名(2017年2月)
募集人数
1〜5名

飛騨高山の食文化の継承発展を見つめて83年。地域貢献を第一に考え。幸せ作りクリエイターに挑戦しませんか?

採用担当者からの伝言板【創業83年飛騨・高山のスーパーマーケット】 (2018/05/04更新)

(株)駿河屋魚一 採用担当です。

弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

弊社も5月より会社説明会を高山本社にて開催しております。

詳細は、下記にてご案内いたします。

      記

会社説明会・見学会
日時:随時(希望日の一週間以上前に申し込みください)13時より
場所:岐阜県高山市岡本町2丁目45番地1 駿河屋本部
アクセス:JR高山線「高山」駅下車徒歩8分

*セミナー受付より申込ください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

会社紹介記事

PHOTO
駿河屋は、飛騨高山エリアで全5店舗展開。他に業務用卸部門や加工部門などを持つ、食の総合企業です。地域の人に愛され続けています。
PHOTO
スタッフ間のコミュニケーションも活発で、管理職との距離感が近いのも働きやすさにつながっています。意見や提案はいつでもウエルカムです!

地域のお客様に喜んでいただける「食」を提供するためにあらゆる可能性にチャレンジ!

PHOTO

これからの飛騨高山の食のあり方を発信していきます。挑戦したいこと、新しいアイデア、何でも話してください。カタチにしていきましょう!(代表取締役社長 溝際清太郎)

◆創業者の心意気を今に受け継ぐ
創業83年。創業者である祖父の、静岡での丁稚奉公先が魚屋でした。高山に戻った祖父が「地元では手に入らない鮮度のいい魚を、この地域の人に食べてもらいたい!」という思いで設立したのが当社の始まりです。「駿河屋魚一」という社名は、創業者のこうした思いを大切に引き継いでいます。
もともと高山の食文化を大事に考えていた祖父が、最初に手がけた自社商品が「汐ブリ」です。昔から大晦日に「お年取り」として自宅で汐ブリを食べる習慣があったこの地方。祖父は、未だに門外不出の方法で仕込む「汐ブリ」を90歳になるまで自ら仕込みを担当し、当社でしか買えない商品を完成させました。そして今でも高山の人には欠かせない商品として、70年以上もの間愛され続けています。

◆まったく新しいスーパーとしてチャレンジしていく
1.豊かな食文化の維持、発展に貢献する
2.持続可能な地域づくりを目指す
この2本の柱を軸に、事業展開を考えています。
まずは、創業以来の理念のひとつでもある「たった一人の、目の前のお客様に、最高の満足を与えられる商品を提供する」ことを何よりも大切にし、その上でこの地域の食文化を守っていくために出来ることを考えています。例えば、食文化の交流という意味で、2015年11月には「フレッシュラボ」と名付けたコミュニティスペースを店舗内に設置。料理教室をはじめ、さまざまなイベントを通じて、地域と食とものづくりをつなげる「場」としています。単に商品を売り買いするだけではなく、生産者とメーカーと消費者をつなげる場こそがスーパーだと考えています。
さらに、地元の農家や学生らとコラボして、農作物の有機栽培を手がけ、お客様と一緒に野菜作りをできる場を提供。農家の人出不足の解消にもつながっています。こうした「モノづくり」から「文化づくり」さらに「ひとづくり」へとつなげていきたいという思いをベースに、これから先、私たちにしかできない唯一無二のスーパーを目指していきます。

◆飛騨高山が好き!食が好き!な方と共に
既成概念に捉われることなく、これからの飛騨高山の食文化について、さらにはまちづくりについて皆さんと共に考え、実行していきたいと思っています。まだ私も30代!皆さんのパワーには負けません!皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

会社データ

プロフィール

 弊社は飛騨高山の地で創業83年、食の分野でお客様に貢献すべく、高山市内に4店舗、飛騨市に1店舗のスーパーマーケットを展開しています。
また、飲食業、旅館、ホテルなどに食材をお届けする高山生鮮事業部、病院、介護施設などに食材をお届けする駿河屋外商部といった卸事業、さらにはラーメン、手作り惣菜など製造する飛騨食産(株)もグループ企業として運営しています。
「BIGカンパニーよりもBESTカンパニーを目指す」会社で、会社を大きくする事よりも、地域のお客様、働く従業員、お取引先様に喜んでいただけること、地域の皆様の「幸せづくり」に貢献することを目標にしています。
そのために求められる基本精神は「正直・誠実・着実」
さらなるお客様のご満足、豊かな食文化、地域の活性化のために挑戦を続けます。(宅配サービス、フレッシュラボなど)
求める人材は多種多様、あなたの長所、得意分野を生かしていただけるステージが駿河屋にはあると信じています。

事業内容
高山4店舗、飛騨1店舗スーパーマケット運営
卸売事業、宅配事業
本社郵便番号 506-0054
本社所在地 岐阜県高山市岡本町2丁目45番地1
本社電話番号 0577-34-5111
創業 1933年(昭和8年)
設立 1965年(昭和40年)
資本金 4,800万円
従業員 292名(2017年2月)
売上高 80億円(2017年4月実績)
事業所 本町店(高山市本町2丁目13番地)
アスモ店・本部(高山市岡本町2丁目45番地1)
エブリフレスポ店(高山市天満町1丁目4番地)
エブリ東山店(高山市松之木町283番地1)
古川店(飛騨市古川町幸栄町8番18)
PCセンター(高山市初田町3丁目80番地)
精肉センター(高山市初田町3丁目80番地)
駿河屋外商部(高山市松ノ木町283番地1)
高山生鮮事業部(高山市総和町1丁目6番地)
関連会社 飛騨食産(株)
平均年齢 男性社員39.2歳 女性社員31.1歳
平均勤続年数 男性社員13.1年 女性社員6.9年
沿革
  • 昭和8年
    • 魚一商店創業
  • 昭和35年
    • 合資会社 魚一商店設立
  • 昭和40年
    • (株)駿河屋設立(合資会社 魚一商店と合併)
      新社名 (株)駿河屋魚一
  • 昭和41年
    • 飛騨食産(株)設立(食品加工・製造を開始)
  • 昭和48年
    • 本町店新築開店(スーパー方式導入)
  • 昭和51年
    • 高山生鮮食品(株)設立
  • 昭和54年
    • 昭和店新築開店
  • 昭和56年
    • コンピューターシステム本格導入
  • 昭和60年
    • POSレジシステム本格導入
  • 昭和61年
    • プロダクトセンター新築
  • 平成24年
    • エブリフレスポ店開店
  • 平成27年
    • エブリ東山店開店
  • 平成28年
    • 宅配事業開始
  • 平成28年
    • フレッシュ・ラボ開店
平均勤続勤務年数 全社員合計 平均12年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 平均所定外労働時間 月21.5H
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(全従業員平均値)
前年度の育児休業取得対象者数 男性 1名
女性 2名
前年度の育児休業取得者数 男性1名
女性2名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員 40%
管理職 5%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒506-0054
岐阜県高山市岡本町2丁目45番地1
TEL:0577-34-5111
人事総務部 人事課/加治木
URL http://hida-surugaya.com/
E-mail h-kajiki@hida-surugaya.com
交通機関 JR高山線「高山」駅下車徒歩8分
高山濃飛バスセンターから徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp210578/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)駿河屋魚一【フレッシュフーズ駿河屋】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ