最終更新日:2018/11/16

マイナビ2019

マイナビコード
211412
  • 正社員

(株)東京ますいわ屋

本社
神奈川県
資本金
5,000万円
売上高
50億689万円(2017年2月期)
従業員
272名(2017年2月現在)※正社員男女比 男子7:女子3
募集人数
6〜10名

『店を創る』 企画・商品仕入・数値管理を行い、自分の思いをカタチにできる仕事です

  • 積極的に受付中

夏採用実施中!会社説明会へのご参加お待ちいたしております! (2018/09/27更新)

こんにちは。
(株)東京ますいわ屋人事担当でございます。

説明会の追加開催が決定しました。ご予約をお待ちいたしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
キャリアに応じて店長・商品開発・企画など様々な仕事を経験できます。年齢・性別問わず頑張った人が評価される会社なので、やりがいもあります。
PHOTO
「真にいい物を提供したい」というのが当社のこだわり。だからこそ、オリジナル商品の開発には、営業部から厳しい意見が出ることもあります。

歴史のある当社だからこそ、お客様に安心して任せて頂けるサービスが提供できます

PHOTO

店舗運営をマニュアルで縛らず、店長に任せる裁量が大きいのも特徴です。「自分の店を創っていく」手応えを感じられます。

東京ますいわ屋は現在、全国で店舗を展開しています。
インターネットやリサイクル購入が増えている中で、
私たちはあくまで「店舗での販売」という事業形態にこだわっています。
それは、きものを着る日は365分の1日ではなく、
思い出に残る「特別な日」であるからです。
どんなきものが自分に似合うのか自信がない方もいらっしゃいます。
だからこそ、実際に目で見て、試着し、
プロのスタッフに確認して、ご納得してご購入頂きたいのです。
また、自分にぴったりのサイズだと着やすさ・過ごしやすさは格段に違います。
それゆえ、当社は店舗を構え、お仕立てを承って販売をしています。

そんな当社で活躍している若手店長にインタビューしました。

私もこの業界に入るまで、きものに関する知識はほぼゼロでした。しかし、きものを売るという仕事は想像以上に面白いものです。
お嬢様の晴れ着をご購入された方が後日写真をお持ちになったり、
「『周りの人から綺麗やね』と褒められたの」と笑顔でご来店されるお客様もいらっしゃるからです。
そんなとき、この仕事は単にきものを売るのではなく、お客様の大切な1日に寄り添っていることを実感し、この仕事を選んでよかったと心から思います。

店長就任後は店舗の運営を全面的に担い、催事などで自分のアイディアを具現化させることが求められます。
言わば、一国一城の主という感じ。
ここが当社の特徴と言えるでしょう。それだけにやりがいも大きく、私のもとで従業員みんなが一致団結し、目標数字をクリアしたときの喜びには格別です。
まだまだ店長として販売力や指導力に学ぶべきことはありますが、エリアマネージャーや先輩店長のアドバイスを頂きながらレベルアップしたいと思っています。
キャリアが店長で留まらず、さらに上のキャリアを目指せることも当社で働く上でのやりがいですね。

取材撮影後、改めて話を聞くと「自分がきものを売る会社に就職するなんて全く思っていなかったですよ」と照れながら答えてくれました。そんな彼でも立派に店長を務められているのは、諸先輩方が長い時間をかけ当社の商品・サービスを作り、何よりもお客様・各お取引先様からのご信頼があるからです。
きものの知識・経験は問いません。やってみよう!と思って下さった方、ぜひ一緒に当社のブランドを次世代へ伝えていきましょう。

会社データ

プロフィール

東京ますいわ屋は、創業70年以上になる呉服業界の老舗です。
きもの愛好家であれば知らない人はいないほど知名度は高く、全国43店舗を展開しています。

当社は「きものを着る日=お客様の特別な一日」と位置付け、高質な商品・サービスを提供しています。
お似合いのものをお選びするのはもちろん、快適に過ごして頂くためサイズオーダーでの承りを基本としています。


店舗の多くが地域の百貨店内にあり、当社をご存知ない方でも安心してお買い物をして頂けます。
きものは着る土地の気候・文化によって着こなしに多様性があるため、
チェーン展開でありながら画一的な店舗運営ではなく、
店舗それぞれの商品展開をしていることも当社の特徴です。

そんな当社の姿勢がお客様・各お取引先様に評価され、
新規出店や店舗拡張のお話も多く頂きます。
メーカー様とタイアップで商品開発も行い、
特殊技術を用いた「エコふわっと」は洗える正絹長襦袢(※)として
5,000点以上販売のヒット商品となりました。
(※正絹=しょうけん、シルク100%)

東京ますいわ屋は「きもの文化の継承発展」を理念とし、
お客様に愛される100年企業を目指してまいります。

事業内容

PHOTO

「万葉苑」お客様をおもてなしするための迎賓館です。

◇高品質のきもの専門店(全国展開)

≪店舗≫
全国43店舗(2017年2月期)

≪万葉苑≫
京都・嵯峨野の山麓に5,000坪の敷地を占める「万葉苑」は
昭和54年、当社のお客様をおもてなしするために迎賓館として建てられました。
広大な敷地に点在する3つの建物からは、
緑の木立が織りなす庭園や京都市内が一望でき、ゆったりとした時を過ごせます。
年に2回、この迎賓館にお客様をご招待し、新作発表やお客様の着姿モデルショーなどを開催しています。
本社郵便番号 254-0013
本社所在地 神奈川県平塚市田村8丁目21番9号
本社電話番号 0463-79-8191
創業 1946年4月
設立 1986年8月
資本金 5,000万円
従業員 272名(2017年2月現在)※正社員男女比 男子7:女子3
売上高 50億689万円(2017年2月期)
事業所 全国42店舗(2018年2月期)
代表者 代表取締役 鈴木 英太郎
主要取引先 (株)市原亀之助商店、東京貴宝(株) ほか
沿革
  • 1946年(昭和21年)
    • 高級呉服専門店「ますいわ屋」として大阪でスタート
  • 1959年(昭和34年)
    • 全国出店計画に着手。東京・銀座に出店 銀座並木本店オープン
  • 1968年(昭和43年)
    • 東京・青山に本部機構を設立。
      逸品呉服専門店として初めてのナショナル・チェーンを全国展開する。青山店オープン
  • 1969年(昭和44年)
    • ショッピング・センター出店の第1号店として池袋店をオープン
  • 1970年(昭和45年)
    • 百貨店出店の第1号店として浜松店をオープン
  • 1975年(昭和50年)
    • 東京呉青会創作逸品集「四季」にオリジナル商品を掲載
  • 1979年(昭和54年)
    • 東京・六本木に本部機構を移転
      万葉苑「別館」完成
  • 1980年(昭和55年)
    • 京都・嵯峨野に迎賓館『小倉山・万葉苑』をオープン
  • 1982年(昭和57年)
    • 広告イメージキャラクターに高橋恵子を起用
  • 1983年(昭和58年)
    • 広告イメージキャラクターに真野あずさを起用
      万葉苑「本館」完成
  • 1987年(昭和62年)
    • 訪問着オリジナルブランド「万葉襲」イメージキャラクターに秋吉久美子を起用
  • 1988年(昭和63年)
    • アラン・ドロン プロデュース「きもの瑠衣」を『小倉山・万葉苑』にて発表
      万葉苑「新館」完成
  • 1993年(平成5年)
    • 商品センターを品川に移転
  • 1995年(平成7年)
    • 振袖オリジナルブランド「花咲家三姉妹物語」を発表
      振袖イメージキャラクターに本上まなみ、ともさかりえを起用
  • 2000年(平成12年)
    • 創業55周年記念「吉祥尽くし五十五段文様小袖」発表
  • 2002年(平成14年)
    • 東京・高輪に本部機構を移転
  • 2003年(平成15年)
    • 株式会社 さが美 グループの一員としてスタート
      横浜市港南区に本社機構を移転
  • 2010年(平成22年)
    • 新規業態店舗「TOKYO MASUIWAYA」を
      銀座並木通り、名古屋サカエチカ街にオープン。
  • 2015年(平成27年)
    • 創業70周年記念「オリジナル訪問着 さゞれきぬ」発表
  • 2016年(平成28年)
    • 神奈川県平塚市に本社機構を移転
平均勤続勤務年数 18年(2017年12月度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 40〜50代 …  7%
20〜30代 … 27% 
(2017年12月度実績) 

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 住所/神奈川県平塚市田村8丁目21番9号
採用専用連絡先/0120-350-005
URL http://www.masuiwaya.co.jp/company.html
E-mail masuiwaya@r-navi.net
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp211412/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ