最終更新日:2018/6/14

マイナビ2019

マイナビコード
212780
  • 正社員

東新住建(株)

本社
愛知県
資本金
8,000万円
売上高
101億2,300万円(2017年6月現在) 95億9,700万円(2016年6月現在) 94億9,300万円(2015年6月現在)
従業員
150名(2018年2月現在)
募集人数
11〜15名

創業以来、約40年間にわたり22,000戸を建設。独自性の高い工法・製品で中部エリアNo.1を目指す総合住宅メーカー。

6月20日(水)名古屋駅にて、会社説明会開催! (2018/06/01更新)

こんにちは!東新住建株式会社人事課 松岡と申します。


6月、梅雨の時期ですね。
おっと、もう今年が半分終わりますね。
焦らず急がず、梅雨を楽しみましょ(^◇^)


さてさて、「住宅営業って難しそう・・・」この声を本当によく耳にします。

そんなことないのにな〜、と思いながら説明会をしている私です。
学生さんの【誤解】が解けるのが何より楽しいです!


気になります?内容。


というわけで、会社説明会を実施します!!

今後の弊社説明会は

◆6月20日(水) 10時〜12時/14時〜16時

いずれも今回は名古屋駅徒歩5分の会議室にて、開催を予定しています。
社会勉強がてら、気軽に弊社の雰囲気を見に来てくださいね。
皆さんと直にお話が出来ることを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「ほしいものを、つくります」が経営理念。「発電シェルターハウス」や「ダブル工法」など、様々な製品・工法を次々に生み出す開発力が当社の強みです。
PHOTO
「ALCコンクリート発電シェルターハウス」の内装は、木地仕上げ。だから、お客様は自分の好きな様にコーディネートできます。

地震に強い家、環境にやさしい家で、社会に貢献する。

PHOTO

社長の辻は、新卒で東新住建に技術職として入社しました。社長に就任した現在も、週2日程度現場へ行き、地熱利用などの技術について陣頭指揮を執っています。

東新住建は1976年の創業以来、約40年間にわたり22,000戸の住宅を建設。
時代のニーズに合った高品質住宅を開発・提供してきました。
本社を愛知県に置く住宅メーカーとして分譲住宅着工数はNo.1です(1992〜2011年マーケティングシステム調べ)。

【いい家は、住む人の活力になる】
東新住建は、ムリせず手の届く価格で、安心して住める住宅商品を提供し続けてきた会社です。
地震に強い構造を誇る「4.3倍ツーバイフォー工法」や、地盤の液状化を防ぐ「砕石パイル工法」をはじめ、独自性の高い製品・工法を次々に生み出しています。
家づくりを通して、お客様が思い描く“素敵な暮らし”を叶え、社会に貢献してきました。


【将来の展望について】
目指すのは、中部エリア着工実績No.1。
より多くのお客様と接点を持つため、モデルハウス展示場とギャラリーの展開を進めています。
現在は尾張エリアが中心ですが、2017年中に三河エリア、三重県、滋賀県などへも進出する予定です。


【チーム制でじっくり成長できる環境です】
東新住建の営業は、3人1チームで目標を持ちます。
先輩たちが実際の仕事を通して、新入社員をしっかり教育していきます。
また、若手の声を尊重する風土も大きな特徴。
実際に、大手インテリアショップと連携したモデルルーム、ラジオとのコラボ企画、SNS活用、街コンの企画などが生まれています。


【サスティナブルな社会へ貢献しています】
企業が利益を出すことは、ひとつの社会貢献であることは確かですが、利益“だけ”を追求する時代は終わりました。
東新住建は「国産材2×4工法着工戸数No.1」。
2×4工法は北米で発達した工法であることから、もともと輸入材の使用率が非常に高い工法ですが、東新住建では2×4パネルの一部に国産材を利用しています。
国産材を自社工場で加工することで極力コストを抑えながら、日本の森を守る活動に積極的に関わっています。
家づくりを通じて循環型社会を実現するため、今後も研究開発を進めていきます。

会社データ

プロフィール

「誰もが安心して暮らせる家をつくりたい」。
これは、40年前から続く東新住建の強い思いです。

現在、販売に力を入れているのは、「発電シェルターハウス」及び「ALCコンクリート発電シェルターハウス」。発電シェルターハウスは、地震に強いだけでなく、10kWの太陽光発電装置を搭載しているため、なんと20年間で600万円以上稼いでくれる家。さらにALCコンクリート外壁材を使うことで、その内装に関しては柱や梁の装飾を極力排して、自分好みにDIYできる家が可能になりました。

■地震に強い理由
東日本大震災でその被害が注目された地盤の液状化。
耐震性・免震性の高い家は各メーカーから登場していますが、東新住建では「地盤」にも注目。特許工法「砕石パイル工法」を導入し、液状化地盤対策を徹底的に行っています。さらに、大地震の揺れにも耐えうる国土交通大臣認定「4.3倍ツーバイフォー工法」を採用。家と家族を、建物と地盤のダブルで守る「W工法」は、大地震が心配される中部エリアで支持を集めています。

■家が600万円以上稼いでくれる
4~5kWの一般家庭用太陽光発電はかなり普及していますが、東新住建が採用したのは、10kWの大容量太陽光発電。産業用の太陽光パネルを住宅の屋根に載せるのは難しいとされてきましたが、独自の屋根材を開発することで実現可能に。

事業内容

PHOTO

「ザ・借家」とは… 徹底したマーケティングから生まれた商品。1、2階併用賃貸住宅で、上下階の音トラブルが解消。一戸建て感覚も人気の秘密です。

【オリジナル総合住宅メーカー】

●注文住宅事業
注文住宅は、イチから自由に設計・施工する家のこと。
企画・設計・施工・販売・メンテナンスを一手に引き受けます。
<商品例>
「ALC発電シェルターハウスオーダー」
東新住建ならではの構造躯体の強さと、国産材を使用することで木のぬくもりを活かしたオーダーハウス
家族の成長に合わせて間取りやスタイルを変化させたり、自分らしさを自由に実現できる住まいをご提案
「発電シェルターハウスオーダー」
希少価値の高いエリアの土地をご提供&自由設計の住宅をご提案
外壁総タイル張りで、時が経っても色あせずメンテナンスフリー

●分譲住宅事業
分譲住宅は、土地とセットで販売する家のこと。
安全・健康・快適はもちろん、機能性・美観・長持ちといった特徴を持つ住宅を手掛けます。
<商品例>
「発電シェルターハウス」
太陽光発電をする絶対お得な収入増加型住宅
震災から大切な家族を守るシェルターハウスでもあります。
「DUP」
2戸の角部屋からなる3層構造というマンションを超えたマンション

●賃貸住宅事業
土地オーナー様向けに、土地を有効活用する方法として賃貸住宅をご提案します。
<商品例>
「ザ・借家」
長屋の発想から生まれたメゾネットタイプの1・2階併用賃貸住宅

・宅地建物取引業免許:国土交通大臣(2)第7873号
・建設業許可:愛知県知事許可(般−21)第61271号
・(公社) 愛知県宅地建物取引業協会会員
・東海不動産公正取引協議会加盟"
本社郵便番号 492-8628
本社所在地 愛知県稲沢市高御堂一丁目3-18
本社電話番号 0587-23-4651
設立 1976年 (昭和51年) 7月20日
資本金 8,000万円
従業員 150名(2018年2月現在)
売上高 101億2,300万円(2017年6月現在)
95億9,700万円(2016年6月現在)
94億9,300万円(2015年6月現在)
事業所 ■本社…稲沢市

■ショールーム・展示場
【愛知県】稲沢市・清須市・春日井市・あま市
【岐阜県】各務原市

※2018年2月現在

■各店舗
【愛知県】稲沢市・半田市・岡崎市・名古屋市・東海市・豊田市
【東京都】日本橋
【茨城県】守谷市
【千葉県】流山市
平均勤続勤務年数 9年7カ月
※2017.9時点 ハローワーク登録情報
月平均所定外労働時間(前年度実績) 26.7時間
前年度の育児休業取得対象者数 4名(女性4名)
前年度の育児休業取得者数 1名(女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒492-8628
愛知県稲沢市高御堂一丁目3-18
TEL:0587-23-4651

新卒採用担当:岡、渡辺、松岡
URL http://www.toshinjyuken.co.jp/
E-mail saiyo@toshinjyuken.co.jp
交通機関 名鉄「国府宮駅」から徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp212780/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東新住建(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
東新住建(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ