最終更新日:2018/3/1

マイナビ2019

マイナビコード
214114
  • 正社員
  • 既卒可

北海道電気技術サービス(株)

本社
北海道
資本金
5,500万円
売上高
15億4,100万円 (2015年実績) 12億円       (2016年見込)
従業員
88名(パート社員含む) ・社員数 67名(内嘱託3名) (2016年12月1日現在)
募集人数
1〜5名

電気技術で、暮らしをもっと楽しく

電気・電子・情報系学生積極採用!エントリー受付中 (2018/03/01更新)

こんにちは。当社では電気・電子・情報系学生を積極採用しています!
会社説明会・会社工場見学・応募・選考会の日程を随時マイナビ上で公開しますので、まずはエントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
プログラム作成中です。
PHOTO
工場、配電盤検査場です。

PHOTO

主に制御機器の設計を行っている技術部制御システム2課のメンバーです。(出張中で3名不在です)

当社は、発電所、変電所および配電機器の監視制御および計測と保護を得意とした製品の製造を行っている会社です。

製品を製造するために、リレーシーケンス、PLC(シーケンサ)の電気回路と組込みCPUなどのアナログ・ディジタルの電子回路の設計を行い、PLC、
CPU、PC等のソフトウエア(プログラム)の仕事を行っています。

開発では、北海道電力殿との共同研究を行い、各機器を製品化し、北海道電力殿に納入しています。
また、お客様の要望または、社内のアイディアから製品を開発することも多くあります。

会社データ

プロフィール

私たちの暮らしに欠かせない電気は、快適な日常生活を送るための家電製品をはじめ、交通、産業、文化など、幅広い分野を陰で支えるエネルギーとして、なくてはならないものとなっています。
私たちはこの電気を安全かつ確実に供給するためのシステムや設備などを、「電気技術で、暮らしをもっと楽しく」をテーマに、ハードからソフト設計・製作・施工を主に研究・開発から保守まで手がける個性派集団です。
私たちは卓越した技術力と情熱で、地域社会の発展に貢献する企業を目指します。

高い技術力×情熱で電気の安定供給を支えます。

事業内容

PHOTO

組込みCPU基板回路設計とCPU、FPGAのソフトウエア(プログラム)を行い当社製品を製造しています。

主に電力会社向けに発電・変電・配電用電気設備機器・制御機器・電子装置の製造を行っています。また、当社およびメーカ納入機器の施工設計および検査業務、保守、点検業務を行っています。
主な、製造機器は以下のとおりです。
 ・遠方監視制御装置
 ・デジタル型保護継電装置
 ・保守情報伝送装置
 ・各種自動制御装置
 ・下流警報装置
 ・小水力発電機制御装置
 ・配電盤・制御盤・キュービクル
 ・SVR制御装置
 ・地中多回路開閉器低圧子局装置
 ・各種データロガシステム
 ・農産物受入れシステム
本社郵便番号 069-0832
本社所在地 北海道江別市西野幌120−8
本社電話番号 011-384-8888
設立 1971年4月7日
資本金 5,500万円
従業員 88名(パート社員含む)
・社員数 67名(内嘱託3名)
(2016年12月1日現在)
売上高 15億4,100万円 (2015年実績)
12億円       (2016年見込)
事業所 15億8,000万円 (2013年実績)
11億 300万円 (2014年実績)
15億4,100万円 (2015年実績)
業績 決算期       売上高    経常利益
-----------------------------------------------------
2013.12    15億8,000万円 1億3,500万円
2014.12    11億 300万円   4,500万円
2015.12    15億4,100万円 1億5,500万円
主な取引先 北海道電力(株)
東北電力(株)
東京電力(株)
四国電力(株)
九州電力(株)
ほくでんエコエナジー(株)
北海道パワーエンジニアリング(株)
苫東コールセンター(株)
北海電気工事(株)
(株)北弘電社
北海道タツヲ電気(株)
(株)東芝
富士電機(株)
(株)明電舎
愛知電機(株)
東芝プラントシステム(株)
(株)ダイヘン
川重冷熱工業(株)
日本工営(株)
札幌情報総合センター(株)
北海道企業局
ホクレン農業協同組合連合会
ほか 敬称略
関連会社 東日本フィールドエンジニア(株)
平均年齢 38歳(2017年12月現在)
平均勤続年数 13年(2017年12月現在)
平均給与 289,646円/月
沿革
  • 1971年4月
    • 札幌市中央区宮の森にて創業
  • 1973年10月
    • 札幌市北区篠路町太平に本社・工場を建設移転
  • 1976年9月
    • マイコンによる水力発電所取水口自動制御装置の開発、納入開始
  • 1980年5月
    • ベクタースコープを開発、販売開始
  • 1983年9月
    • 北海道電力関連工事安全衛生協議会より第1種無災害表彰を受ける
  • 1989年5月
    • 札幌地区SOG形高圧自動分岐開閉器用低圧子局装置を開発、販売開始
  • 1991年9月
    • 札幌市冬季道路交通情報システムのマルチセンサーを開発、納入開始
  • 1992年4月
    • 送電線保護用ディジタル形回線選択継電装置(DRY100)を製造、納入開始
  • 1995年11月
    • 系統保護用ディジタル形周波数保護継電装置(DUFR100)を開発、納入開始
  • 1996年4月
    • 環境対策の一環として「ESCの森」を25周年記念事業で開設
  • 1998年1月
    • 小水力用一体型発電機制御盤を北海道電力(株)と共同研究開発にて完成
  • 2002年6月
    • 送電線保護用ディジタル形回線選択継電装置(DRY200)を製造、納入開始
  • 2004年6月
    • 自動電圧調整器(高機能型)用制御装置(SVR用制御装置)を開発、納入開始
  • 2008年2月
    • 北海道電力関連工事安全衛生協議会より25年間無災害特別表彰を受ける
  • 2009年12月
    • 変電所用制御機能付き遠方監視制御装置(NWTC300)を開発、納入開始
  • 2011年8月
    • 江別市西野幌RTNパーク内に本社・工場を建設移転
  • 2012年5月
    • 小規模水力発電用制御保護一体型配電盤(GCNT100)を開発、納入
  • 2013年12月
    • 小水力発電用制御一体形キュービクルを開発、納入
  • 2014年10月
    • バンク逆潮流保護継電器盤を開発、納入開始
  • 2015年1月
    • 送電線保護用ディジタル形回線選択継電装置(DRY300)を製造、納入開始
  • 2015年4月
    • 「東日本フィールドエンジニア(株)」を設立
  • 2015年4月
    • 高圧自動開閉器(瞬時励磁方式)用低圧子局装置を開発、納入開始
  • 2016年6月
    • 変電所用移動式遠方監視制御装置(HDLC300P)を開発、納入
  • 2017年11月
    • 天北ウインドファームへ発変電設備の監視制御装置を納入
平均勤続勤務年数 13年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 女性0名 男性3名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒069-0832
北海道江別市西野幌120−8
RTNパーク内
TEL:011-384-8888 (代表)
URL http://www.hesc.co.jp/
E-mail hesc@hesc.co.jp
交通機関 JR野幌駅から2km(車で5分、徒歩で30分)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp214114/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
北海道電気技術サービス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ