最終更新日:2018/7/30

マイナビ2019

マイナビコード
214479
  • 正社員
  • 既卒可

ながみね農業協同組合(JAながみね)

現在、応募受付を停止しています。

本社
和歌山県
資本金
19億7,905万円
売上高
農産物出荷高 26億2,900万円 直売所売上高 10億2,700万円 購買品供給高 16億2,000万円 2017年3月31日実績
従業員
正規社員  180名 非正規社員 53名
募集人数
若干名

「農」と「地域」をベースにした多彩な事業を展開するJAながみね。

平成31年度新規採用職員追加募集決定! (2018/07/30更新)

JAながみねの採用ページをご覧いただきありがとうございます。

平成31年度新規採用職員、追加募集が決定いたしましたのでお知らせします!

エントリーしていただいた方に詳細な募集要項をメールにてご案内させていただいております。


ぜひ今すぐエントリーを!!!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
海南市、紀美野町を管轄エリアとするJAながみね。地域の方々との交流の場でもあるJAながみね直営ファーマーズマーケット『とれたて広場』
PHOTO
農作物は紀伊水道に面した海岸沿いに広がる「下津温州みかん」にはじまり、山間地域にかけては、「美里柿」、びわ。平坦地では桃の栽培が行なわれています。

3つの「元気」を柱に地域の幸せづくりに取り組み続けるJAながみね。

PHOTO

「地域の幸せを創造する」ことを基本理念に、3つの元気づくりを指針として掲げているJAながみね。「『農』を通じた『元気な産地』づくり」「『ふれ愛』を通じた『元気なまち』づくり」「『たすけ愛』を通じた『元気な組織』づくり」をビジョンとし、農業と地域をサポートする活動を展開しています。歴史ある「下津みかん」をはじめとする地域の農業を支援しつつ、ファーマーズマーケット「とれたて広場」を中心にした生産物の販売や各種イベントを通じ、生産者と消費者、地域住民の交流の場を創出。未来の農の担い手を育むための取り組みや、女性会の家庭菜園の講習会などイベントも開催し、「農」についての理解の浸透と地域の活性化を図っています。採用にあたっては農業が好き、地域が好きという志をもち、この地域の未来をともに創っていける新たな能力と活力に期待します。

■幅広い業種と職種で暮らしと地域に親身に寄り添う
JAながみねには多くの事業があります。営農指導事業では地域の特性を活かした多彩な農業サポートを実践。例えば選果機への投資でより高品質で安定した出荷クオリティを訴求し、ながみねブランドの信頼性と地域の農家所得の向上を図っています。信用・共済事業は貯金、融資、為替、各種保障などを担い、地域の暮らしと将来の安心を経済面から支援。生活指導事業などではJAを暮らしの拠点として活用していただき、ご相談やふれあいや振興の活動に活かしていただくべく、広報誌づくりや女性会活動、介護事業も行っています。また若い職員がインストラクターとなって地域の子どもと農業体験をする「あぐりキッズ活動」や、支店が主体となって行う各種祭りやイベントなども盛況です。

■既存の事業に安住せず、ニーズを取り入れた事業拡大を
「くらしの活動」事業では増加傾向にある非農家世帯のために農業体験等を開催。また、支店を地域の暮らしの拠点としてもっと身近に感じていただくために「センター・支店の行動計画」を実践し、支店が中心となって管内清掃活動をはじめ、夕涼み会や餅つき大会、JAまつり等のイベントも行っています。女性会では「緑のカーテン大作戦」や「クリーンウォーク」等、環境活動も兼ねた地域貢献活動を実施。さらに地域の高齢化を鑑み、介護事業へも参画。デイケアセンターの運営や広報誌の配布を兼ねた見守り隊の巡回など、ニーズに合ったサービスと事業を実践しています。

会社データ

プロフィール

和歌山の中山間地を包括しているのがJAながみね。その温暖な気候と起伏のある地形をうまく活かして海岸沿いでは「下津みかん」をはじめ、平坦地では桃、中山間では「美里柿」やびわなどの栽培が盛んに行われています。また、和歌山市や岩出市からも近く、出荷や通勤に利便性の高い地域となっています。 そもそも栽培品種も幅広く、風土的に新しい取り組みや挑戦にも寛容な風通しのいい環境。地域の将来と自分の将来をともに、このJAながみねで元気に創っていただける方をお待ちしています。

事業内容
■信用事業
貯金、融資、為替業務などの銀行業務

■共済事業
生命共済、損害共済、自動車共済などの保険業務

■購買事業
農業や生活資材の受入・供給などの業務

■販売事業
農産物の集荷・販売

■営農指導事業
農家の栽培技術に関する指導・相談等

■介護事業
高齢者支援・サービスを提供



本社郵便番号 642-0022
本社所在地 和歌山県海南市大野中718-1
本社電話番号 073-482-6131
設立 1999(平成11)年10月 海草郡内・海南市4JAの合併により発足
資本金 19億7,905万円
従業員 正規社員  180名
非正規社員 53名
売上高 農産物出荷高 26億2,900万円
直売所売上高 10億2,700万円
購買品供給高 16億2,000万円
2017年3月31日実績
事業所 本店、支店(5店舗)、営農生活センター(2店舗)、農産物直売所(とれたて広場)、介護事業所、農機センター、農産加工所、JA-SS(ガソリンスタンド)、育苗センター
業績 事業総利益 16億1,200万円  事業利益 5,800万円
経常利益 1億4,600万円 当期剰余金 1億500万円
2017年3月実績
出資者 JAは株式会社ではなく協同組合です。そのため出資者は、正組合員(主に農業者)と准組合員(地区内のJAを利用するみなさん)で構成されています。
平均年齢 39.2歳
平均勤続年数 16.6年(2016年実績)
沿革
  • 平成11年
    • 10月 海草郡内・海南市4農協が合併、海南市大野中718番地の1に本店事務所を設置し、ながみね農業協同組合発足
      11月 合併記念式典
  • 平成12年
    • 2月 介護事業者指定(ヘルパーステーション下津)
      2月 海南営農センター竣工式
      2月 海南営農センター給油所オープン
      6月 貯金残高1,000億円達成
  • 平成13年
    • 4月 高津桃選果機竣工式
      10月 キウイ選果機竣工式
      10月 店舗統合(13信用店舗体制へ)
  • 平成14年
    • 4月 介護事業者指定(ヘルパーステーションあんしん)
      11月 Aコープかいなん店閉店
      12月 とれたて広場オープン
  • 平成15年
    • 10月 貸出金残高200億円達成
  • 平成16年
    • 7月 下津選果場上棟式
  • 平成17年
    • 10月 下津蔵夢(ドーム)選果場竣工式
  • 平成18年
    • 10月 とれたて広場移転オープン
      12月 Aコープ美里店閉店
  • 平成19年
    • 10月 店舗統合(5信用店舗体制へ)
  • 平成20年
    • 7月 ヘルパーステーション統合(あんしん)
  • 平成21年
    • 7月 給油所統合(2給油所体制へ)
      8月 紀美野柿部会設立
      8月 センサー式柿選果機竣工式
  • 平成23年
    • 5月 JAながみねデイサービスセンターオープン
  • 平成24年
    • 5月 野上支店移転オープン
      12月 とれたて広場リニューアルオープン
  • 平成25年
    • 8月 下津配合設備の更新
      9月 美里柿渋施設の改修
  • 平成26年
    • 4月 JAながみね青年部設立
      8月 マルカイ総合選果場選果機の更新 
  • 平成27年
    • 6月 高津桃選果機の更新
  • 平成28年
    • 10月 マルカイ総合選果場選果機の更新
  • 平成29年
    • 11月 しもつ選果場増築竣工式
平均勤続勤務年数 16.6年(2016年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2.1%(47名中女性1名 2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒642-0022
和歌山県海南市大野中718-1

ながみね農業協同組合
総合企画部 総務課(担当:坂部、藤田)
TEL:073-482-6131
URL http://www.ja-nagamine.or.jp/
E-mail nagamine@ngm.jawink.ne.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp214479/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ながみね農業協同組合(JAながみね)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ