最終更新日:2018/4/24

マイナビ2019

マイナビコード
215173
  • 正社員

(株)トップファーム

本社
北海道
資本金
9,400万円
売上高
32億1,985万円((株)トップファーム) 80億788万円(トップファームグループ合計)
従業員
72名
募集人数
11〜15名

牛に関わる全ての事業を自社完結する、日本有数の圧倒的スケールが魅力。

  • 積極的に受付中

【 全国にて会社説明会開催中 】日本有数のメガファームになっても「みんなの成長が会社の成長」です。 (2018/03/04更新)

こんにちは、トップファーム新卒採用チームです。

トップファームは、最高級「サロマ和牛」の肥育から、
子牛飼育、酪農業までの圧倒的な事業スケールが特徴です。

ぜひ、当社へご興味を持っていただけた方は、説明会へお越しください!
「1次産業ってこんなに近代化しているんだ!」と思ってもらえるはずです。

説明会にて、あなたにお会いできることを楽しみにしています。

会社紹介記事

PHOTO
50名以上の従業員がトップファームで働いています。夏はバーベキュー、冬はすき焼きを一緒に囲むなど非常に仲が良く、社内の交流も大切にしています。
PHOTO
札幌ドーム21個分に相当する120ヘクタールという敷地に牛舎や施設が並んでいます。公園のような清潔な環境の中で1万2,000頭の牛がのびのびと育っています。

命を育み、食を支える〜オホーツク・佐呂間で健康な肉牛を生産しています。

PHOTO

家畜人工授精師の資格も持つ井上さん。「当社のスタッフのほとんどが農業や酪農が未経験でした。牛や動物の好きな方なら、どんな方でも大歓迎です」

私たちトップファームでは、肉牛を中心に1万2,000頭を飼育しています。「サロマ牛」「サロマ和牛」といったブランドを商標登録しており年間3800頭を出荷。主に首都圏や大阪で販売されていますが、道内でもスーパーや飲食店、ホテルで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

安心・安全な肉牛を供給するために、当社では徹底した衛生管理のもと牛を育てており、牛にストレスを与えない牛舎や、牛の胃を丈夫にするえさなどにもこだわっています。また、牛の健康状態や治療履歴などをパソコンで1頭1頭管理し、成長の記録は「パスポート」として一緒に出荷しています。当社を含む、トップファームグループとして、2012年には国内第1号の「農場HACCP認証」を受けました。

入社すると、牛舎の掃除の仕方や牛の触り方から教えていきます。そして2〜3か月で担当の牛舎に配属。「えさ押し」や牛のベッドとなるおがくずの入れ替えといった牛のお世話(飼養管理)をしていきます。仔牛にミルクや水を飲ませる仕事もあります。こうした作業をしながら牛について知ってください。当社では牛舎ごとの担当制になっているので、毎日の作業を繰り返すことで、1頭1頭の性格が分かっていくほか、牛の機嫌や体調なども見分けられるようになっていきます。牛との接し方が上手な方は牛舎の「担任」をお任せして、衛生管理や個体管理をしていただきます。牛舎によって規模は違いますが、少なくて70〜80頭、多いと300頭の牛を管理していきます。

牛に触れたことがない方も多いと思いますが、就職に関してはまったく問題ありません。大切になるのが、「あいさつをする」「ドアを閉める」「脱いだ靴をそろえる」といった普段の行動です。例えばドアをきちんと閉めないと、牛舎の中に冷たい風が入り、牛がかぜをひいてしまいます。当社では農場HACCPに基づいたマニュアルが決まっているので、日々の仕事をしながら、元気な牛を育てるための習慣が身に付いていきます。

おいしいお肉を食べると、誰もが笑顔になると思います。良質な牛肉の生産を通して誰かを幸せにできるのが私たちの仕事です。愛情をかけた分、牛たちが成長してくれることもやりがいを感じられると思います。もちろん、どんな仕事にも大変なことやつらいことがありますが、動物や命に触れるという、ほかの仕事では得られない経験ができると思います。

(取締役企画部長 井上和明さん)

会社データ

プロフィール

当社は1994年にホルスタイン種・交雑種の素牛生産からスタートした会社です。
その後、ホルスタイン種・交雑種・和牛の肥育事業、和牛の繁殖事業、そして2017年からは酪農事業をスタートさせ、牛に関するすべての事業をおこなっています。

2005年にサイレージ工場を設立し、独自の飼料を開発。「サロマ牛」を商標登録し、ブランド化を進めてきました。
また衛生管理の手法である農場HACCPをいち早く導入し、2012年に国内第一号の認証を受けるなど常に新しいことに挑戦しています。

事業内容

PHOTO

◎交雑種の素牛生産事業

◎交雑種の肥育生産事業

◎黒毛和種の繁殖・育成・肥育事業

◎搾乳事業
本社郵便番号 093-0506
本社所在地 北海道常呂郡佐呂間町富武士555番地3
本社電話番号 01587-2-3290
設立 1994(平成6)年2月
資本金 9,400万円
従業員 72名
売上高 32億1,985万円((株)トップファーム)
80億788万円(トップファームグループ合計)
総飼育頭数(増加見込み) ◇飼養頭数:12,500頭
・搾乳牛:500頭
・育成牛:6,000頭
・肥育頭数:6,000頭
従業員数(男女別) 男性:51名、女性:21名
ここがPOINTです! 【 国内第1号の「農場HACCP認証」 】
安心・安全な肉牛を供給するために、当社では徹底した衛生管理のもと牛を育てており、牛にストレスを与えない牛舎や、牛の胃を丈夫にするえさなどにもこだわっています。また、牛の健康状態や治療履歴などをパソコンで1頭1頭管理し、当社を含む、トップファームグループとして、平成24年には国内第1号の「農場HACCP認証」を受けました。

【 商標登録をしている「最高級和牛」ブランド 】
「サロマ黒牛」、「サロマ和牛」のブランドは当社で育った牛だけです。牛の健康を考え5種類の発酵飼料を与え、お腹の中から健康にすることで臭みのないお肉本来の風味豊かな牛肉になります。また赤身の多い黒牛と霜降りの和牛と2種類のブランドを確立させたことで、たくさんの人に食べてもらえるお肉を生産することができています。

【 2017年には「畜産JGAP認証」を取得 】
農業生産活動の持続性を確保するため、食品安全、家畜衛生、環境保全、労働安全、アニマルウェルフェアに関する法令等を遵守するための点検項目を全てクリアし、高レベルな実施、記録、点検、評価を繰り返しつつ生産工程の管理や改善を行なっております。
今後の展望・ビジョン ◇これからも、1次産業のリーディングカンパニーとして挑戦し続けます。

2017年から酪農事業に参画し乳肉複合による、安定的な生産基盤を作ることができました。
今後は、より強い生産基盤を確立するため、独自に治療、予防プログラムを確立する獣医師部門や、授精所を開設することで肉質向上、牛乳の品質向上と安定供給を目指していきます。また、荒廃農地を有効活用した牧草等の飼料生産や、牛の排泄物を利用したバイオマス発電事業を積極的に行い、今まで以上に地域環境に配慮した農業を実現させていく予定です。
そして、レストランやオリジナル商品の開発など6次産業化することで、より消費者の方との距離を縮めトップファームブランドを構築していきたいと考えています。

トップファームは、働く仲間と一緒に成長し、これからも挑戦し続けていきます!
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間 (2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒093-0506
住所:北海道常呂郡佐呂間町富武士555番地3
電話:01587-2-1517
担当:井上和明
URL http://www.top-farm.jp
E-mail kazuaki.topfarm@gmail.com
交通機関 JR石北本線「遠軽」駅より車で40分
女満別空港より車で60分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp215173/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)トップファームと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)トップファーム を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ