最終更新日:2018/5/24

マイナビ2019

マイナビコード
216572
  • 正社員
  • 既卒可

(株)岡山丸果

本社
岡山県
資本金
7,500万円
売上高
151億1370万円(2017年3月31日実績)
従業員
57名(男41名、女16名)   2017年10月現在 パート、アルバイトを除く
募集人数
6〜10名

安全・安心で新鮮な野菜と果物を毎日の食卓へ【エントリー積極受付中!!】

  • 積極的に受付中

安全・安心で新鮮な野菜と果物を食卓へ★☆企業説明会6月7日開催☆★ (2018/05/24更新)

数多くのページの中から、当社のページをご覧頂きありがとうございます!

ただ今、会社説明会のご予約を積極的に受け付けております。
もし、ご都合が合わない場合は、改めて日程をご案内させて頂きます!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

また、6月には当社の社員も参加するイベントが2件あります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

『砂丘らっきょう漬け方講習会』

鳥取県福部のらっきょう生産者が漬け方を伝授してくれます!
本場ならではのお話あり、試食あり、実演もあります!

日時/6月8日(金)13時〜15時
場所/(公財)岡山県学校給食会 2階調理実習室
   (岡山市南区浦安本町59-4)
参加費/無料
募集人数/30名 ※駐車場あります

■お申し込み方法■
下記住所宛に参加者全員の
(1)名前(2)年齢(3)住所(4)つながる電話番号
(5)何を見て応募されたかを明記の上、
電子メールにてご応募ください。
minoh@okajirushi.com

【締切】5月19日(土)

初めての方優先で抽選をし、応募者全員に後日メールにてご連絡します。
奮ってご応募ください。

たくさんのご応募を、心からお待ちしております!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

『梅の講習会 〜始めてみよう梅仕事〜 in岡山市場』

梅の本場、和歌山から講師を招き、梅のお話と
梅シロップ、梅干し作りを体験していただきます。

日時/6月16日(土)12:30〜14:00
場所/岡山市中央卸売市場 管理棟 3階会議室
   (岡山市南区市場1-1)
参加費/500円
募集人数/60名 ※駐車場あります
持ち物/エプロン、三角巾、ふきん

■お申し込み方法■
(1)名前(2)年齢(3)住所(4)つながる電話番号
(5)何を見て応募されたかを明記の上、電子メールにてご応募ください。
tanakar@okajirushi.com

【締切】5月26日(土)

初めての方優先で抽選をし、応募者全員に後日メールにてご連絡します。
奮ってご応募ください。

たくさんのご応募を、心からお待ちしております!

●お問い合わせ先●
(株)岡山丸果 担当:田中
電話番号(086)264-8211
(水・祝祭日を除く9時〜16時)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
北は北海道から南は九州・沖縄まで。岡山丸果では、全国津々浦々の新鮮で高品質な青果物を仕入れ、地域のスーパー・小売店を通じて消費者のもとへ届けています。
PHOTO
様々な年代の社員が活躍する中で、若い社員の存在はとても重要です。休憩時間にはわきあいあいと談笑しています。

全国の農家と小売店の間に立ち、高品質な野菜・果物を適正相場で食卓へ届ける使命。

PHOTO

「今後は原体(未加工青果)だけでなく、半個売りやカット野菜への加工にも参入し、より付加価値のある商品展開に挑戦していきたい」と話す花房昌男社長。

岡山丸果は、毎日の食卓に欠かせない野菜や果物の仕入れと販売を行う青果卸問屋です。

野菜や果物はそのほとんどが畑で栽培されています。自然の中で作られているということは、日照や気温、雨量の変動によって品質や収穫量も変わってしまうということ。品質が下がれば価格は下がりますし、収穫量が少なければ価格が上がったり市場に十分な量が出回らなかったりして、欲しくても手に入らないという事態になる恐れもあります。価格が下がるのは一見喜ばしいことにも思えますが、あまりに下がりすぎるのも生産農家にとっては死活問題。青果物の流通において供給・価格の安定を保つことは、消費者にとっても、農家にとっても重要なことなのです。

そのため当社では気候や気象状況によって随時変動する生産状況と地域の市場ニーズを読み解きながら、出荷時期や出荷量、販売方法などを検討。ニンジンやキャベツなど一年を通してニーズの高い野菜は収穫時期に合わせて仕入れ先を移動したり、国内の生産量が不足しているもの、手に入らないものは海外から仕入れたりすることもあります。また逆に生産量が多かったり、品質の落ちるものは価格調整をして、残品・廃棄品を抑制。そうして健全な青果流通を維持することで、大切に育てられた農作物を無駄なく、かつ安定的に消費者のもとに届けています。

青果物は鮮度が命。仕入れた商品を一刻も早く店頭に届けられるよう、私たちの仕事は早朝5時に始まります。一般的な会社に比べて動き出しが3時間ほど早く大変そうですが、その分終わりは午後2時と3時間早いため、家族との時間やプライベートを大切したい人にはとても働きやすい環境と言えるでしょう。さらに当社では「プレミアムフライデー」を意識し、毎週土曜日と、水曜休みの前日の火曜日は、正午退社を推進。有給休暇消化率向上にも取り組んでいます。
(代表取締役社長 花房昌男)

会社データ

プロフィール

岡山丸果は、岡山市が開設する岡山市中央卸売市場において、農林水産大臣の認可を得て、野菜・果物・それら加工品の卸売を行い、岡山市民・県民の皆様へ青果物の安定供給を恒久的使命として担う公共性の高い企業です。
取扱商材の集荷ネットワークは、岡山県内はもとより、北は北海道から南は沖縄迄の全国各地の農協・出荷団体・個人であり、又外国産青果物は商社からと幅広く構成されています。日々各地から入荷されるこれらの青果物をセリ売りまたは相対売りで仲卸業者・売買参加者へ販売し、量販店や小売店を通じ、消費者の皆様へお届けしています。
私共岡山丸果は役職員一丸となり、青果物流通拠点の中央卸売市場の卸売業者として、常に青果物の新たな流通改革に取組み、国内農業の育成支援、食生活・食文化の向上発展に貢献していきたいと考えます。

事業内容

PHOTO




○全国各地より出荷される野菜、果物、その加工品を、仲卸・量販店・小売店に(せり・相対)販売、及び販売促進活動
○市場での販売状況、入荷状況を出荷者・買受人・量販店・小売店等に情報提供
本社郵便番号 702-8602
本社所在地 岡山県岡山市南区市場1丁目1番地
本社電話番号 086-264-8211
創業 1962年6月
設立 1962年4月
資本金 7,500万円
従業員 57名(男41名、女16名)   2017年10月現在 パート、アルバイトを除く
売上高 151億1370万円(2017年3月31日実績)
業績 売上高151億1,370万円、経常利益9,506万円、純利益9,214万円
株主構成 社員持株会15%
主な取引先 全農岡山県本部、ホクレン他全国農業出荷団体、農業協同組合
全国各地の出荷業者、ドール他貿易商社、県内外個人生産者
関連会社 (株)サン丸果、(株)岡印物流 (2社とも100%出資の子会社)
平均年齢 41.4歳(2017年10月現在)
平均勤続年数 18.0年(2017年10月現在)
平均給与 初任給180,500円+時間外手当+通勤手当
平均勤続勤務年数  18年
月平均所定外労働時間(前年度実績)  9.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)  7日 (管理職を含め年間最低5日以上は消化するよう指導しています)
前年度の育児休業取得対象者数  男性 1名
 女性 0名
前年度の育児休業取得者数  男性 0名
 女性 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合  4.2%(役員・管理職24名中女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 岡山市南区市場1丁目1番地
TEL 086-264-8211
E-mail saiyou@okajirushi.com

総務部 三田(さんだ)、三宅まで
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp216572/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)岡山丸果と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)岡山丸果 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ