最終更新日:2018/4/16

マイナビ2019

マイナビコード
216831
  • 正社員
  • 既卒可

(株)電通ライブ

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
26億5,000万円
売上高
1,365億800万円(2016年12月期単体) ※2017年1月に旧電通テックを分割したため旧電通テックの実績。
従業員
440名(2018年1月現在)
募集人数
21〜25名

〜MOMENT OF TRUTH〜人は情報では動かない。仕組みだけでは動かない。人はいつだって感動とともに動く。心ふるえる一瞬があれば、人は動く。人は変わる。

2019卒採用を開始いたしました! まずはプレエントリーをお願いいたします。 (2018/04/16更新)

◆電通ライブHPにて公開中!!
https://www.dentsulive.co.jp/recruit/

エントリーシートの提出締切は、本日4月16日(月)までとなっております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
さまざまな職種のスタッフが行き交うオフィス内。ここから生まれたアイデアが具体的なイベントになり、人々に大きな感動を呼び起こしています。
PHOTO
プロデューサーが中心となって最適な人材が起用され、チームを編成することが多い。チーム内ではコミュニケーション能力、プレゼン能力が欠かせません。

起爆剤となる「できごと」をつくり、世の中に火をつける、ライブマーケティングの仕事

PHOTO

「イベントづくりはチーム仕事。人と関わることが好きな人に期待しています」(左:青木さん)「引き出しが多い人、アンテナ感度の鋭い人に向いています」(右:門脇さん)

今後、イベントの様なリアル体験こそがもっと社会や企業、人々を繋ぐハブになっていくと思います。よりリアルな驚きや感動こそが、より強く人々を動かすと思うからです。

デジタルデバイスやコンテンツの進化・普及が目覚ましい今だからこそ、一層「リアルであることの価値」が高まっていると感じます。ライブマーケティングを掲げる我々のミッションは、その元となる「できごと」を生み出し、デジタルマーケティングやマスマーケティングを繋ぎ、付加価値の高い体験として、世の中に送り出し人々を動かすことです。

当社は、国内外スポーツイベント、文化事業、企業イベントなど、多種多様なイベントを手掛けています。一口にイベントと言っても、その目的や種類、表現は様々です。とてもひと言では括れません。逆に言えば、この領域で出来ないことは無いくらい、可能性が広がっていると思います。クライアントは、新しい発想、見たこともないできごとを求めています。VRやARなどの最新テクノロジーも、ひとつのツールに過ぎません。大切なのはそれをどう使い、どんな驚きを人々に与えられるか。当社で、枠にとらわれない自由な発想を形にしてください。
(プロデューサー・プランナー 青木/2007年入社)

原体験を創っていくことが人々の人生を豊かにする。そう考えて電通ライブに入社しました。入社前は体育会系かと心配していたのですが、実際は個性的な先輩社員が多く、共通しているのは皆さん新入社員にとても優しいことです。学ぶ気持ちがあれば、微に入り細に入り仕事を教えてくれます。

電通ライブの魅力は、若い社員でも大きな仕事を与えられること。入社1年目の私も、担当したイベントの仕事の一環で依頼された某企業のホームページ作りを任されました。トレーナーからアドバイスを受けつつ、自ら基本構成を考え、制作をデザイナーに依頼。この案件は約4カ月続き、イベント開催中は毎日関係者と連絡を取りながらページを更新していました。終わった時に味わったのは、経験したことのない充実感。自分がこれほど大きな仕事ができたことに驚きましたし、もっと多くの案件に挑戦したいと、意欲が湧いてきました。
イベントづくりのプロフェッショナルに囲まれて成長できるこの環境は、私が熱望していたもの。できるだけ早く独り立ちし、自分が中心となってイベントを創ることが目標です。
(プランナー 門脇 /2016年入社)

会社データ

プロフィール

デジタルマーケティングが一般的となった現在だからこそ、企業コミュニケーション活動におけるリアルな「場」と「体験」がブランドの価値をより高め、生活者とのエンゲージメントを深める基点となり得ます。電通グループでは、イベント&スペース開発を「リアルな体験価値を創造する事業」として捉え直し、電通のイベント&スペース・デザイン局と電通テックのイベントスペース部門を統合、イベント専業社として国内最大規模の売上高となる「電通ライブ」を昨年立ち上げました。専門の人材とノウハウの集約により、企画からデザイン、演出・制作・運営、デジタルマーケティングとの統合までをワンストップでプロデュースする高度なサービスを提供しています。

事業内容
電通ライブでは、従来のイベント&スペース開発業務に加え、新たな戦略領域として次の4つのビジネスに取り組んでいます。

1.最先端のデジタルテクノロジーで体験価値を向上するビジネス
最先端のテクノロジーを活用することで来場者の感動体験を拡張し、その拡散を狙います。また来場者データとデジタルマーケティング手法を統合させることで、更なる体験価値向上のためのビジネス開発を推進していきます。

2.ライフスタイルマーケティング視点の店舗開発やオペレーションを行うビジネス
店舗のブランド構築に向けて、ライフスタイルマーケティング視点で体験コンテンツやオペレーションプログラムの開発を図る高付加価値ビジネスを推進していきます。

3. 投資型のイベント&スペース開発ビジネス
話題性の高いコンテンツを活用した興行型イベントや、好立地不動産をイベントスペースとして活用する投資型のビジネス開発を行っていきます。

4.次世代型のシティブランディングビジネス
エンターテインメントとテクノロジーを融合したソフト視点で、地方創生需要、海外来訪者需要などを見越した新機軸の街づくりを推進していきます。
本社郵便番号 100-8570
本社所在地 東京都千代田区内幸町1-5-3 新幸橋ビル
本社電話番号 03-6257-8888
社名 株式会社電通ライブ
設立日 1950年8月14日(2017年1月4日より、(株)電通ライブとして営業開始)
資本金 26億5,000万円
従業員 440名(2018年1月現在)
売上高 1,365億800万円(2016年12月期単体)
※2017年1月に旧電通テックを分割したため旧電通テックの実績。
事業所 【本社】    東京都千代田区内幸町1-5-3 新幸橋ビル
【汐留オフィス】東京都港区東新橋1‐8‐1(電通本社ビル内)
【名古屋支社】 名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル
【関西支社】  大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト
出資比率 (株)電通 100%
連結子会社 (株)電通イベントオペレーションズ
URL https://www.dentsulive.co.jp
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月:約35時間程度

採用データ

取材情報

イベントづくりはチーム仕事。この感動を新しい仲間と分かち合いたい
先輩社員が語る「電通ライブでしかできないこと」
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒100-8570
東京都千代田区内幸町1-5-3 新幸橋ビル
新卒採用担当
TEL:03-6257-8600
URL http://www.dentsulive.co.jp/
E-mail saiyou@dentsulive.co.jp
交通機関 JR各線・銀座線・浅草線「新橋」駅
三田線「内幸町」駅
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp216831/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)電通ライブと業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】電通グループ

ページTOPへ