最終更新日:2018/6/6

マイナビ2019

マイナビコード
216860
  • 正社員
  • 既卒可

日邦プレシジョン(株)

本社
山梨県
資本金
5,000万円
売上高
30億円(2017年11月期)
従業員
147名(設計36名)
募集人数
1〜5名

未来を見つめ、高度な技術に挑戦し続けていきます。

2019年新卒学生の募集を開始しました!! (2018/03/01更新)

こんにちは。

日邦プレシジョン(株) 採用担当です。

当社の採用ページにアクセスいただき、ありがとうございます。

会社説明会、工場見学会は随時開催しております。
是非、セミナー/説明会 の画面をチェックしてみてください。

まずはマイナビからエントリーをお願い致します!

また、私たちは3月1日にアイメッセ山梨で行われます、マイナビ理系就職セミナーに参加します。興味のある方は是非当社ブースへお立ち寄りください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
中央道韮崎ICから100mの距離にある日邦プレシジョン本社社屋。韮崎には第三工場まで隣接している。
PHOTO
日邦プレシジョンの誇るテラヘルツ分光装置。電磁波を用いた時系列変換パルス分光法の新しい赤外領域の分光装置だ。

メカ、エレキ、ソフトのプロの総合力が「本当に求めているもの」をカタチにする。

PHOTO

お客様のニーズを的確に把握し、設計から組立、据え付け、現地立ち上げまで一貫してプロデュースしている。そのためには各部署一丸となって業務に取り組むことが不可欠だ。

半導体はパソコン、家電、自動車にいたるまで、私たちの生活のすみずみに浸透しています。日常の中では意識することは無いかもしれませんが、現代社会の生活を支える基幹とも言える部品です。

日邦プレシジョンはその半導体を製造する装置の設計、製造を目的として1984年に創業しました。以来、変化の激しい半導体業界の中でも高い技術力を保持、発展させるとともに、PNPブランドへの高い評価をいただいています。

日邦プレシジョンの設計はメカ(機体・筐体)、エレキ(回路・基板)、ソフトの各専門チームを有しています。各チームで開発設計はもちろんのこと、メカ、エレキ、ソフトが連携を図ることで、お客様のニーズにより的確に対応し、さらに先進的な設計に取り組んでいます。また、よりよいものづくりを目指して様々な視点から新しい提案も積極的に行い、お客様とともに"本当に求めているいるもの"を創り上げます。

そのためにはチームとして動くことが求められます。入社する皆さんにもチームとして働く意識、すなわち 協調性 を期待しています。また、良い発想であれば若手の社員でも積極的に採用し、業務のなかに組み入れるといったことも行っています。柔軟な発想から積極的に前に動き出す力と意識を皆さんにも是非持って欲しいですね。そのためにも皆さんが働きやすい職場環境造りに努めており、社員の福祉向上と豊かな生活の実現に努めています。 1.チャレンジスピリット 2.スピードアップ 3.スキルアップ 4.チームパワー 5.ネバーギブアップの5つを目指す姿とし、社員一同業務に取り組んでいます。

近年では工場の増設、汎用テラヘルツ分光分析装置を製品化など、新たなチャレンジも次々に行っています。皆さんの若い力が活躍できるフィールドは整っています。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

会社データ

プロフィール

日邦プレシジョンは半導体製造装置及び検査装置、周辺自動化装置の設計製造を目的にスタートし、この分野での技術力は高い評価を受けてきています。また、ここで培った技術やノウハウを赤外分光計、赤外顕微鏡等理化学関連機器の分野にも応用しています。

現在では、コンピュータ応用自動検査システムを始めFA、搬送ロボット及び、制御装置等先進のメカトロニクス製品の設計・製造等広範な分野で着実に成果をあげ、半導体や液晶の製造プロセスの一翼を担う技術集団として、お客様の信頼を確かなものとしています。

更に急速に変化する事業環境変化に即応し、各種半導体製造装置の増産を始め大型液晶パネル製造装置、有機ELパネル表示装置及び薄膜太陽電池用CVD製造装置の製造に対応する為、工場の増設を図り競争力を強化して参りました。
また、PNPブランドによる汎用テラヘルツ分光分析装置を製品化し各種展示会へも出展しましたところ各分野から好評を博しております。今後もオリジナルブランドの開発、製品化にますます力を入れ、人々の暮らしや産業、そして社会の発展に貢献していきます。

日邦プレシジョンはこれからも日々変化する多様なニーズにお応えするため、常に高度な技術にチャレンジし続けていきます。

事業内容

PHOTO

●半導体製造装置及び周辺機器設計/製造
●液晶表示パネル製造装置の設計/製造
●電子応用精密装置及び工学計測機器の設計/製造
●その他メカトロニクス製品の設計/製造
●テラヘルツ分光器の開発/製造/販売
本社郵便番号 407-0175
本社所在地 山梨県韮崎市穂坂町宮久保734
本社電話番号 0551-22-8998
設立 1984年3月
資本金 5,000万円
従業員 147名(設計36名)
売上高 30億円(2017年11月期)
事業所 本社・山梨工場:山梨県韮崎市穂坂町宮久保734(韮崎IC出入口100m)

甲府事務所:山梨県甲府市大手二丁目4番6号の8

京都研究拠点:京都市下京区中堂寺南町134 KISTIC 1F 京都大学平尾研究室内
主な取引先 (株)オーク製作所
(株)リガク
スピードファム (株)
シンフォニアテクノロジー(株)
新日鉄住金マテリアルズ(株)
パナソニックグループ各社
東京エレクトロン(株)
東京エレクトロンテクロノジーソリューションズ(株)
東京エレクトロン宮城(株)
日本分光(株)
三菱化学エンジニアリング(株)
村田機械(株)


大阪大学
京都大学
神戸大学
信州大学理学部
東京大学宇宙線研究所
東北大学
福井大学
立命館大学
山梨大学医学部
NTT先端集積デバイス研究所
独立行政法人 物質・材料研究機構
理化学研究所
沿革
  • 1984年3月
    • 名古屋市東区泉一丁目3-7を本社として会社設立。(資本金1,000万円)
      テルバリアン(株)(現バリアンジャパン)へ、イオン注入用マグネットを納入開始。
  • 1985年8月
    • 韮崎市穂坂町宮久保734に第一工場を新設。
      テルメック(株)(現東京エレクトロンAT)と取引開始。プローバーの設計を開始。
  • 1986年9月
    • 日本分光(株)と取引開始。赤外分光計の設計製作を開始。
  • 1987年4月
    • テル山梨(株)(現東京エレクトロンAT)へエッチング装置納入開始。
  • 1990年2月
    • 松下電器産業(株)精器事業部甲府工場と取引開始。
      ネジ締めロボットの治具設計製作を開始。
  • 1990年3月
    • テル相模(株)(現東京エレクトロン東北)のユニット設計を手掛ける。
  • 1990年11月
    • 資本金3,000万円に増資。
  • 1991年4月
    • 神鋼電機(株)と取引開始。マイクロクラッチ検査システムを納入。
  • 1993年4月
    • テルエンジニアリング(株)(現東京エレクトロンAT)と取引開始。
      液晶パネル表示装置の設計製作を手掛ける。
  • 1994年8月
    • 新日鐵(株)製セラミック材料を東京エレクトロンAT(株)へ納入開始。
  • 1996年3月
    • 第二工場を新設。クリーンブース設置(クラス400)
  • 1996年4月
    • 半導体製造装置(メタルCVD)の設計(メカ・エレキ・ソフト)と総組検査、インスタレーションを開始。
  • 1997年3月
    • クリーンルーム設置(クラス400)
  • 1997年11月
    • 資本金5,000万円に増資。本社を韮崎市穂坂町宮久保734に移す。
  • 1997年12月
    • ISO 9002を取得。工場倉庫、食堂建設。
  • 1998年4月
    • ガラス媒体パイロットライン富士電機(株)へ納入。
  • 1999年4月
    • 通産省新規産業創造技術開発費補助金を受けAGSM完成。
  • 2000年2月
    • 中小企業創造活動促進法第4条第1項の認定を受ける。
  • 2000年4月
    • 工場倉庫(281平方メートル)増設。
  • 2004年6月
    • 第三工場を建設(3000平方メートル)クリーンルーム設置。
      (1Fクラス10000 1000平方メートル、2Fクラス1000 900平方メートル)
  • 2007年10月
    • 新第一工場を建設(4700平方メートル)クリーンルーム設置。
      (1Fクラス10000 1700平方メートル、2Fクラス1000 1300平方メートル)
  • 2012年9月
    • テラヘルツ分光装置「Tera Prospector」の販売を開始。
      (分析・科学機器展「JASIS 2012」に出展)
  • 2013年7月
    • 京都事務所開設。
  • 2013年9月
    • テラヘルツ分光装置「Tera Evaluator」の販売を開始。
      (SiC関連の国際学会「ICSCRM 2013」および「セミコン・ジャパン 2013」に出展)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 日邦プレシジョン(株)
採用担当 古屋 
0551-22-8998
URL http://www.pnp.co.jp/index.html
E-mail toshihiko.furuya@pnp.co.jp
交通機関 JR中央線 韮崎駅より車で10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp216860/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日邦プレシジョン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ