最終更新日:2018/10/16

マイナビ2019

マイナビコード
217613
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人落穂会

本社
鹿児島県
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
社会福祉法人のためなし
従業員
164名(2017年11月現在)
募集人数
6〜10名

「共生と共創」〜知的障害を持つ人々と共に生き、共に創る社会をめざす〜

★☆社会福祉法人落穂会からのお知らせ☆★ (2018/03/01更新)

こんにちは! 社会福祉法人落穂会 採用担当です。
この度は当社のページをご覧いただき、ありがとうございます。

当社にご興味を持たれた方はまずはエントリーをお願いいたします。
エントリーいただいた方には追って採用に関する情報をお届けいたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社会福祉法人落穂会は、1958年8月に鹿児島県内では民間初の精神薄弱児施設として開設し、これまで55年間にわたり障害児者やその家族の支援を行ってきました。
PHOTO
「 共生と共創」だれもが「生まれてきてよかった」と思える共生社会を実現するために、常に開拓的精神をもって地域福祉の向上に寄与したいと思っています。

「共に育つ」

PHOTO

石神 麻理 2014年4月採用 配属先 障害児入所施設 あさひが丘学園

入社してから4年が経ちます。私がこの職場を選んだのは多様性があることがきっかけでした。福祉の仕事といっても様々な業種があり、就職には悩みました。いくつかの施設を見学して出会ったのが複数の事業所を持つ「あさひが丘学園」でした。利用者と初めて接した時に、関わり方や対応に悩んだ事を覚えています。今でも相手がどう思っているのか、何を伝えようとしているのか分からず、試行錯誤していますが、上司や先輩職員、同僚が親身になって助けやアドバイスをしてくれ、勉強になる毎日です。
 私は現在、未就学児から高校生までの障害をもつ子どもたちの支援を行っています。子ども達の生活の一部に入っていくので職員はまさに親代わりだと感じます。子ども達の甘えたい気持ちや反抗心などいろいろな感情に応えていくことは難しい事もありますが子ども達の対応が難しければ難しいほど子ども達から学ぶことはたくさんあります。また、新たな一面や成長をみることで感動をすることも多々あります。「共育」、私も子ども達と日々の関わりの中でお互いに成長していける魅力のある職業だと思います。

会社データ

プロフィール

 社会福祉法人落穂会あさひが丘学園は、1958(昭和 33)年8月に鹿児島県内では民間初の障害児入所施設として鹿児島市永吉町に創業し、これまで約60年にわたり障害児者やその家族の支援を行ってきました。

 現在は、鹿児島市皆与志町の障害児入所施設あさひが丘学園・障害者支援施設あさひが丘、岡之原町の地域生活支援センターあさひが丘、呉服町のガーデンキッズセルク・トリア、本名町のあさひが丘乗馬倶楽部シュバルなど、障害児者に関わる21の事業を行っています。

 「福祉は人なり」。私たちの理念を実現するためには、そこで働く「人」が最も重要であり、「人がすべて」といっても過言ではありません。「人在」(そこにいるだけの人)や「人材」(組織に貢献し成長する可能性を秘めている人)にとどまることなく、「人財」(組織の宝でありなくてはならない存在)であってほしいと思います。

 障害児者福祉に関心のある皆さん、私たちと一緒に障害のある人々やその家族の幸せのために働いてみませんか。社会福祉法人落穂会は、障害のある人々の幸せを願い、そのために汗をかき、そのことにより自分も成長しようという「人財」を求めています。

事業内容

PHOTO

あさひが丘乗馬倶楽部シュバル

■障害児入所施設 あさひが丘学園
…入所28名、短期入所8名、知的障害児自活訓練事業

■障害者支援施設 あさひが丘
…施設入所支援52名、生活介護80名、短期入所10名、日中一時支援
 
■地域生活支援センター あさひが丘
…児童発達支援(定員20名)、放課後等デイサービス(定員20名)、保育所等訪問支援、就労継続支援事業B型(定員20名)、ホームヘルプ、日中一時支援、相談支援、(特定・一般・障害児相談支援事業)、グループホーム支援の拠点

■ガーデンキッズセルク(定員20名)
…児童発達支援(定員20名)、保育所等訪問支援

■ガーデンキッズトリア
…児童発達支援(定員10名)、放課後等デイサービス(定員10名)、保育所等訪問支援

■あさひが丘乗馬倶楽部 シュバル
…放課後等デイサービス(定員10名)、保育所等訪問支援
本社郵便番号 891-1206
本社所在地 鹿児島県鹿児島市皆与志町2503
本社電話番号 099-238-4821
創業 1958(昭和33)年 8月1日
設立 1960(昭和35)年 5月31日
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 164名(2017年11月現在)
売上高 社会福祉法人のためなし
事業所 ■障害児入所施設 あさひが丘学園
■障害者支援施設 あさひが丘
 〒891-1206 鹿児島県鹿児島市皆与志町2503

■地域生活支援センター あさひが丘
 〒891-1201 鹿児島県鹿児島市岡之原町1392

■ガーデンキッズセルク
 〒892-0826 鹿児島県鹿児島市呉服町6-5 マルヤガーデンズ内3階連絡通路

■ガーデンキッズトリア
 〒892-0826 鹿児島県鹿児島市呉服町2-15南星ビル2階

■あさひが丘乗馬倶楽部 シュバル
 〒891-1304 鹿児島県鹿児島市本名町1755
沿革
  • 1957(昭和32)年5月
    • 知的障害児施設の創設を決意し、鹿児島市永吉町の家屋移転整地作業に着工
  • 1958(昭和33)年8月
    • 児童福祉法に基づき、定員50名で知的障害児施設あさひが丘学園開設 初代園長 水流 國彦 就任
  • 1960(昭和35)年5月
    • 社会福祉法人落穂会を厚生大臣設立許可
      初代理事長 水流 國彦 就任
  • 1974(昭和49)年8月
    • 鹿児島市皆与志町に改築移転
  • 1981(昭和56)年10月
    • 落穂会 第二代理事長 水流フミ 就任
  • 1992(平成4)年10月
    • 心身障害児短期療育事業(利用入所)を開始
  • 1997(平成9)年5月
    • 落穂会第三代理事長 水流 國大 就任
  • 1999(平成11)年9月
    • あさひが丘学園の定員を 90 名から 40 名に削減し、知的障害者更正施設あさひが丘学園成人部(定員 / 入所 40 名・通所 10 名)を開設 第三代園長 水流 純大 就任
  • 2003(平成15)年4月
    • 指定知的障害者更正施設あさひが丘学園成人部、知的障害者短期入所事業、知的障害者居宅介護事業、児童短期入所事業、児童居宅介護事業の指定を受ける
  • 2011(平成23)年4月
    • あさひが丘学園成人部が障害者自立支援法の新事業体系に移行し、障害者支援施設あさひが丘(施設入所支援・生活介護)となる。
  • 2012(平成24)年7月
    • 児童発達支援事業「ガーデンキッズセルク」開設(マルヤガーデンズ内)
  • 2012(平成24)年10月
    • 鹿児島市岡之原町に地域生活支援センター「あさひが丘」開設
  • 2014(平成26)年4月
    • 児童発達支援事業「ガーデンキッズトリア」開設
  • 2015(平成27)年10年
    • あさひが丘乗馬倶楽部「シュバル」開設
  • 2016(平成28)年4月
    • 落穂会第四代理事長 水流 純大 就任
  • 2016(平成28)年4月
    • 放課後等デイサービス「シュバル」開設
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 年平均 9.4日(2016年度)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人 落穂会
〒891-1201
鹿児島市岡之原町1392番地
採用担当:藤元
TEL:099-243-1112
URL http://www.asahigaokagakuen.jp/
E-mail jimu4-asahi@po2.synapse.ne.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp217613/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人落穂会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ