最終更新日:2018/11/12

マイナビ2019

マイナビコード
218119
  • 正社員
  • 既卒可

(株)井谷衡機製作所

本社
東京都
資本金
5,200万円
売上高
2億8,948万円(2017年度8月期実績)
従業員数
19名(2018年4月)
募集人数
1〜5名

【秋採用・選考直結実施中!】”モノを作らない”モノづくりで、日本のモノづくり品質を支えています。【創業70年の老舗試験機総合企業】

【秋採用・選考直結実施中】エントリーの受付を開始しました (2018/11/12更新)

皆さん、こんにちは!井谷衡機製作所採用担当の尾崎(オザキ)です。

今年より、創業初めて新卒採用エントリーを開始しました。

会社説明会等のご案内は、エントリーしていただいた方のマイページ「お返事箱」へ
ご連絡させていただきます。
興味のある方は、下記よりエントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
メンテナンスや校正作業に技術者が集中力を発揮している。引っ張り試験や圧縮試験などを行う各種試験機や工業用質量計のことなら、同社に任せたいとする会社は多い。
PHOTO
大田区の住宅街にある小さな会社ながら、日本の産業界にとっての存在価値は限りなく大きい。社長や専務など役職者と社員の距離も近く、家族的で和気あいあいとしている。

高度なモノづくりを支え続けて70年。日本の安全品質の陰に、井谷衡機あり。

PHOTO

「当社製造の試験機以外にも、検査装置や測定機器に関する幅広い知見と情報力・技術力が当社の強み。信頼が積み上がるやりがいがありますよ」と温厚な人柄の尾崎社長。

当社の創業は1948年。社員数20名と小規模ながら、70年の歴史と伝統ある会社です。井谷衡機の「衡」は度量衡の「衡」で、設立当初は秤(ハカリ)屋から始まりました。桿式の台秤などを手掛けていましたが、次第に高度成長期の技術革新に対応しながら、幅広く工業用秤や試験機・測定器を扱う存在へ歩を進めました。

日本の工業製品は世界最高水準にあると言われますが、その品質管理のために多くの材料試験機や計測器が必要です。引っ張り試験や圧縮試験などによって正確な数値を出し、わずかな不良や誤差を見逃さないことが不可欠。当社は現在、主に金属の「強さ」「硬さ」「重さ」を調べるための材料試験機や計測器(質量計)の製造販売からメンテナンス・校正までを行う専門家集団として活躍しています。お客様は産業界をリードする大手メーカー。30〜40年の長いお付き合いのある会社が主で、景気に左右されず安定感は抜群です。

ただ当社が扱う材料試験機や計測器は規格や法律に影響されやすく、多くの古い機器と最新機器が同時に使用され、様々な対応が必要とされます。取扱いは難しいのですが、ISO規格に沿った各種計測機器の校正サービスで国際水準に対応。またJISの検討委員でもあり、業界で欠かせない存在です。ほぼ東日本全域に取引をいただき、技術職と技術営業職はフットワーク良く工場や研究所に出向き、メンテナンスや校正に取り組んでいます。

当社は新人研修を3カ月間用意し、その後も先輩社員が座学とOJTによってしっかり後輩を指導する体制があります。常に丁寧かつ迅速な仕事を心がけ、計測の誤差を許容範囲に納めることでお客様の評価につながった時は大きなやりがいとなっています。そうした仕事の先には自動車や飛行機、電気・電子機器、建築物など工業製品の安全・安心があり、日本のモノづくりを側面から支える充実感が待っていいます。

今後は日本の品質を保つ使命はそのままに、品質管理の側面から日本にない新しいモノづくりを提案するチャンスや夢に挑んでいきます。率先して手を動かし試行錯誤できるタイプの方、フットワーク良くモノづくり最先端の現場を見たい好奇心旺盛な方に期待しています。理系(特に材料系)の方は入りやすいですが、文系からでも十分にチャレンジ可能です。堅実かつ丁寧に、私たちと日本の高度なモノづくりを支えませんか?
<尾崎 達也/代表取締役社長>

会社データ

プロフィール

弊社井谷衡機製作所は、1948年に東京都大田区(現住所)にて、工業用はかり及び試験機の製造メーカーとして発足しました。
その後、製造事業から校正メンテナンス事業へ事業転換し、現在は、材料試験機及び工業用はかりの販売から整備・校正を一手に行う試験機総合企業です。

【安定した基盤】
社員数20名と、決して大きな会社ではありませんが、30~40年の長いお付き合いのあるお客様が主で、不況期においても安定した売上を出し、毎年黒字経営を続けています。

【充実した教育体制】
弊社では、新入社員研修を始め、OJTを通した現場研修等を実施しています。
また、定期的な試験機に関する研修会を実施し、技術の習熟を図っています。
さらに、社外研修会への参加や資格取得を積極的に勧めております。(補助制度有)

【顧客は一流企業多数】
皆さんも一度は聞いたことがあるような鉄鋼メーカーや、自動車部品メーカーなどが弊社のお客様です。
皆さんが整備・校正した試験機を使用して検査された製品が、世の中で使用されるのは仕事のやりがいの1つです。

【今後について】
弊社は2018年で創業70年を迎えましたが、今後10年先、20年先を見据えた、新しい事へのチャレンジも続けていきます。
その中核となるフレッシュな感覚持った方と共に、この試験機業界で歩み続けます。

事業内容
○各種材料試験機及び工業用はかりの据付、整備、調整、校正
○上記機器の第三者機関検定代行
○上記機器・付属品等の販売
○建研式接着剥離試験器の製作、販売、整備、調整、校正
本社郵便番号 146-0091
本社所在地 東京都大田区鵜の木三丁目17-13
本社電話番号 03-3758-1161
創業 1948年8月28日
代表者 代表取締役社長 尾崎 達也
資本金 5,200万円
従業員数 19名(2018年4月)
売上高 2億8,948万円(2017年度8月期実績)
事業所 本社:東京都大田区鵜の木三丁目17-13
平均年齢 50.1歳(2018年8月現在)
平均勤続年数 14.1年(2018年8月現在)
主な取引先 自動車部品製造メーカー、鉄鋼メーカー、プラントなど約1,000社
所属 日本試験機工業会、日本材料試験技術協会、東京都計量協会、東京計量士会
沿革
  • 昭和23年
    • 初代社長 井谷美稲が、株式会社 東京衡機製造所 大崎工場長より転じて 東京都大田区鵜の木(現在地)に本社・工場を設立。汎用秤(台はかり)を中心に製造・販売を開始する。
  • 昭和35年
    • 特殊衡機(工場用はかり)・材料試験機の製作及び販売・修理を開始する。
  • 昭和56年
    • 千葉工場を設け、秤業務を一部移転する。
  • 平成 3年
    • 本社・工場を全面建て替えを行う。
  • 平成16年
    • JCSS校正事業者認定制度)認定取得 認定番号0153号
平均勤続勤務年数 19年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 16日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 1名(うち男性1名、2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒146-0091
東京都大田区鵜の木3-17-13
TEL:03-3758-1161(代)
担当:尾崎 隆之
URL http://itanikoki.co.jp
E-mail takayuki-ozaki@itanikoki.co.jp
交通機関 東急多摩川線鵜の木駅徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp218119/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)井谷衡機製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ