最終更新日:2018/5/22

マイナビ2019

マイナビコード
219448
  • 正社員

玉家運輸倉庫(株)

本社
神奈川県
資本金
5,000万円
売上高
8億円(2018年3月実績)
従業員
43名
募集人数
1〜5名

神奈川のインフラを支える仕事―。確かな信頼と実績を築く「玉家運輸倉庫」で、期待の新卒第二期生を募集します!!

【5月30日説明会受付開始】面談形式で当社の魅力を説明致します!お気軽にご予約下さい。 (2018/05/22更新)

はじめまして、
玉家運輸倉庫(株)新卒採用チームです。
当社にアクセスして頂き、誠にありがとうございます。

★説明会+選考会情報★
5月の説明会を追加いたしました。
定員になり次第満席となりますので、お早めにご予約下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
物流業界で長くキャリアを積んできたベテランが数多く活躍中。今回が二回目の新卒採用なので、これから入社する方に向けて惜しみなくノウハウを伝えたいと考えています。
PHOTO
センターオフィスは横浜市金沢区の海沿いに位置。事務職は主に本社に常駐。三浦半島の付け根に位置しており、窓から広々とした東京湾を臨む環境で働けます。

物流業界に革新をもたらす―― そんな理想を共有できる仲間を求めています。

PHOTO

「安定した国を作るには、私たち物流会社の力も不可欠と考えています。当社で働きながら自分の手で生きる力を身につけて、仕事を通じて社会に貢献しましょう」(児玉代表)

「物流」と一口に言ってもさまざまな形が存在しますが、私たち玉家運輸が得意としているのは「危険物倉庫」の運営です。危険物というのは、化学材料や香料といった引火性のある製品のこと。厳格な管理体制のもとに、これらの製品を数多く保管しています。横浜港に近い場所柄、輸出入の際に一時的に荷物を保管する「保税倉庫」として機能しています。化学材料は家具や自動車部品、塗料など、香料は食品や化粧品などの原料になるので、生活の身近な場面で用いられる製品を扱っていることも私たちの仕事の喜びです。
同業のなかでも当社の特色は、ロボット技術やコンピュータ、ネットワークを駆使した大型の自動倉庫を導入していることです。最近は5℃の低温状態を維持できる自動倉庫が完成。多品種小ロット化が進むフレーバー品のニーズにきめ細かく対応しています。危険物以外ではトラックを使った小口運送にも対応しており、神奈川県下で主に自動車メーカーなどから信頼を集めています。
従来、当社は積極的な設備投資を行って付加価値を高め続けてきました。今後もそうした面は必要ですが、物流を取り巻く時代背景が目まぐるしく変わっていく今、インフラだけに頼るのではなく、組織として戦う力を強化していかなくてはなりません。そこで近年、人の力を高めるために社内教育の充実化を図ってきました。他社の事例を参考に経営計画書を作り、全員が同じ方向に向けて歩んでいけるような学びを進めてきた結果、組織の力は着実に高まっていると自負しています。
当社が新卒採用に力を注ぐのも、若い人たちにこの組織をさらに強固なものにしていってほしいからこそ。将来の経営幹部候補生として、倉庫・運送両面に精通した人材に成長してください。いずれは物流の枠を広げた新規事業の構築なども視野に入れていますが、若い人たちの感性と行動力が、新規事業を成功させるための貴重な力となるのは間違いありません。
私たちが求めたいのは、自社のみならず“業界そのものを変えていこう”との気概がある人。当社がロボットやIT技術を導入してきたのは、物流業界の地位をより高めたいとの思いに駆られてのことでした。今後はさらに事業の枠を広げて、物流にまつわる幅広いニーズい応えられる新規事業の計画もあります。私たちとともに新しい物流を作り上げる仲間に巡り合いたいと思っています。
<代表取締役・児玉 聖司>

会社データ

プロフィール


私たちが扱う「危険物」とは広く社会に流通している、「素材」や「原料」です。そして、それらは海を越えて輸出されたり、輸入されたり世界を行き交い人々の暮らしに必要な生産活動を支えています。

しかし、化学品は適切な取扱をしないと事故や災害に直結してしまいます。私たちは危険物を取り扱う専門の物流業者として「安全第一」を大前提とし化学品物流を担います。お客様のニーズにこたえていくことを通して環境保全、安全な社会、地域貢献の実現を目指し、社員一同、日々の業務に邁進していく所存でございます。

「思いやりを尽くす、お客様共感型サービス企業」の理念を忘れる事はありません。

玉家グループ 玉家運輸倉庫株式会社 株式会社ワン・ツー・ストック
代表取締役 児玉 聖司

事業内容

PHOTO

■倉庫事業部■業務部■運輸事業部

■一般貨物自動車運送業
■貨物利用運送事業
■貨物軽自動車運送事業
■倉庫業
本社郵便番号 240-0067
本社所在地 横浜市保土ヶ谷区常盤台37-27
本社電話番号 045-333-1431
第二本社郵便番号 236-0003
第二本社所在地 横浜市金沢区幸浦2−8−16
第二本社電話番号 045-785-0314
創業 昭和9年
設立 昭和39年
資本金 5,000万円
従業員 43名
売上高 8億円(2018年3月実績)
事業所 倉庫事業部 危険物倉庫:〒236-0003 横浜市金沢区幸浦2-8-16
運輸事業部:〒240-0067 横浜市保土ヶ谷区常盤台37-27
鳥浜営業所:〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町13-14
幸浦第2倉庫:〒236-0003 横浜市金沢区幸浦2-8-3(佐藤運送内)
関連会社 株式会社ワン・ツー・ストック 玉家株式会社
沿革
  • 創業期
    • 広島から先々代社長聖之助が上京して高島屋に丁稚奉公、戦前はタクシー会社を創業、戦中は消防ポンプをつくり海軍に収める事業を始め終戦間際に佐賀県にて酪農を始める。戦後に先代社長和彦と運送会社を設立。
  • 会社設立
    • 昭和39年 玉家運輸倉庫株式会社設立
      自動車プラグをメインに自動車部品をディーラーに 配送する業務。
  • 発展期
    • 昭和54年 横浜市金沢区に進出して危険物保税倉庫業を 始める
      昭和62年 株式会社ワン・ツー・ストック設立
      平成4年  児玉聖司入社
      平成5年  株式会社ワン・ツー・ストックにて
      危険物自動倉庫稼働
  • 現在
    • 平成19年4月 児玉聖司 代表取締役 就任
      平成28年1月 鳥浜営業所 開設
      平成28年5月 ISO9001 認証取得
      平成28年8月 経営計画発表会を開催
      平成28年10月 初めての新卒内定者 4名
      平成29年1月 新定温自動化倉庫稼働
平均勤続勤務年数 9.9年(2016年度現在実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) ■運送事業 15〜16時間/月
■倉庫事業 20〜30時間/月
(2016年度現在実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒240-0067
横浜市保土ヶ谷区常盤台37-27
045-333-1431
新卒採用チーム宛までご連絡下さい

※求職者以外の方からのご連絡はお断りしております。
URL http://kikenbutsusoko.com/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp219448/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
玉家運輸倉庫(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
玉家運輸倉庫(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ