最終更新日:2018/7/5

マイナビ2019

マイナビコード
219619
  • 正社員
  • 既卒可

日本インスペックス(株)

本社
大阪府
資本金
2,000万円
売上高
4億3千万円(2017年3月期)
従業員
42人
募集人数
6〜10名

【☆セミナー予約受け付け中☆】【☆大阪で随時開催中☆】いつ悲鳴をあげるか分からない構造物のドクター!社会の安全と品質を守る仕事をしてみませんか。

6月6日、6月13日 ☆少人数制☆選考直結型のセミナー予約受け付け中! (2018/05/15更新)

◇◆◇◆◇◆2019年卒 新卒採用スタート◆◇◆◇◆◇

こんにちは。日本インスペックス 採用担当です。
この度、下記日程にて”少人数制”×”選考直結”セミナーを実施します。
「非破壊検査」に興味を持っていただけた方はぜひご参加ください♪

-----------------------------------------------
■6月 6日(水)13:30~14:30
■6月13日(水)13:30~14:30
-----------------------------------------------

☆皆様からのご予約をお待ちしております☆

会社紹介記事

PHOTO
非破壊検査とひと言で言っても多種多様。磁気を使ったものからX線や赤外線、超音波を利用したものまで、対象によって技術や機械を使い分ける事が大切になります。
PHOTO
磁力を利用して表面や表面直下のきずを検出する検査です。ギヤの歯面、ボルトの全表面検査などに利用されています。破壊せずにきずを発見する、まさに構造物のドクター!

いつ悲鳴をあげるか分からない構造物のドクター!それが”非破壊検査”!


■ 構造物のドクター!それが非破壊検査です
「非破壊検査」と言われても、何をしているの?と疑問に思う方もいると思います。

”子供のころ、オモチャやテレビの中がどうなっているか知りたいと思って、
ドライバーを握り締めたことはありませんか?”

”また、スーパーマンのように
何でも透視できる視力を持ちたいと思ったことはないでしょうか。”

”もし、見えないものが見えたら…。”
”それも物を壊さずにすべてが手に取るように分かったら…。”

医師が聴診器やX線、胃カメラなどを使って、
患者のからだを診断するように、構造物の現状を調査する。
そんなスゴイ方法が非破壊検査なのです。

非破壊検査があれば、大きな事故や故障が起きる前に、
具合の悪い部分が検出でき、高速道路やマンションの壁面が
ボロボロ落ちるのを防ぐことができるし、生産工程で不良品を作ることもなくなります。
またガラス管や水道管の破裂を防ぐことだって可能です。
非破壊検査は人の目が届かない場所はもちろん、顕微鏡でのぞかないと
見つけられない極々小さな欠陥まで、細大ももらさず探し出す特殊な診断技術なのです。
つまり最先端の技術を駆使して、いつ悲鳴をあげるか分からない構造物ののドクターであり、
安全性を保証する特捜隊が日本インスペックスです。

■ 景気に左右されにくく、安定した成長
高度経済成長期からバブル期に造られた各種構造物の老朽化が進でいることもあり、   
「非破壊検査」の需要は常に求められています。
また、どんな時代も必要とされる技術のため、景気状況に左右されにくく、
今後も安定的な成長が見込まれています。

■ 未経験でも活躍できるフィールドがあります
当社では、資格取得を積極的に支援しています。
誰もが取得できる資格より、
ちょっとスゴイ資格で社会の注目を集める資格者として、誇りと自信をもって働けます。
企業にとって社員こそが財産。
そう考える当社では社員ひとりひとりの個性や能力を大切にした教育を実施しています。
先輩がマンツーマンで個人の適正に応じた指導を行うほか、一流の技術者を育成するため
基礎知識や技術の習得を目指した職場教育(O.J.T)を実施。
外部の研究機関との連携も強化しています。そのため、文系出身の社員も活躍しています。

会社データ

プロフィール

1968(昭和43)年に鋼構造物の非破壊検査を始め、「行動する検査集団」をモットーに、数多くの構造物の検査・調査・診断を手掛け、安全性の管理に貢献してきました。ISO9001を取得し、新時代に向けての企業革新を目指し、さらに高度な技術力で幅広い分野にチャレンジしています。

事業内容
1.保守検査
   発電プラント定期検査 化学プラント定修工事
   貯蔵タンク開放検査 遊具設備年次点検
2.各種機器構造物非破壊検査
   配管 ポンプ 圧延素材 鉄骨 橋梁 航空部品
3.その他検査・調査
   鉄筋探査 沈下測定 硬さ測定 SUMP試験 腐食調査
4.検査品持込による非破壊検査業部
   バルブ開先部・主要部 配管溶接部 圧力容器溶接部
   軸 ボルト 機械部品等の内部検査
本社郵便番号 531-0072
本社所在地 大阪市北区豊崎4丁目12番17号
本社電話番号 06-6375-2211
非破壊試験所郵便番号 534-0002
非破壊試験所所在地 大阪市都島区大東町2丁目4番19号
非破壊試験所電話番号 06-6924-3111
設立 1968(昭和43)年11月26日
資本金 2,000万円
従業員 42人
売上高 4億3千万円(2017年3月期)
事業所 本社(大阪市北区)
非破壊試験所(大阪市都島区)
堺出張所(堺市)
姫路出張所(姫路市)
経常利益 経常利益 7200万円(2017年3月期)
主な取引先 電力会社関係、化学工業関係など
平均年齢 36.8歳(2018年4月1日現在)
平均給与 30歳平均給与(2017年)441万円
40歳平均給与(2017年)535万円
社員取得資格一覧 文部科学省      第1種放射線取扱主任者
           第2種放射線取扱主任者

厚生労働省      エックス線作業主任者
           ガンマ線透過写真撮影作業主任者
           酸素欠乏危険作業主任者
           有機溶剤作業主任者
           第1種衛生管理者

国土交通省      測量士(補)

日本非破壊検査協会  超音波探傷試験 レベル2・3
           放射線透過試験 レベル2・3
           渦電流探傷試験 レベル2・3
           磁気探傷試験  レベル2・3
           浸透探傷試験  レベル2・3
           ひずみ測定   レベル2・3

日本非破壊検査工業会 配筋探査技術者

日本溶接協会     WES/溶接管理技術者
           CIW検査技術管理者
           CIW上級検査技術者
           CIW試験技術者
沿革
  • 1968年
    • 日本溶接検査(株)を設立(資本金400万円)
  • 1970年
    • 社屋ビルを建設
      試験設備新設
      放射線同位元素使用許可(文部科学省)を受ける
  • 1974年
    • 資本金を600万円に増資
      (株)インスペックスを設立
  • 1976年
    • 資本金を1,100万円に増資
      (援護資本金を2,400万円にする)
  • 1982年
    • 資本金を2,000万円に増資
  • 1988年
    • 日本溶接検査(株)を日本インスペックス(株)に社名変更
  • 1997年
    • 品質システムISO9002取得
  • 2003年
    • 品質システムISO9001取得
  • 2013年
    • 本社を北区豊崎へ移転 旧本社を非破壊試験所とする
平均勤続勤務年数 12年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 1名(うち女性1名 男性0名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名 男性0名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒534-0002

大阪市都島区大東町2丁目4番19号
採用担当 谷川
06-6924-3111
URL http://www.nihon-inspex.co.jp
E-mail osaka@nihon-inspex.co.jp
交通機関 JR大阪駅前よりバス20分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp219619/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本インスペックス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ