最終更新日:2018/7/17

マイナビ2019

マイナビコード
219978
  • 正社員
  • 既卒可

ジャパンファインプロダクツ(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
神奈川県
資本金
2億円
売上高
115億円(2017年3月実績)
従業員
214名
募集人数
6〜10名

※夏採用開始※特殊ガスの生産に特化した、大陽日酸グループのガスメーカーです。

【選考直結会社説明会開催日!】本社にて7月13日に選考直結の会社説明会を実施いたします! (2018/06/20更新)

学生の皆さんこんにちは、
ジャパンファインプロダクツ採用担当の柳川です。
夏季選考として、選考直結会社説明会を7月13日(金)開催したします。
是非エントリーをお願い致します。

会社説明会では、会社の概要や製品に対するご説明のあと、同敷地内にある
工場見学も予定しております。また、先輩社員も交えての質問タイムも設けて
いますので知りたいことがあればどんどんご質問ください。
(お答えできる範囲で出来る限り回答させて頂きます。)

会社紹介記事

PHOTO
鉄鋼、化学、自動車など広範囲な工業分野へ高純度ガスや標準ガスを供給する同社。川崎、小山、三重、北九州に拠点を持ち、日本の産業発展に貢献してきた実績を持つ。
PHOTO
新卒入社2年目の若手が主軸製品である「標準ガス」の分析主担当を担うなど、積極的に若手に責任ある役割を任せていく社風。成長できる機会は豊富だ。

世の中に産業がある限り必要とされ続けるメーカーです

PHOTO

原料調達や製品展開において、積極的にグローバル展開を図っているのもJFPの特徴。近年では海外需要も伸び、グローバルに活躍できるステージも用意されている。

あらゆる産業分野や環境保全に欠かせない役割を担う、“特殊ガス”の生産に特化したメーカー。それが私たちジャパンファインプロダクツ(JFP)です。
大気や排ガス等の測定を行う上で欠かせない基準となる「標準ガス」、半導体製造等で欠かせない「半導体材料ガス」、キーデバイス等の洗浄用途に使われる「高純度ガス」をはじめとした「化合物半導体材料ガス」や「混合ガス」など、専門的に使用される特殊なガス製品の生産を行っていることが当社の特徴です。いずれも工業分野や環境保全において「なくてはならない役割」を果たすものであることから、強い社会貢献性を感じながら仕事に取り組めることが当社で働く上での一つの大きなやりがいとなることでしょう。

「さまざまなバックグラウンドを持った人間が活躍できる」というのも当社の特徴の一つ。
化学系だけでなく機械工学出身の方であればプラントやライン設計・運営、電気電子工学なら計装設計や制御設計、物理系学ならばボンベ等の腐食処理や内面処理など、学生時代に培った専門性を活かせる多彩な技術領域があります。ガスだけでなく、ガス生産に必要な設備や機器類もすべて自分たちで設計するのが私たちJFPのスタイルですので技術志向の強い方なら存分にエンジニアリング業務本来の魅力を味わうことができるでしょう。

そんな当社では、次世代を担う人材育成に力を入れています。より平等で柔軟な組織作りを目指し、社員に働きやすい環境を整えていますので、新入社員のみなさんには安心して入社していただきたいと思います。研修制度も整えていますから、みなさんには学生時代に学んだことをベースに、より専門性を高めていくような強い向上心をもっていただきたいですね。独自の感性や新たな視点で「これまでにない何か」を生みだせるような人と一緒に仕事がしたいと思っています。

日本有数の化学総合メーカーとして知られる三菱ケミカルホールディングスの一員であり、産業用ガスのリーディングカンパニーである大陽日酸(株)の特殊ガス製造会社として生まれた当社。それだけに企業としての安定感は抜群であり、私たちの特殊ガスは世の中に産業がある限り必要とされ続けるものですから、じっくりと腰を据え、長期的視野で成長を目指せる環境があります。ぜひ、そんな当社で私たちと一緒に、社会貢献につながる仕事をしませんか。
<代表取締役社長 池谷 幹夫>

会社データ

プロフィール

三菱ケミカルホールディングスグループで、日本の産業ガスリーディングカンパニーである大陽日酸(株)(東証一部上場)の100%子会社です。当社の製品は、大気や排ガス等の測定に欠かせない基準となる「標準ガス」、不純物を極限まで除去して、キーデバイスの製造プロセスなどに使用される「高純度ガス」、日々高集積化が進む半導体に使用される「半導体ガス」…などで、現在ほど先端技術の発展に特殊ガスの果たす役割が大きい時代はありません。
2001年10月に誕生したJFP(ジャパンファインプロダクツ(株))は、特殊ガスの生産に特化したガスメーカーです。
自らに課したハイレベルな品質管理を徹底し、実証を積み重ね、精製、充填、分析技術を高めています。また、容器の管理を徹底し、高度な容器内洗浄技術などともあいまって、常に高品質の製品をお客様にお届けしています。
すべての工場で自動操縦を推進しており、遠隔監視、機器制御の保安システムを網羅し、担当者に厳しい安全管理教育を実施しています。
また、工場と販売元とは受発注情報をペーパーレスでリアルタイム化し、万全な生産計画、納品計画のもとに安定供給しています。

事業内容
容器詰め純ガス、標準ガス、混合ガス、半導体材料ガス、希ガスの製造、販売
※尚、製造品は全て親会社である大陽日酸(株)を通して販売致します。
本社郵便番号 210-0866
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区水江町3-3
本社電話番号 044-288-4700
設立 2001年10月25日
資本金 2億円
従業員 214名
売上高 115億円(2017年3月実績)
事業所 本社
小山工場
川崎工場
三重工場
北九州工場
株主構成 大陽日酸(株) 100%出資
主な取引先 大陽日酸(株)
関連会社 大陽日酸(株)
平均年齢 42.5歳
平均勤続年数 9.8年
沿革
  • 2001年10月
    • 会社設立
      (日本酸素(株)50%大陽東洋酸素(株)50%出資の共同生産会社)
  • 2002年4月
    • ジャパンファインプロダクツ(「JFP」)として生産開始
  • 2003年4月
    • 三重工場に世界最大のMOガス生産量と精製能力を有するMO用ガス製造設備増設
      川崎工場に国内最大規模のジクロロシラン(SiH2Cl2)充填設備を新設
  • 2004年10月
    • 大陽日酸(株)100%出資
  • 2004年12月
    • ISO14001-1996認証登録(JCQA:マルチサイト)
  • 2005年4月
    • 2004年度年間生産本数40万本を達成
  • 2005年7月
    • ISO14001-2004認証登録更新(JCQA:マルチサイト)
  • 2008年6月
    • 三重工場にて新容器整備棟の稼動を開始
  • 2008年9月
    • 三重工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)
  • 2009年6月
    • 三重工場にてSiH4用ISOモジュール倉庫設置
  • 2009年7月
    • 川崎工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)
  • 2009年10月
    • 小山工場、北九州工場でISO9001-2008認証登録更新(JCQA)
  • 2010年9月
    • 会社略名である「JFP」を商標登録(登録第5351179号)
  • 2011年3月
    • 川崎工場にてCOS(硫化カルボニル)の蒸留開始
      北九州工場のB2H6製造設備を増強
  • 2011年7月
    • 三重工場にてH2Se(セレン化水素)の製造開始
  • 2012年7月
    • 北九州工場 保税蔵置場許可
  • 2015年7月
    • 某大学との共同研究開始
      三重工場 10nmプロセス向け次世代材料ガス生産設備設置
  • 2016年5月
    • 川崎工場のCOS設備増設
平均勤続勤務年数 10年9ヶ月(2017年度)*2018年1月現在
月平均所定外労働時間(前年度実績) 5.6時間(2017年度4月〜12月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.5日(2017年度4月〜12月実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒210-0866
神奈川県川崎市川崎区水江町3-3
管理部管理一課 採用担当
FAX 044-288-4751
E-mail U29700@sanso.co.jp
交通機関 JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」下車、川崎東口より臨港バス水江町又はエリーパワー行き(1番乗場)約20分「東亜石油前」下車、バス停留所より徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp219978/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
ジャパンファインプロダクツ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ