最終更新日:2018/1/9

マイナビ2019

マイナビコード
221076

(株)ダイドー電子【大同特殊鋼グループ】

本社
岐阜県
資本金
14億9,000万円
売上高
71億円(2016年度)
従業員
236名

【大同特殊鋼の100%子会社】これからの成長産業に欠かせないのがわが社の「磁石」。岐阜県・東濃エリアからを世界の産業を支えています!

会社紹介記事

PHOTO
熱間成形では大きな焼結炉が不要な上、押出しを行うことで磁力の方向性が一定の製品がつくれます。板状の磁石が多い中、円柱形やかまぼこ状のモノができる点も特徴です。
PHOTO
定着率もが高く、福利厚生も充実!明るい職場です。

新卒に期待するのは、専門知識よりも“試行錯誤のプロセス”です!

PHOTO

「人目に触れる機会は少ない製品ですが、社会貢献への強い使命感を持って取り組んでいます」と牧野部長。

私たちの会社では希土類ボンド磁石、ネオジムラジアル異方性リング磁石というものを中心に製造・販売を行っています。
磁石には駆動源としての役割があり、主にモータ等に用いられています。ただエンジン周りなど、高熱を発するところには従来の磁石は使えませんでした。それを可能にしたのが、熱間押出し法という当社独自の製法から生まれた製品です。

学生時代に磁石を専門で学ぶ機会は少なく、中には「ニッチな世界」と思っている人もいるかもしれません。確かに使用されるのは“モータやセンサー等、一部分のみ”ですが、世界の動力の約70%はモータです。そして回転系のモータには磁石が欠かせません。パソコンのハードディスクや携帯電話、ゲーム機器、エアコン、自動車の電動パワーステアリングやアクチュエータにも用いられています。
さらに近年は環境規制の強化に伴いHEVや EVカーの駆動モータでの需要が増えていますし、少子化・省力化を解決すべく、工場へのロボット導入などのFA化にも磁石が用いられるなど、まさに「成長産業の担い手」とも言える製品なのです。

あなたにお任せしたいのは、そんな当社の製造部門の管理者的な役割。大規模な組織ではないため、分業制ではなく、製品に対する取引先との折衝から現場に出すまでの検証や試作、量産後の出荷の仕方までトータルに携われる点が魅力だと思っています。
特に近年では、当社の製品の6割が自動車向けであり、さらにその比率を増やしていく予定。人の命を預かる自動車では、何より品質管理が重視されていて、技術者として存分に力を発揮するチャンスも増えていくことでしょう。

大同特殊鋼の完全子会社だけに、経営基盤は盤石。岐阜県中津川市にある本社工場は広々とした敷地で、テニスコートやバスケットコート、遊歩道なども完備されていて、働く環境面も自慢です!
また当社はタイと中国に製造拠点を有し、グローバルな企業としても注目を集めています。あなたの意欲次第で、どこまでも活躍フィールドを広げていける環境が待っています(取締役総務部長 兼 業務室長/牧野直季)

会社データ

事業内容

PHOTO

自動車の駆動用モーター、パワーステアリングモーターなど、車載用モーター、センサ、産業用モーターなどにわが社の磁石が搭載されています。

ネオジムボンド磁石、ラジアル異方性リング磁石およびその応用品の製造・販売
本社郵便番号 509-9132
本社所在地 岐阜県中津川市茄子川1642-144
本社電話番号 0573-68-6177
設立 1990年1月
資本金 14億9,000万円
従業員 236名
売上高 71億円(2016年度)
関連会社 大同特殊鋼グループ
平均年齢 38歳
平均勤続年数 11年
平均勤続勤務年数 11年(2016年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2016年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.4日(2016年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 2016年度実績:女性1名、男性0名
前年度の育児休業取得者数 2016年度実績:女性1名、男性0名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ダイドー電子【大同特殊鋼グループ】 と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ