最終更新日:2018/7/18

マイナビ2019

マイナビコード
222331
  • 正社員
  • 既卒可

岡本興業(株)

本社
北海道
資本金
5,000万円
売上高
49億1,420万円(2017年5月度決算)
従業員
154名(2017年11月末現在)
募集人数
6〜10名

【文理不問】生活の礎としての砕石の生産と、現代人の生活には欠かせないコンクリートを製造し、地域の社会資本の拡充に貢献しています。

2019年度卒の新卒採用を開始いたします! (2018/06/27更新)

こんにちは!岡本興業(株)の採用担当です。
当社に興味を持っていただき、ありがとうございます。

技術職・現業職希望者向けの企業説明会を受付しています。
参加のお申し込みをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
砕石は北海道内に4工場、茨城県に3工場の計7工場で生産しています。【写真:浜頓別工場】
PHOTO
普通・舗装・高強度・高流動・特殊コンクリ−ト等の様々な製品で、大規模打設から一般住宅まで、あらゆるニ−ズに対応します。【写真:本社生コン工場】

石から始まる社会基盤の創造をトータルネットワークで支えます。

石は、古来から社会の発展に寄与してきました。
たとえば「礎」という漢字は、建築の土台となる石に由来します。
いかに壮麗な建築といえども、しっかりした土台がなければ強度が保てないのと同様、飛躍的に発展した今日の社会であっても、その「礎」となる存在が大切。
現代建築の基本となるコンクリートも砕石や砂、セメントからできている人工的な石。
快適さや安全を守る「礎」として人々の暮らしを支えています。
1953年の創立以来、岡本グループは社会の成長を影で支える存在として、人と社会の「礎」を担い続けてきました。
そして、これからも砕石やコンクリートをはじめとした石の恵みを原点に、皆様からの信頼にお応えできるよう、トータルなネットワークで社会基盤の創造を支えていきます。

会社データ

プロフィール

北海道と北関東を舞台に事業展開、社会資本の充実に実績を重ねています。
本社を札幌に置き岡本グループの中核として、砕石および生コンクリートの生産・販売、道路舗装等各種土木工事の施工を行っており、道央・道北・後志、道外では茨城県の笠間市、日立市等に事業展開。
それぞれの地域のユーザー各社と深い信頼関係を結び、地域の社会資本の拡充に実績を重ねさせていただいております。

事業内容

PHOTO

冬期間は札幌市南区を中心に除排雪業務を行います。

■砕石・砕砂の製造及び販売
砕石は貴重な天然資源である岩石を破砕・分級し、建設基礎資材の骨材として用途に適する品質を確保した製品です。
私たちの生活のまわりにある学校やビル・道路や橋・鉄道・港湾・空港・ダムなどあらゆる場所で使用されています。

■生コンクリートの製造及び販売
現代人の生活には欠かせない各種コンクリートを製造し、地域の社会資本の拡充に貢献しています。

■産業廃棄物の収集・運搬、中間処理業
産業廃棄物の再資源化、土壌汚染処理技術の研究開発、リサイクル事業を通し、環境にやさしい循環型社会の形成に貢献しています。

■各種土木工事(道路舗装等)の施工、道路維持管理業務
道路工事をはじめとした各種土木作業、冬季は除雪作業で地域の皆様の快適な生活に貢献しています。

岡本興業で生産された資材は、岡本グループ内の建設資材商社「北信産業(株)」と、運送を担当する「大和建設運輸(株)」と共にお客様へお届けします。
本社郵便番号 005-8585
本社所在地 北海道札幌市南区真駒内本町1丁目1番1号
本社電話番号 011-841-1435
創業 1948年(昭和23年)
設立 1963年(昭和38年)7月
資本金 5,000万円
従業員 154名(2017年11月末現在)
売上高 49億1,420万円(2017年5月度決算)
事業所 ■浜頓別工場
■浜益工場
■南の沢工場
■藤野工場
■日立工場
■笠間工場
■関本工場
■石狩事業所
■岩内営業所
主な取引先 札幌砕石共販、札幌市、札幌開発建設部、(株)NIPPO、日本道路(株)、(株)大林組、大成建設(株)
関連会社 ■大和建設運輸(株)
■北信産業(株)
■関本開発(株)
■北海道生コン工業(株)
■真栄建設運輸(株)
沿革
  • 1963年(昭和38年)7月
    • 北海道開発にかかせない道路用砕石の供給に寄与するため、資本金150万円で札幌市南10条西11丁目に岡本建材(株)を設立。
      岩内町、浜頓別町、茨城県笠間市に営業所を開設し、砕石製造販売を開始する
  • 1964年(昭和39年)2月
    • 土木部門の知事登録(特39)石474号を受け土木工事及び道路舗装工事請負業を開始する。
  • 1966年(昭和41年)12月
    • 同社を(株)岡本興業に商号変更。
  • 1967年(昭和42年)1月
    • 同社を岡本建設(株)に商号変更。
  • 1969年(昭和44年)4月
    • 札幌市南の沢に南の沢事業所(山砕)を開設。
  • 1970年(昭和45年)12月
    • 同社を岡本興業(株)に商号変更。
  • 1984年(昭和59年)7月
    • 茨城県日立市に日立事業所を開設し砕石の製造販売を開始する。
  • 1988年(昭和63年)4月
    • 岡本グループ創立35周年記念旅行を実施。(ハワイ 〜6月)
  • 1989年(平成元年)9月
    • 岩内営業所 UNKサービスステーションを開設する。
  • 1993年(平成4年)4月
    • 岡本グループ創立40周年記念旅行を実施。(ハワイ 〜6月)
  • 1993年(平成5年)12月
    • リサイクル事業(RC,AS等の中間処理施設)を浜頓別に開設する。
  • 1994年(平成6年)2月
    • 札幌市に社員独身寮「エテルノ」を新築する。
  • 1997年(平成9年)4月
    • 北海道生コン工業(株)を吸収合併する。
  • 2000年(平成12年)6月
    • リサイクルプラント(廃コン中間処理施設)を石狩市に開設する。
  • 2001年(平成13年)3月
    • 建設事業部ISO9001:2000/JISQ9001:2000規格登録。
  • 2002年(平成14年)7月
    • 札樽石産(株)を吸収合併する。
      リサイクルプラント(燃え殻中間処理施設)を石狩市に増設する。
  • 2002年(平成14年)11月
    • 火薬類保安功労で優良事業として経済産業大臣表彰を受賞。
  • 2004年(平成16年)4月
    • 岡本グループ創立50周年記念旅行を実施。(ハワイ・韓国・金沢 〜6月)
  • 2005年(平成17年)11月
    • 北海道産業貢献賞を受賞(岡本繁美)。
  • 2006年(平成18年)4月
    • 石狩市浜益に砕石工場を開設する。
  • 2009年(平成21年)9月
    • (株)ニチオカを吸収合併する。
  • 2011年(平成23年)1月
    • 建設事業部ISO9001:2008/JISQ9001:2008規格登録。
  • 2011年(平成23年)9月
    • 共和砕石(株)を吸収合併。
  • 2013年(平成25年)10月
    • 岡本グループ創立60周年記念祝賀会を実施。(旭岳温泉・旭岳万世閣ホテルベアモンテ)
  • 2015年(平成27年)12月
    • 真栄建設運輸(株)を岡本グループ傘下に入れる。
平均勤続勤務年数 15年
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 8% (60名中女性5名・2017年度)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 岡本興業(株) 管理部総務グループ
採用担当 五日市、西村
〒005-8585
札幌市南区真駒内本町1丁目1-1
TEL:011-841-1435
URL http://www.okamotogroup.co.jp/
交通機関 地下鉄:南北線・澄川駅から徒歩20分
じょうてつバス:真駒内本町1丁目停留所から徒歩2分
マイカー通勤可
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp222331/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
岡本興業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ