最終更新日:2018/7/27

マイナビ2019

マイナビコード
224048
  • 正社員

(株)ヒラノK&E

本社
奈良県
資本金
3,000万円
売上高
3,520百万円、経常利益608百万円(2018年3月期)
従業員
51名(2017年11月6日現在)
募集人数
1〜5名

【夏採用】【転勤なし】【新卒社員の過去5年間の離職率ゼロ!】【冷暖房完備のきれいな工場です】【スマホ のタッチパネル等の 真空成膜装置メーカー】

採用担当者からの伝言板 (2018/07/24更新)

こんにちは!  
株式会社K&E 採用担当者です。

この度は数ある企業の中から当社採用ページを閲覧いただき、
誠にありがとうございます!

興味のある方はまずはエントリーをお願いいたします。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

夏採用 に向けて
■会社説明会開催!

会場:弊社オフィス


説明会の時間は、約1時間半程予定しております。

当日は先輩社員が当社の事業内容や社風についてご説明致します。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。


皆様とお会いできることを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2014年に竣工した真新しい社屋のオフィス。1階には技術部や製造部など。2階には設計部があり、1〜2階を吹き抜けにした形の製造工場が併設されています。
PHOTO
ヒラノK&Eのもう一つの主力製品である,天然繊維や合成繊維の染色仕上、熱処理をおこなう繊維機械。ひずみは100分の5ミリ以下の精度が求められます。

最先端技術の分野で、仕事全体を自分の手で動かす醍醐味があります。

PHOTO

設計でありながら、お客様先で、お客様の声を直接聞けるのも、この仕事の魅力。厳しい指摘もありますが、お褒めの言葉をいただけた時は本当にやりがいを感じます。

■タッチパネルの主要部品をつくる機械を設計
ヒラノK&Eが手掛ける真空成膜装置は、その名の通り、真空の容器内でフィルムに銅やインジウム・スズ酸化物(ITO)などの膜を付ける装置です。でき上がったフィルムは、スマートフォンやタブレットなどのタッチパネルに使用されます。ヒラノK&Eは現在、この市場で世界的に高いシェアを誇るタッチパネルメーカーに製品を納入しています。私は入社以来ずっと、この真空成膜装置の設計を担当しています。設計とはいえ、部品の調達や現地での機械の立ち上げなども行いますので、やることは幅広いです。機械の試運転から立ち上げまでは細かな調整は必要ですので、数カ月間、海外に出張することもあります。機械の設計から完成までの流れを、工程管理も含めて、自分の意思で決定できるところがこの仕事の魅力です。それだけ責任は重いですが、自分で仕事を動かしているという醍醐味を感じます。

■大きな転機となったアメリカ出張
学生時代に工業科で設計の勉強はしてきたとはいえ、入社したての頃はわからないことだらけで苦労しました。人の案をモデリングするのと自分が案を出して計画するのとでは、仕事の中身が全く違います。図面は描けるが、設計は自分にはできないのではと悩んだこともありました。そんな私がこの仕事を面白いと思うようになったのは入社2年目の頃。先輩の仕事を引き継いで、1人でアメリカのコロラド州デンバーに数カ月間出張に行った時でした。初めての海外出張で当然緊張しましたが、自分が設計した機械を、海外の地で、自分の手で立ち上げたことが、大きな自信になりました。機械に対するお客様の声を直接聞けたのも良かったですね。アメリカでの生活も楽しく、全てにおいて良い経験になったと思っています。

■後輩の傘となれるような上司が目標
ヒラノK&Eにはベテラン社員が多く、頼りになる先輩がたくさんいます。特に上司には、トラブルなどで、これまで何度も助けていただきました。今の上司がいなければ、挫折していたかもしれないと思うほどです。そんな上司から最近は、一緒に出張に行くと「助かるわ」と言われるので、少しは自分も成長できたかなと嬉しくなります。わからないことはまだまだたくさんありますが、もっと実力をつけ、今度は私が部下の傘になれるような上司に成長できればと思っています。〈設計部 設計1課 機械1グループ 中島 隆裕/2006年入社〉

会社データ

プロフィール

1948年(昭和23年)4月 大阪光音電気研究所として創業
             電子ビーム、真空機器、一般通信機器の製造販売
1958年(昭和33年)4月 大阪光音電気株式会社に社名変更
1980年(昭和55年)8月 光音電気株式会社に社名変更
1987年(昭和62年)10月 平野金属株式会社(現・株式会社ヒラノテクシード)
             の100%出資子会社となる
1989年(昭和64年・元年)1月 ヒラノ光音株式会社に社名変更
2014年(平成26年)3月 株式会社ヒラノテクシード敷地内に社屋新築して移転
2017年(平成29年)4月 ヒラノグループの株式会社ヒラノエンテックと合併 
             し、社名を株式会社ヒラノK&Eに変更           

旧ヒラノ光音は創業来真空関連の装置メーカーとして、また合併したヒラノエンテックは親会社(ヒラノテクシード)の業務であった繊維関連機械の製造を担って設立した企業であり、今回の合併で「真空」と「繊維」、「塗工」、「化工」の各関連装置・機械メーカーとして、開発力を高め幅広くお客様の更なるニーズに応えられる企業に生まれ変わっています。

事業内容
■走行式スパッタリング装置
■走行式CVD装置
■走行式蒸着装置
■走行式脱ガス装置
■走行式プラズマ処理装置
■各種繊維加工用 "シンプレックステンター"
■風合防縮加工用 "シュリンクサーファー"
■連続減量加工機 "ジェットスリム"
■高機能繊維用各種処理装置
■その他染色整理用処理装置
■株式会社ヒラノテクシードが納入した各種機械の部品・改造
 及びアフターメンテナンス工事全般
本社郵便番号 636-0051
本社所在地 奈良県北葛城郡河合町川合101-1
本社電話番号 0745-56-3901
設立 1980年8月
資本金 3,000万円
従業員 51名(2017年11月6日現在)
売上高 3,520百万円、経常利益608百万円(2018年3月期)
沿革
  • 1980年 8月
    • 光音電気株式会社設立
  • 1987年 6月
    • 株式会社ヒラノエンテック設立
  • 1987年 10月
    • 平野金属(株)(現・(株)ヒラノテクシード)の100%出資子会社となり、真空技術の多角拡販を目指し、経営強化を促進
  • 1989年 1月
    • 親会社の社名変更(株式会社ヒラノテクシード)と同時にヒラノ光音株式会社に社名変更
  • 2014年 3月
    • ヒラノ光音が大阪市平野区加美から親会社ヒラノテクシードの敷地内の新築の本社屋・工場に移転
  • 2017年 4月
    • 同ヒラノグループ会社であるヒラノエンテックを吸収合併
  • 2017年 5月
    • ISO14001 2015年度版取得
平均勤続勤務年数 16年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 11時間(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒636-0051
奈良県北葛城郡河合町川合101-1
新卒採用担当宛
TEL(0745)56-3901


問合せフォーム
https://ssl.alpha-prm.jp/hirano-ke_co_jp/contact/index.html
URL http://www.hirano-ke.co.jp/index.html
交通機関 JR関西本線「法隆寺駅」より、自社送迎バスにて5分
※送迎バスは法隆寺駅 南側ロータリー発着です。
※法隆寺駅は、大阪の天王寺駅からも電車で20分でアクセスできます。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp224048/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヒラノK&Eと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ