最終更新日:2018/10/2

マイナビ2019

マイナビコード
224137
  • 正社員
  • 既卒可

阪神水道企業団

現在、応募受付を停止しています。

本社
兵庫県
貸借対照表上の自己資本金
897億7,604万円(平成28年度末)
売上高
分賦金収入 177億5,716万円(平成28年度実績)
従業員
241名(平成29年4月)
募集人数
1〜5名

兵庫県の阪神地域に、安全で安心なおいしい水をお届けしている、地方公共団体です。

− 企業団からのお知らせ − (2018/10/02更新)

正規職員を募集する際は、当ページ及び下記のウェブサイトでお知らせします。

★阪神水道企業団採用案内ページ
 http://www.hansui.org/employment

会社紹介記事

PHOTO
 阪神水道企業団は、新技術の研究開発に積極的に取り組んでいます。阪神水道企業団での研究開発は、皆さんの探究心や知的好奇心を満たすことができると確信しています。
PHOTO
 阪神水道企業団は、これまで培ってきた技術を国際会議などで積極的に情報発信するとともに、海外からの研修生を受け入れるなど、国際貢献を積極的に推進しています。

先輩職員の声

PHOTO

 私が初めて配属された部署は浄水管理事務所の施設課で、機器点検、設計書の作成などを行っていました。入庁2年目からは所内異動に伴い、浄水課に配属となりました。
 浄水課の業務は、運転管理、浄水処理、水質管理、日報・月報があり、その中で私は、日報作業を担当しています。日報作業とは、1日当たりの水量や電力量、水質などを1つにまとめて関係課所に報告する業務です。多くの数値を扱い、1つのミスが各事業所にも影響するので、とても慎重になる作業です。
 また、浄水場で使用する浄化薬品の発注、受入作業もあります。天候などにより薬品の消費量が変わるので、あらゆることを想定しなければなりません。浄水課の業務は、責任が重く大変ですが、上司や周りの先輩方が一つひとつ丁寧に教えてくださるので、とても働きやすい職場です。
 皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。
(平成27年度入庁 技術 (機械) 職 浄水管理事務所浄水課 井上 弘貴)

 私が所属している部署は施設管理課の設備係です。
 設備係は主に電気や機械設備の維持管理やエネルギー、情報通信にかかわる調整などを行っております。
 私はその中でも電気の職員として、主に電気設備の維持管理及び工事の設計と審査を担当しております。
 阪神水道の魅力は、所属部署に関係なく接してくださる方が多く、馴染みやすく明るい職場環境だと思います。
 また、豊富な専門知識を持っておられる先輩方も多いので、仕事についてわからないことがあっても、適切な助言をいただけるので、とても働きやすいと思います。
 阪神水道企業団の知名度は低く、少し地味なイメージがありますが、「安全な水を安定して供給する」という責任のある事業体であり、そのぶん仕事にやりがいや充実感を感じることのできる職場であると私は思っています。
(平成27年度入庁 技術(電気)職 施設管理課設備係 大塚 瑞季)

※所属や業務内容等は、執筆当時のものです。

会社データ

プロフィール

 阪神地域は、水道水源となる大きな河川がなく慢性的な水不足に悩まされてきました。そこで、安定した給水を確保するため、昭和11年7月に「阪神水道企業団」が設立され、遠く琵琶湖・淀川水系を水源とする水道用水供給事業にとりかかり、昭和17年に給水を開始しました。
 以来、発展を続ける構成市の水需要に対処するため拡張工事を実施し、現在は1日最大1,128,000立方メートルの供給能力を有し、オゾンと活性炭処理を取り入れた高度浄水処理水を阪神地域に供給する、最重要インフラのひとつとして、事業を行っています。

<阪神水道企業団が求める人材像>
・ライフラインを守る使命感や責任感を持った方
・広い視野を持ち、何事にも積極的に取り組む方
・向上心や改善意識を持ち、物事に柔軟に対応できる方
・周囲と協力して物事をやり遂げられる方

事業内容

PHOTO

【水道用水供給事業】
 阪神水道企業団は、一般家庭等へ直接水を届けるのではなく、水道事業者(水道事業を経営する者)に水道用水を供給する「水道用水供給事業」(水の卸売業)を行っています。
 水道事業経営の主体は市町村が原則であるのに対して、水道用水供給事業は府県や企業団等により経営されます。
 阪神水道企業団の場合、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市及び宝塚市に、淀川から取水し高度浄水処理した水道水を供給しています。

【特別地方公共団体】
 阪神水道企業団は特別地方公共団体であり、職員の身分は地方公務員です。

【皆さまへのごあいさつ】
  阪神水道企業団 企業長 谷本光司

 皆さまは、普段使用されている水道水がどこから来て、どのような工程を経てご家庭や学校に届けられているかをご存知でしょうか。
 私たちが事業を行う阪神地域(神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、宝塚市)は250万人を超える人々が暮らしており、商業や産業が活発に行われている地域です。
 すべての人の生活や経済活動にとって「水」は欠かすことができないものです。
 この地域の膨大な水需要を賄うため、私たち『 阪神水道企業団 』は水量が豊富な琵琶湖・淀川水系に水源を求め、浄水場における浄水処理を経て、地中の水道管を通して地域へ水道水をお届けしています。
 今では当たり前の存在として、社会基盤の一つとなっている水道は、供給工程に携わる職員一人ひとりの不断の努力によって支えられています。「水道の仕事に就く」ということは、地域の市民生活のみならず、経済や産業を根底から支える社会基盤に携わることと言えます。
 阪神水道企業団は、昭和11(1936)年に設立され、およそ80年の間、途絶えることなく、この地域に水道水を供給してきました。地域のライフラインの一翼を担い、安全な水の安定供給はもとより、高度浄水処理という技術の導入など、よりおいしい水の供給にも努めています。
 社会基盤の非常に重要な部分を担っている阪神水道企業団には、使命感ある積極的な方に来ていただきたいと思っています。
 私たちと一緒に、「水のスペシャリスト」として、この地域を支える存在になりましょう。
本社郵便番号 658-0073
本社所在地 神戸市東灘区西岡本3-20-1
本社電話番号 078-431-4351
設立 昭和11年7月21日
貸借対照表上の自己資本金 897億7,604万円(平成28年度末)
従業員 241名(平成29年4月)
売上高 分賦金収入 177億5,716万円(平成28年度実績)
事業所 本庁舎(神戸市東灘区西岡本3-20-1)
浄水管理事務所
 大道取水場(大阪市東淀川区大道南2-9-20)
 淀川取水場(大阪市淀川区西中島2-1-27)
 猪名川浄水場(兵庫県尼崎市田能5-11-1)
 尼崎浄水場(兵庫県尼崎市南塚口町4-5-65)
送水センター
 甲東ポンプ場(兵庫県西宮市上大市3-2-53)
 西宮ポンプ場(兵庫県西宮市室川町2-23)
水質試験所(兵庫県尼崎市田能5-11-1)
平均勤続勤務年数 25年(平成28年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 5時間(平成28年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 16日(平成28年度実績)

採用データ

取材情報

兵庫県阪神地域の「水」をつかさどる浄水場の心臓部、電気設備の安定稼働に挑む!
水の供給を通して250万人を超える人々の暮らしを支える
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒658-0073 神戸市東灘区西岡本3丁目20番1号
阪神水道企業団 総務部 総務課 職員係
TEL  078(431)1893【職員係直通】
URL http://www.hansui.org/
E-mail saiyo@hansui.or.jp
交通機関 ・JR住吉駅下車 徒歩約10分
・阪急御影駅下車 徒歩約15分
・阪急岡本駅下車 徒歩約20分
・阪神御影駅下車 神戸市バス38系統(渦森台行き)「水道橋」下車すぐ
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp224137/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
阪神水道企業団と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ