最終更新日:2018/4/12

マイナビ2019

マイナビコード
225087
  • 正社員

豊橋飼料(株)

本社
愛知県
資本金
4億3,800万円(資本剰余金を含む)
売上高
478億円(2017年3月実績)
従業員
191名(2017年4月)
募集人数
6〜10名

国内畜産の未来をひらき、食卓に信頼をお届けする

こんにちは豊橋飼料採用担当の戸苅です。 (2018/04/12更新)

当社求人ページをごらんいただきありがとうございます。

4月23日(月)までにエントリーシートを郵送してください。
エントリーシートを希望される方は直接お問い合わせください。

電話番号:0532−23−5060

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
安心しておいしく食べられる本物の食品を食卓にお届けします。
PHOTO
私たちが暮らす自然豊かな風土に合わせて生産された食品

勇気や粘り強さ、諦めない努力で生産者・消費者ニーズに素早く反応

PHOTO

「あなたのチャレンジを待っています」 代表取締役社長/平野正規

経営理念にある「国内畜産の未来を開き、食卓に信頼をお届けする」に基づき、生産者や消費者のニーズに幅広く耳を傾け素早く反応し、より多くの方々を笑顔にできるよう取り組みます。

円安基調の継続、不透明な原料情勢や国内・国際経済状況ですが、安定供給・高品質な飼料の提供はもとより、生産者により高いコストパフォーマンスを実現していただくことを重点課題にしています。

テレビやインターネットからたくさんの情報が流れてくる今の時代、少ない情報から想像して答えを出すことに若い人は慣れていません。お客さんの頭の中を覗かせてもらうにはその人の味方になることです。

この人になら見せても良いと思わせない限り本当のことは言ってもらえないでしょう。勇気や粘り強さ、簡単には諦めない努力が必要です。本当の意味での天才という人はほとんどいないと思います。一歩一歩諦めずに地道な努力を非凡に重ねることができる人材を求めます。

会社データ

プロフィール

私たち豊橋飼料は安心しておいしく食べられる本物の食品を提供すべく努力を続けています。 創業から今日に至るまで、全く変わることのない私たちの使命でもあります。

そして、飼料の生産から家畜の育成、畜産物の生産、食品加工まで、生産者の方々と協力して自社で見届ける体制を構築しています。

消費者の皆様に対し、品質と安全性に責任を持ち、おいしさをお届けする「総合畜産食品企業」として日々努力を続けています。

社員すべてが「健康に育てる」という生き物共通のテーマに向かい、新技術の研究・開発を展開しています。

今後も「生き物」の、そして「生きていること」の素晴らしさと感動をお届けすべく、さまざまなチャレンジを展開していきます。

事業内容

PHOTO

◎配合飼料製造
鶏、豚、牛、うずらなどの餌として、複数の飼料原料あるいは飼料添加物を最適な栄養素のバランスで配合・加工した配合飼料の商品開発、製造をしております。

◎環境資材の販売
畜産及びその周辺での環境汚染を防止し、排泄物の有効利用を進め家畜にやさしく、環境にクリーンな畜産をサポートしています。

◎畜産事業
養鶏事業、養豚事業、養牛事業を行い、生産者への安定的な供給に貢献しています。

◎食品販売事業
名古屋コーチン・三河赤鶏・秀麗豚の加工食品を産地直送でみなさまの食卓へお届けしています。
本社郵便番号 441-8074
本社所在地 愛知県豊橋市明海町5-9
本社電話番号 0532-23-5060
設立 1954年4月
資本金 4億3,800万円(資本剰余金を含む)
従業員 191名(2017年4月)
売上高 478億円(2017年3月実績)
事業所 本社 : 愛知県豊橋市明海町5-9
支店 : 千葉工場(千葉県市原市)
姫路工場(兵庫県姫路市)
九州支店(福岡県筑紫野市)
業績 売上高478億円(2017年3月)
関連会社 丸トポートリー食品(株)
丸ト鶏卵販売(株)
千葉丸ト販売(株)
三遠丸ト販売(株)
(株)南設ファーム
(有)アツミファーム
沿革
  • 昭和 6年 8月
    • 豊橋飼料合名会社創業
  • 昭和 13年
    • 柳生川運河(現在の豊橋市牟呂町字扇田21番地)に新工場完成、移転
  • 昭和29年 4月
    • 合名会社を株式会社に組織変更
  • 昭和37年 6月
    • 千葉県市原市に千葉工場を新設
  • 昭和38年 9月
    • 北九州市門司区に門司工場を新設
  • 昭和41年 4月
    • 姫路市に姫路工場を新設
  • 昭和42年 8月
    • 新城市に10万羽の養鶏試験場新設
  • 昭和43年10月
    • 千葉県本納町に2千頭の養豚試験場新設
  • 平成 6年 4月
    • 明海工場総月産28,000トン工場完成
      新城にテクニカルセンター開設
      明海工場内に本社管理棟建設し本社移転
      明海工場を豊橋工場と改名
  • 平成 8年 9月
    • 鶏糞処理技術確立のため、堆肥プラント完成
  • 平成 11年 6月
    • ギフトセンターを開設
  • 平成 11年 8月
    • 豊橋市細谷町に黒豚専門農場(黒豚ハイランド)を新設
  • 平成 12年 4月
    • マルトグループ情報誌「PRESS LIT」第1号を発行する
  • 平成 16年 4月
    • 豊橋工場でBSE対応分離工事が完了する
  • 平成 20年 3月
    • 種豚の供給基地として養豚試験場を改造
  • 平成 20年 6月
    • ISO9001 取得
  • 平成 25年 5月
    • 姫路工場で主配合ラインの更新工事が完了する
  • 平成 28年 4月
    • ISO22000 取得
  • 平成 29年 4月
    • 千葉県市原市にパートナーズ関東GPセンター完成
  • 平成 29年 5月
    • 種豚センター農場HACCP認証取得
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6日(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒441-8074 
愛知県豊橋市明海町5-9
豊橋飼料(株)
総合企画部 総務人事室
TEL:0532-23-5060
s-tomiyasu@toyohashi-shiryo.co.jp
URL http://toyohashi-shiryo.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp225087/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
豊橋飼料(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
豊橋飼料(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ