最終更新日:2018/4/27

マイナビ2019

マイナビコード
225609
  • 正社員

愛知西農業協同組合

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
出資金
16億円(2017年(平成29年)3月)
貯金残高
5,152億円(2017年(平成29年)3月)
従業員
555人(2017年(平成29年)3月)
募集人数
16〜20名

稲沢市と一宮市を管内エリアとする愛知西農業協同組合(JA愛知西)では、地域社会の発展と地域農業の振興に貢献する幅広い事業を展開しています。

【JA愛知西の採用ページへようこそ】説明会の日程決まりました→5/17開催! (2018/04/27更新)


皆さん、こんにちは。
JA愛知西、採用担当の吉田です。

・JAのお仕事に興味のある方
・地元で働きたい方
・少しだけでも、話を聞いてみたい方

など、どんな方でも大歓迎です。

皆さんとお会いできることを、心よりお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
写真は北方支店の店内。愛知西農業協同組合では、信用事業(金融)、共済事業(保険)、指導事業(営農指導)、販売事業(農産物など)など様々な事業に取り組んでいます。
PHOTO
JA愛知グループのマスコットキャラクター・ちょリスと一緒に笑顔を浮かべる北方支店の職員の皆さん。地域の皆様のお力になれるよう、一丸となって業務に励んでいます。

愛知西農業協同組合では、多くの若手職員が活躍しています!

PHOTO

「経験豊富な上司にすぐに相談できるので心強いです」(前川さん/写真左)。「周囲の意見に耳を傾けることで成長につながるきっかけが得られます」(服部さん/写真右)。

●お客様のことを理解したうえで最適な商品をご提案

渉外担当の業務は、「金融(貯金や融資など)」「共済(保険)」「経済(農産物など)」の提案営業です。お客様宅を訪問し、貯金の集金業務を行うとともに、キャンペーンや共済、経済などの商品紹介を行っています。
金融や共済は目に見えないうえに、必要に迫られていない商品です。だからこそ、まずお客様に私自身を信頼していただくことが大切だと思っています。私が信頼を得るために取り組んでいるのが、お客様一人ひとりに合わせた対応をすること。そしてお客様と交流を深めていくなかでその方の生活状況や家族構成、ライフプランなどを理解し、最適な商品をご提案することができたときにはやりがいを感じます。
農協は、金融・共済・経済だけでなく、旅行事業など多彩な事業を展開しているため、地域のお客様を様々な面からサポートすることができます。農協の持ち味を活かせるように、より幅広い知識を身につけて、お客様のニーズに的確にお応えし、さらにプラスαのご提案ができるようになりたいです。そして地域の皆様から「前川君に相談したい」と言っていただけるような存在になりたいと思っています。
(北方支店金融共済課 渉外担当/前川 翔祐 2016年入社)


●お客様が私に心を開いてくれたときがうれしいです

私は窓口担当として、来店されたお客様の応対をしています。貯金の入出金をはじめ、キャンペーンのPRや共済等をお勧めすることが主な業務です。私が日頃心がけているのは、すべての方に対してあいさつや言葉遣いに気を使うこと。お客様の応対をするなかで、お客様がプライベートのことなどを話してくれると、心を開いてくれていると感じられて励みになります。
農協の職員になり実感したのが、教育制度が充実していることです。1年目は毎月異なるテーマの新人研修があり、普通貯金や相続手続きなどの必要な知識をしっかり身につけることができます。年齢の近い先輩が親身になって指導をしてくださるので心強いです。また年2回の感謝祭や親睦会、職員旅行など、在籍している支店だけでなく他の支店の職員とも交流を深められる機会が豊富にあります。
いま私は北方支店の窓口担当のリーダーを任せていただいているので、今後は複数支店の窓口担当を統括するブロックリーダーをめざしたいです。
(北方支店金融共済課 窓口担当/服部 愛 2016年入社)

会社データ

プロフィール

当JAでは、経営理念「食と農を通じて地域に根ざすJAづくり」のもと、健全性・安全性を重視した事業・組織活動を進め、地域農業の振興と地域社会の発展に貢献する多様な活動を展開しています。
管内は、愛知県北西部の豊かに広がる濃尾平野の中央に位置し、都市近郊農業が古くから盛んな地域です。木曽三川がつくった肥沃な土地と温暖な気候を生かし、米や施設野菜、露地野菜を中心に花き、植木など、幅広い農業が展開されています。
JAの一職員として働くことで、今までお世話になった地域への恩返しと貢献ができるため、現職員も、誇りと自信を持って仕事をしております。
皆さんも、私たちとともに働いてみませんか?

事業内容
◆信用事業
信用事業は、貯金、貸出、為替など、いわゆる金融業務といわれる業務を行っています。この信用事業は、市町村段階の「JA」、都道府県段階の「信連」および全国段階の「農林中金」の3段階の組織が有機的に結びつき、JAバンクグループとして、資金の調達・運用などにおいて実質的に一つの金融機関として機能しています。

◆共済事業
共済事業は、生命・医療・建物・自動車などのいわゆる保険業務を行っています。JA共済は、農業協同組合が理念とする「相互扶助」を事業活動の原点とし、常に組合員・利用者の信頼と期待に応え、「安心」と「満足」を提供します。

◆指導事業
指導事業は、組合員農家が農産物の生産性や品質を上げるための営農指導、女性部活動を通じて健康で豊かな生活を支援する生活指導、広報誌の発行や様々な相談活動を行う教育広報などの業務を行っています。

◆販売事業
販売事業は、組合員農家の生産する農産物を効率的に集荷・選別し、市場・小売店等に対し計画的に出荷・販売する業務を行っています。

◆利用事業
組合員農家の生産活動を応援するため、カントリーエレベーター、育苗センターなどの施設運営を行っています。

◆購買事業
購買事業は、農家の生産活動に必要な肥料・農薬・農機具などの資材と、暮らしに必要な生活物資を「安全・安心・高品質」で供給する業務を行っています。

◆宅地等供給事業
宅地等供給事業は、優良農地を確保しつつ、組合員の農地などの資産管理、有効活用についての指導・支援を行う事業です。近年の組合員の高齢化・後継者不足や土地に対する税金の増大に伴い、農地の維持管理が困難になっていることから、住宅建設等の土地活用を図りながら組合員の生活基盤を確保しています。地域のみなさまに対しては、良好な環境を備えた質の高い賃貸住宅を提供するなど、「農と住の調和したまちづくり」を進めており、豊かな地域社会づくりに貢献しています。

◆旅行事業
旅行事業は、組合員・地域のみなさまの旅行を取り扱う事業です。みなさまに充実した余暇を過ごしていただくために、各種旅行の企画・募集、グループ旅行の相談等、身近な旅行センターとしての役割を果たしています。また、各社の個人・家族向けの国内・海外旅行の予約、ホテル・旅館の宿泊券、JR券、航空券といった各種切符の手配など、きめ細かいサービスを提供しています。

本社郵便番号 491-0013
本社所在地 愛知県一宮市北小渕字道上15番地1
本社電話番号 0586-71-6811
設立 2002年(平成14年)4月1日
出資金 16億円(2017年(平成29年)3月)
従業員 555人(2017年(平成29年)3月)
貯金残高 5,152億円(2017年(平成29年)3月)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2時間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒491-0013 愛知県一宮市北小渕字道上15番地1
愛知西農業協同組合 総務部 人事課
TEL 0586-71-6811 FAX 0586-71-5431
E-Mail jinji@ja-aichinishi.or.jp
URL http://www.ja-aichinishi.or.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp225609/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
愛知西農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
愛知西農業協同組合と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ