最終更新日:2018/8/20

マイナビ2019

マイナビコード
225814
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人ゆうゆう

本社
北海道
資本金
社会福祉法人のため未公開
売上高
社会福祉法人のため未公開
正職員数
59名
募集人数
1〜5名

まるで映画のように、地域を創る――地域の風景をクリエイトする仕事。

採用担当者からの伝言板 (2018/08/17更新)

【ゆうゆう新卒2期採用開催決定!!】
お待たせしました!!多数の採用問い合わせに応え、秋採用を実施します!!
9月24日(月・祝)に採用説明会、翌25日(火)に見学ツアーを開催します。
「説明会/セミナー」ページよりお申込みください。


専門的なケアを追求しながら、人間が持つ可能性を信じ、「福祉を福祉で完結しない」「ないものはつくる」ということを想い、あらゆる人たちの暮らしを創造していく仕事。
一緒にチャレンジしていきたいあなたのご応募をお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
限られた空間で完結するものを創り上げる営みではなく、芽生えた新たな交流がその空間を越えて地域へとつながること。それがゆうゆうの「地域を創る」営みです。
PHOTO
サロンや農園レストランなど、就労施設として多彩で本格的な店舗施設を運営。都心の有名カフェもゆうゆうの想いに共感し、初の障がい者が働く店舗を北海道に展開した。

地域の風景をクリエイトする仕事。――広がる福祉の可能性――

PHOTO

理事長の大原は38歳。国際交流による人材育成と日本の福祉の発信、芸術文化活動支援、新たなサービスの創出と制度改正への参画。未来を見据えて、実践を創出し続ける。

≪たった一人のニーズに応え続ける。実践はそこからしか生まれない。≫
大学のボランティアセンターから始まったゆうゆうの活動は、今や社会福祉法人となり、通算15年目を超えました。

「この町で一番困っている人は誰ですか?」と、町の人や行政に話を聞きに行った先で出会った一人のダウン症の子をもつお母さん。「私よりこの子が長生きして欲しくない」。
障がいをもつ人が「当たり前に生きる」ための資源が無かった当時の町で、子どもの預かりサービスを始めました。
そして彼らの成長に伴い、働く場所、暮らす場所、と事業を展開して来ました。

たった一人のニーズに応え続ける。実践はそこからしか生まれない。
ゆうゆうの歴史はまさにその信念から生まれたものです。

≪"ないものは創る"の精神≫
設立から年月がたった今、地域で困っているのは、もはや障がいをもつ方やそのご家族だけではありません。
社会が多様化、複雑化する中で、地域のなかで「見えなく」なっている方たち。

ゆうゆうの仕事は、困っている人を支え続けることだけではありません。
地域の中で、「支える」「支えらえる」の区別をなくし、年齢や障がいの有無等に関わらず、地域住民が、福祉の担い手として、一住民として、活躍できる【場】を提供すること。それが私たちの役割です。

あらゆる地域住民が安心して暮らせる町づくりを目指すために、住民の声を丁寧に拾いながらインフォーマルサービスなどを運営し、”ないものは創る”を実現しつづけています。

≪"福祉を文化に"する仕事≫
福祉を福祉だけで完結させることは、むずかしいし、面白くない。
「まちづくり」「農業」「飲食」「芸術」「人づくり」……さまざまものと福祉が掛け合わされることで、ソーシャルイノベーションが生まれます。

近年は、日本の福祉を世界に発信するために、そして世界各地の「文化」を学ぶために、アジア・ヨーロッパをはじめとした海外との交流にも積極的に乗り出しています。

「一人のニーズ」にこだわり続けながら、新たな社会課題に挑戦しつづける。
走り続けて疲れても、歩き続けて、そしてまた走り始めて、常に進んでいきたい。そう思っています。

会社データ

プロフィール

“ゆうゆう”は、子どもからお年寄りまで、障がいのあるなしに関わらず、
あらゆる人が支え、支えられる地域を創る実践を展開しています。

「たった一人のニーズに応える。実践はここからしか生まれない」。
そう信じて、一歩、一歩、前進してきました。

これからも、新たな社会課題に挑んでいく実践を創り続けるために。
ゆうゆうのこれからを共に創る仲間を募集します!

事業内容
≪障がいある人が、一生涯地域で暮らせるようにする仕事≫
・障がい児発達療育支援(放課後等デイサービス事業)
・障がい児者の余暇支援(地域生活支援事業)
・障がい児者の在宅支援(居宅介護事業)
・障がい者の就労支援(就労支援事業)
・障がい者の住まいの支援(共同生活援助事業)
・障がい者総合相談支援事業

≪支え、支えられる共生の地域を創る仕事≫
・ボランティアコーディネート事業
・地域相互扶助システム構築事業
・地域生活サポーター養成事業
・地域包括支援センター運営
・子どもの学習支援事業

≪これからの福祉を担う人材や産業を育て、「福祉を文化に」する仕事≫
・福祉教育推進事業
・次世代人材育成及び普及啓発イベント企画事業
・地域福祉推進調査研究事業
・芸術文化推進事業
・海外交流事業
本部郵便番号 061-0231
本部所在地 北海道石狩郡当別町六軒町70番地18
本部電話番号 0133-22-2896
資本金 社会福祉法人のため未公開
正職員数 59名
売上高 社会福祉法人のため未公開
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.5時間(夜勤含む)
前年度の育児休業取得対象者数 2016年度 該当者なし
2017年度 該当者1名
前年度の育児休業取得者数 2016年度 該当者なし
2017年度 対象者1名に対し1名取得
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 29.5%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒061-0231 北海道石狩郡当別町六軒町70番地18
社会福祉法人ゆうゆう 事務局 人材確保・育成・広報担当
近藤(こんどう) / 古城(こじょう) / 藤原(ふじわら)
TEL:0133-22-2896
URL http://yu-yu.or.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp225814/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人ゆうゆうと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ