最終更新日:2018/10/11

マイナビ2019

マイナビコード
226262
  • 正社員

社会福祉法人信貴福祉会

本社
大阪府
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
6億8,000万円(2017年4月)
従業員
47名(2017年4月)
募集人数
若干名

働く場が欲しい、という願いから出発!障害をもつ人たちが自立して暮らしてゆける社会を実現しませんか?

【説明会随時受付中★送迎付き】夏採用を開始!10月開催の説明会に是非お越しください (2018/10/11更新)

この度は当法人の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

当社のことを知っていただくために、会社説明会を開催します。
マイナビよりエントリーして、ぜひ説明会にお越しください!

日程ご都合のつかない方は個別に対応しております!!
いつでもお気軽にご相談ください♪

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

会社紹介記事

PHOTO
20代の若手職員の積極採用を推進中。福祉の専門知識は問いません。「障害をもつ人の支援に関心がある」でOK。事業所間の連携も強く、フットサルなども活発です!
PHOTO
「りんごの木」ではポーチやペンケースなど縫製技術を活かしたものを中心に製作。長年積み重ねてきたミシン縫製とさをり織による作品は大阪府の賞も受賞しています

未来の福祉職をリードする専門知識と発信力を備えたソーシャルワーカーを育成

PHOTO

「今回のマイナビでの募集は私たちにとって初めてのチャレンジ。いろいろな個性を持った学生のみなさんとの出会いを楽しみにしています」常務理事 日岡一哉

私たち信貴福祉会のスタートは1979年。障害をもつ人の働く場の創出が活発になってきた頃、八尾市で最初の作業所(小規模授産施設)として開所しました。一般企業に就職することが難しい人が、自立した生活を目指して働く場、当時の名称は「ひばり授産所」。以来、作業所での作業を通して人としての成長を支え、社会とつながる活動を続けています。信貴福祉会の設立において定めた理念は「障害をもつ人たちとその家族が、普通の市民として暮らしてゆける社会の実現をめざす」。障害をもつ人だけではなく、その「家族」も充実した生活を送れるような支援こそ、私たちのめざす福祉です。現在、4カ所の施設の運営と居宅事業を展開、それぞれの施設の特徴を活かし、障害をもつ人の働く場づくり、豊かな日中活動支援に取り組んでいます。
いま、この文章を読んでいる学生のみなさんは、福祉系の学科に在籍する人ばかりではないと思っています。福祉の仕事に興味があっても、自分がどこまでできるか不安な人もいると思います。私もこの仕事に就く前は、福祉とは全く関係のない勉強をしていました。法学部の学生だった頃、友人に誘われて障害をもつ人や地域の人が集う活動に気軽な気持ちで参加したのが福祉に興味を持つきっかけとなりました。明るく楽しそうに笑い、生き生きと話す姿を見て、生きていくための強いエネルギーを感じ、このエネルギーはどこから湧いてくるのか知りたくなったのです。
みなさんには、当法人での仕事を通して、ぜひ「社会福祉の専門職」をめざして欲しいと思っています。利用者の願いを受け止め、人格を尊重し、社会資源の開発、改善に取り組む中で、「人を支援する」という仕事はどのようなことなのか、みなさん自身が考え、経験して欲しいと思っています。少しずつ若手職員が増え、20代、30代を中心とした新しい風土も生まれ始めています。失敗してもいい、自分の意見をしっかり出し、専門職として成長する意欲の高い人を、育てていきたい。障害を持つ人や家族の課題解決に向けて、常に新しい取り組みを考え、実現してきた私たちだからこそできる挑戦を、ぜひこれからも続けていきたいと思っています。誰でも・いつでも・どこに暮らしていても、必要な時に適切な支援を受けることができる福祉のネットワークをいっしょにつくっていきませんか。
〈常務理事 日岡一哉〉

会社データ

プロフィール

【わたしたちについて…】
1970年代にはじまった障害者の作業所づくり。
八尾市でも1979年に1カ所目として「ひばり授産所」が開所し、そこから私たちのあゆみが始まりました。8年半の運営を経て、1987年に社会福祉法人信貴福祉会を設立。現在、日中支援、暮らしの支援、児童支援、相談支援等の総合的な事業を行っています。

【働く場が欲しい、という願いから出発】
就学猶予や免除という時代を経て、養護学校が義務化され障害児も教育の対象になった時期。しかし、卒業後は、大半の人に行く場がなく在宅となっていました。
「働く所が欲しい」という障害者の願いから、八尾市で最初の作業所として私たちの作業所は開所しました。
利用者が綴っていた当時の日記。「私はおかあちゃんと家にいるけど、本当にたいくつです。私もみんなといっしょに働きたい。働くところができたら、(不自由な)右手も使って一生けんめい働くから。早く働くところを作って」

【地域とのつながりを大事に】
無認可時代、公的補助金が少ない中での運営は厳しく、財源づくりは大事な活動でした。
バザーや夏まつり、コンサート、廃品回収などによって、地域の皆さんに障害者福祉の現状を知らせ、応援いただきました。そこから、後援会が発足。現在も、地域との交流は、法人事業と後援会活動を通じて取り組んでいます。

事業内容
■日中支援
ひばり作業所、ワクワクセンターひばり、つくしんぼ作業所&りんごの木、地域活動支援センター2型

■居宅支援
グループホーム(9箇所)、ショートステイ事業、ホームヘルプ・ガイドヘルプ事業、日中一時支援事業

■相談支援 
八尾・柏原障害者就業・生活支援センター、障害者・児生活支援センター「あっぷる」

■放課後支援
放課後等デイサービス「すきっぷ」
本社郵便番号 581-0853
本社所在地 大阪府八尾市楽音寺1-84 
本社電話番号 072-940-5050
設立 法人設立 1987年4月
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 47名(2017年4月)
売上高 6億8,000万円(2017年4月)
沿革
  • 無認可作業所として
    • 1970年代にはじまった障害者の作業所づくり。八尾市でも1979年に1カ所目として「ひばり授産所」が開所し、そこから私たちのあゆみが始まりました。
  • 法人認可から広がる
    • 市民の大きな支えの中で1987年に社会福祉法人信貴福祉会を設立。現在、日中支援、暮らしの支援、児童支援、相談支援等の総合的な事業を行っています。
平均勤続勤務年数 14.8年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 3.6時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日
前年度の育児休業取得対象者数 0名
前年度の育児休業取得者数 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 25%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人 信貴福祉会
採用担当者:日岡、川畑
TEL:072-940-5050
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp226262/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ