最終更新日:2018/9/11

マイナビ2019

マイナビコード
226455
  • 正社員
  • 既卒可

なめがた農業協同組合

本社
茨城県
資本金
15億円
【2016年度事業実績】
・販売品販売高113億円・購買品供給高 22億円・貯金残高 633億円・貸出金残高 71億円・共済保有高 2245億円 
従業員
174名(2017年1月31日現在)うち正職員125名
募集人数
11〜15名

チャレンジ精神を発揮できる職場環境を目指します!

第二次募集の受付は終了しました (2018/09/11更新)

こんにちは、なめがた農業協同組合 採用担当です。
第二次募集の受付期間は9月7日をもちまして終了いたしました。
多くの学生の皆様に興味を持っていただきありがとういございました。
またお知らせできることがあればこの場でご案内いたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
JAなめがたは管内4地区に支店と営農経済センターを展開。首都圏消費地に70キロの地の利を生かし、生鮮野菜の多品目供給基地としての役割を担っている。
PHOTO
需要と供給のマッチングに加え、どのように売るかも販売事業の面白さ。最近でいえばサツマイモ。品種リレーや、焼きいもに特化したマーケティングで差別化に成功している。

私たちの思いは一つ。なめがたの美味しい野菜や果物をたくさんの人に食べてもらいたい

PHOTO

「青果物の価格は日々変動します。たとえば一日雨が降れば途端に価格が上昇。要は需要と供給のバランスなので、情報収集は欠かせません。業界新聞も必読です」(河野さん)

入組以来、青果物の販売に従事。現在は営農経済センター麻生に勤務しています。茨城県南東部に位置するなめがた管内(行方市、潮来市)は、霞ヶ浦と北浦に挟まれた自然豊かな場所です。農業に大切な水と土壌に恵まれていることから、栽培できる野菜の種類は多く、JAなめがたが扱う青果物は年間60品目以上に及びます。私自身、行方市の出身なので誇らしいです。入組の理由は、地域への恩返し。自分を育ててくれた地元のために働きたいという思いが始まりです。「組合員の方々が丹精込めて生産した青果物を、1円でも高く販売する」をモットーに、組合員が生産した青果物を市場などに販売しています。

集荷したら数量や品質を確認。市場などと商談して価格を決めていきます。商談においては常に栽培状況を把握しておくことも必要で、お客様、組合員ともに密接なやりとりが欠かせません。また営農指導も大事な業務。栽培技術向上のための講習会や品質統一を目的とした目揃会を行うなど、やるべきことは多岐にわたります。

組合員の皆さんは同志だと思っています。農業は常に真剣勝負なので、ときに厳しいことも言われますが、それも信頼されているからこそ。私たち職員も組合員の方々も、なめがたの野菜や果物をたくさんの人に食べてもらいたいという思いは同じです。今でも忘れないのは、れんこんの出荷です。年末の出荷最終日に突然大口の注文が入り、本来なら断るしかない場面でしたが、お客様は「どうしてもなめがたのれんこんが欲しい」とのこと。どうにか要望に応えたいと組合員に協力を仰いだところ、「河野がそう言うなら、みんなでやるか」と、年末休み返上で追加の出荷をしてくれたのです。大変嬉しかったですね。JAなめがたのチームワークを実感しました。無事提供できたことでお客様からの信頼も獲得。現在もなめがた指定の売り場を確保していただいており、大きな励みになっています。

知識も経験もないゼロからのスタートでしたが、先輩方はもとより、組合員の皆さんも、分からないことがあればその都度教えてくださり、ここまで成長することができました。JA全体でも学べる機会は用意されており、食の検定や販売士の取得研修もあります。個人的には、野菜ソムリエの資格を取得しました。将来はこれを生かし、なめがたの野菜を全国へ紹介していけたらと思っています。
(営農経済センター麻生 河野健太郎さん 2011年入組)

会社データ

プロフィール

当組合は潮来市、行方市を管内とする首都圏消費地まで70km圏内にあり、霞ヶ浦と北浦に挟まれた半島状の地形に位置しています。両湖岸は平坦な水田地帯、中央部は赤ノッポ土壌からなる起伏に富んだ傾斜畑地帯が広がっており、そのような地域の環境を活かし、年間約60数品目の野菜を生産、1億円以上売上のある品目が16品目となりました。

都心より70キロ圏内に位置し、近年では東関東自動車道、行方台地を南北に貫く行方縦貫道路の開通により時間的距離が縮まり、都市近郊型の生鮮野菜の供給基地としての位置づけをますます高めています。

これからも地域に根ざした魅力あるJAとして組合員・利用者のニーズに応えていくことが、私たちに課せられた使命だと考えております。

事業内容
【信用事業】
JAを利用される皆さまからお預かりする貯金のお取り扱いや、営農や生活に必要な資金のご融資を行います。JAバンクは身近な金融機関として、利用者の皆さまに便利と安心をお届けしています。

【共済事業】 
組合員、地域住民の皆様を不慮の災害から守り、その家族の暮らしをまもることを最大の目的として、生命・医療に関する保障はもちろん、建物や家財、自動車事故などの損害に関する保障もあわせて「ひと・いえ・くるま」の総合保障を提供しています。

【営農経済事業】
農業生産に必要な資材や生活に必要な物資の販売、営農や生活へのよりよいアドバイスを行うとともに、組合員が生産した農産物を集荷し、市場などを通して新鮮なまま消費者へお届けしています。

【営農指導事業】
組合員の農業経営の改善・生活向上のため、ニーズに沿った研修の機会を提供したり営農技術の指導を行っています。
本社郵便番号 311-3832
本社所在地 茨城県行方市麻生3346-25
本社電話番号 0299-72-1877
設立 1988年
資本金 15億円
従業員 174名(2017年1月31日現在)うち正職員125名
【2016年度事業実績】 ・販売品販売高113億円・購買品供給高 22億円・貯金残高 633億円・貸出金残高 71億円・共済保有高 2245億円 
事業所 本店・ふれあいの家・麻生支店・営農経済センター麻生・JAメイト麻生・麻生地区ライスセンター・潮来支店・営農経済センター潮来・JAメイト潮来・潮来地区ライスセンター・北浦支店・営農経済センター北浦・JAメイト北浦・玉造支店・なめがた地域医療センター売店・営農経済センター玉造・JAメイト玉造・玉造地区ライスセンター
関連会社 (有)なめがたサービス
なめがた農機燃料(株)
(有)アグリサポート麻生
平均年齢 37.0歳
平均勤続勤務年数 15年 (2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日 (2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒306-0404
茨城県行方市麻生3346-25
なめがた農業協同組合
総務企画部企画人事課
採用担当:河野(かわの)
TEL:0299-72-1812
URL http://www.ja-namegata.or.jp
E-mail janamegata.kikaku@ja-ibaraki.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp226455/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
なめがた農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ