最終更新日:2018/7/2

マイナビ2019

マイナビコード
226771
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)研創

本社
広島県
資本金
6億6,400万円
売上高
53億1,000万円(平成29年3月期)
従業員
299名(平成29年4月現在)
募集人数
若干名

日本全国の街を彩る金属製サインのトップメーカー・研創。追い求めるのは、常に人と街の未来を見据えたサインづくりです。

採用担当者からの伝言板 (2018/07/02更新)

追加募集が決定しました!
2018年7月11日(水)・2018年7月20日(金)に説明会&選考会を開催します。
ご応募、おまちしております。

説明会画面より、エントリーをお願いします。

                   株式会社研創 採用担当一同

会社紹介記事

PHOTO
世界遺産・国宝の姫路城は、国内外から観光客が集まってくる日本を代表する建築物。そのサインも当社が製作しました。
PHOTO
三井住友信託銀行日本橋営業部。世界の金融マンが往来する日本橋にふさわしい、重厚感の感じられる文字が印象的なサイン。あなたもこんなサインを手がけませんか。

「常に学び、研究し、創造する」をテーマに革新を続け、可能性へのあくなき挑戦を。

PHOTO

「最初は図面が全然分からなくて。でも、周りの先輩が皆親切に教えてくれ、経験を重ねていくうちに、今では分かるようになりました」と、笑顔の宮崎さん。

皆さんがあちこちで目にする看板や表示、案内図などを「サイン」といいます。研創は、金属製サインの分野でシェアナンバー1。しかも、業界で唯一の上場会社です。
総合サインメーカーとして、公共施設、企業、病院、テーマパーク、大型商業施設など、国内各地で目立つサインを最も多く作ってきました。一言で言えば、「街を彩る」のが当社の仕事です。例えば、姫路城や北陸新幹線の各駅のサインなど、全国の街づくりに貢献しています。大勢の人が集まる場で目にするシンボリックなサイン。そこに行けばいつもそこであなたを迎えてくれるサイン。それを、あなた自身が手がけてみたいと思いませんか。

サインは、すべて受注生産です。日本の製造業は同じ物を大量に作ることが得意ですが、当社は一つ一つ異なる物を大量に作ることが得意な会社です。それだけに営業の打ち合わせや生産管理の質が重要になります。オリジナリティーあふれる皆さんの発想が会社の中で認められ、製品に反映されるのです。
仕事に価値観を求めたい方、やりがいのある仕事に携わりたい方、街づくりに参加したい方、働く環境が整った会社で働きたい方。当社の永遠のテーマは、社名の由来でもある「常に学び、研究し、創造する」です。この精神を持って、共にさらに上を目指しませんか。(総務部長 浦上忠久)

実は私は当社を全然知りませんでした。大学の合同会社説明会でたまたま話を聞き、日本中の有名な施設のサインを作っていると知って、かっこいいなと思ったのです。現在は、本社の受注サービスセンターで大阪エリアを担当。お客様とは電話・メール・ファックスのやりとりで仕事を進めます。慣れるまでは上司がマンツーマンでしっかりと指導してくれます。手がけた仕事の中では、やはり有名なお店や施設のサインが印象に残っていますね。
仕事が充実しているのはもちろんですが、社内環境も申し分ありません。社内に嫌いな人は一人もいませんし、ボーナスは年3回。季節になるとクリスマスケーキ、土用丑の日のうなぎ弁当、節分の恵方巻などが社員全員に配られます。瀬戸内海の周防大島には会社の保養施設があり、社員食堂の安さとメニューの充実ぶりも自慢の一つです。
(営業部 受注サービスセンター 宮崎浩平 2015年入社)

会社データ

プロフィール

研創は、明治41年に初代・林義治が広島市猿楽町でネームプレート製造業を開始したことからスタートし、創業から110年経った現在、金属製サインの分野で全国トップシェアを誇ります。

かつて、サイン業界は家内工業的な小規模の事業者が全国に散在していました。昭和57年、全国に先駆けてアメリカからレーザー加工機を輸入し、当社へ導入しました。当時の売上高は5億円であり、日本の工業の中でもレーザー加工機の活用法が未確定な時代で1億数千万円の設備投資は、社運を掛けた大英断でした。
そこから当社へ注文が集中するようになりました。全国のお客様からのさまざまなオーダーにお応えでき、そのノウハウは蓄積され大きな無形資産となり、それがまた注文へとつながりました。シェアがナンバー1だからこそ注文と情報もたくさん集まり、お客様からの信頼、信用も確立されていきました。国営企業の民営化、企業の合併・社名変更なども増え、レベルと規模が要求される生産にも応えられたことで、研創の業績はいっそう拡大していきました。良い意味でのスパイラルを生み出し、躍進の原動力となりました。

シェアナンバー1で、顧客基盤がしっかり整っていますから、仕事が継続的にあり、働く環境が整っています。また、上場企業ですから、社員持株制度によって会社の利益が上がれば個人の資産形成もできます。それも社員にとっては働きがい、やりがいの一つになっています。

サインシステムで確かな実績を積み重ね、高い評価を得てきたことに、今、胸を張りたいと思います。しかし、現状に満足せず、これまでに培ってきたノウハウをもとに、今後はさまざまな分野へチャレンジしようとしています。今、新たなステージに立つ研創に仲間入りして、皆さんの可能性を試しませんか。

事業内容

PHOTO

「決して完成していなくてもいいのです。あなたという人間の将来性を見ます。当社で仕事を通して成長していただきたいから」と熱く語る浦上総務部長。

さりげないけれど確かな主張を持ち、街に、人にメッセージを送り続けるサイン。
研創が作っているサインは、そんな“人から人へ放たれるメッセージ” です。
サインには多くの人の思いが込められ、また、さまざまな情報伝達をサインに託しているのです。また、建築物の一部でありながら、サインは人に一番近い存在です。
「研創サインシステム」は、街と人の未来を見据えたサインづくりで、その街に生き生きとした表情を与え、多くの人のコミュニケーションと温かい交流を育てます。

研創は、日本全国、そして世界を舞台に、金属製サインとその関連製品を企画、製作しています。歴史ある文化遺産でも、スタイリッシュな都心のビルでも、その建築物の美観にしっかりと応え、また、企業のアイデンティティを的確に表現するサイン。研創は、先端技術はもちろんのこと、グローバルな視野と発想でオリジナリティにこだわった企画を送り続けていきます。

研創は、サインの分野におけるトップリーダーとして、全国代理店43社、販売店約2,900社を抱えるエキスパートです。各拠点からの情報やお客様からの注文は受注サービスセンターへ集約され、スピーディーにお客様のニーズにお応えします。海外企業との技術提携にも意欲的に取り組み、世界をネットワークとしての営業展開にも取り組んでいます。

「常に学び、研究し、創造する」が研創の永遠のテーマ。このテーマに基づき、将来を見据えながら常に革新に取り組み、あらゆる方向性へと可能性を求めてこれからも挑み続けます。
本社郵便番号 739-1792
本社所在地 広島市安佐北区上深川町448番地
本社電話番号 (082)840-1000
創業 明治41年
設立 昭和46年9月
資本金 6億6,400万円
従業員 299名(平成29年4月現在)
売上高 53億1,000万円(平成29年3月期)
事業所 仙台営業所
東京営業所
名古屋営業所
大阪営業所
沿革
  • 明治41年4月
    • 初代 林 義治が広島市猿楽町で、ネームプレート製造業を開始
  • 昭和39年4月
    • 前代表取締役社長 林 満大が、広島研創として事業を再興
  • 昭和46年9月
    • (株)広島研創を設立
      (資本金300万円、本社所在地 広島市中山町894番地)
  • 昭和54年4月
    • (株)広島研創を(株)研創に社名変更
  • 昭和57年9月
    • 東京に営業拠点を開設
  • 昭和57年12月
    • レーザー加工機導入(業界初)
  • 昭和58年10月
    • 本社を広島市安佐北区高陽町に移転
  • 昭和59年4月
    • 大阪に営業拠点を開設
  • 昭和61年12月
    • ケンソー・インターナショナルソウル(韓国)と技術提携
  • 昭和62年1月
    • カジオカ・ヤマチ建築設計(米国ホノルル)と姉妹提携
  • 平成1年5月
    • カナダサイン協会に加盟
  • 平成1年7月
    • スチールアート社(米国ボストン)と姉妹提携
  • 平成1年8月
    • オーストラリア屋外広告協会に加盟
  • 平成2年4月
    • 名古屋に営業拠点を開設
  • 平成2年11月
    • 店頭登録銘柄として株式公開
      (現 東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード))
  • 平成3年6月
    • システムツーナインティ社(米国ミシガン)の日本における総代理店となる
  • 平成3年11月
    • 本社・工場を新設の「研創ファクトリーパーク」(安佐北区上深川町)に移転
  • 平成16年12月
    • 組織変更に伴い、ジャスダック証券取引所に上場
      (現 東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード))
  • 平成20年4月
    • 創業100周年を迎える
  • 平成25年7月
    • 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)に株式を上場
  • 平成26年4月
    • 仙台に営業拠点を開設
平均勤続勤務年数 12.1年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.4日
前年度の育児休業取得対象者数 7名(うち女性 1名、男性 6名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性 1名、男性−名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 本社(研創ファクトリーパーク)
〒739-1792 広島市安佐北区上深川町448番地
(株) 研 創 総務部 総務・経理グループ
TEL(082)840-1002 FAX(082)844-1201
URL https://www.kensoh.co.jp/
E-mail recruit@kensoh.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp226771/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)研創と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)研創 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ