最終更新日:2018/5/21

マイナビ2019

マイナビコード
226774
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ファームシップ

本社
東京都、静岡県
資本金
5,675万円(2016年12月1日現在)
売上高
2億円(2015年度実績) 5億円(2016年度実績) 10億円(2017年度見込み)
従業員
150名(役員・契約社員・パート/アルバイト含む)
募集人数
6〜10名

【農業の未来にイノベーションを!】「つくる」「とどける」「育成する」の3つを軸に、最先端の農業開発に挑み続ける。

  • 積極的に受付中

■□■2019年度 新卒採用のお知らせ■□■ (2018/05/21更新)

就職活動中の皆さん、こんにちは!
ファームシップ 採用担当です。
当社のページをご覧いただきありがとうございます。

現在、2019年度のエントリーを受付中です。
ぜひ、会社説明会にご参加ください。

■説明会日程■
 2018/06/17(日) 13:00〜16:00
 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランサウス3階 SENQ京橋
 ※10名限定の野菜試食会付き!

皆様とお会いできることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
完全LED型の大規模植物工場を展開するファームシップ。気候や天候に左右されない農作物の安定生産・供給の実現を目指し、日本農業に変革を起こしている。
PHOTO
人の成長こそが飛躍の源泉と考え、2015年より新卒採用を実施。当時入社した一期生も既に事業の中核に携わるなど、圧倒的なスピードで成長できる環境。

新しい農業ビジネスへの挑戦が、日本の未来を変える。

PHOTO

「20代はビジネスにおいて”プライムタイム”と言われる大切な時期。早くから成長できる環境に身を置き、人生を実りある物にしてください」<安田社長>

■農業が抱える課題を、この手で解決したい

ファームシップを設立したきっかけは、共同設立者である北島との出会いに遡ります。二人とも農家の出身で、同じ大学の農学部で学ぶ中で、農業に対する同じ課題を持っていたことで意気投合。その課題とは、「低い生産性」「不透明な将来性」「後継者不足」の3つ。特に後継者不足は日本だけの問題ではなく、人口が増えているインドネシアでも農業人口が減少しているなど、国際的な問題となっているのです。

日本の農業は昔から個人や家族経営がほとんどですが、欧米では企業経営が主流です。効率的に農作物を生産する組織をつくれば、農業=面白い職業として確立できるのではないかと考えました。そこで私たちが注目したのが「植物工場」。従来ならば一定の広さの農地を確保する必要がありますが、工場化すればその課題をクリアできます。そして、組織として運営することで新たな農業の潮流もつくることができる。農業、そして食の新しい未来をつくることができると確信して、ファームシップは誕生したのです。

■会社を、農業の未来を、共につくる担い手へ

古代から続く農業において植物工場の歴史はまだ浅く、多くの可能性を秘めている分野です。工場自体には巨額な投資が必要であり、失敗は許されないというプレッシャーの中でファームシップは船出しました。設立1年目からさまざまな課題に直面しながらも、綿密な事業戦略により着実な成長を続けてくることができました。設立5年目を迎えた今では、100名体制のグループを構築。複数の植物工場を運営するまでに至りました。

今後さらに飛躍を遂げるためには、「人」こそが不可欠だと考えています。やみくもに人を増やすのではなく、同じゴールに向かってトライ&エラーを繰り返しながらファームシップという会社を一緒につくっていきたい。成長に貪欲な新卒社員の伸びしろに、私たちは期待しています。ファームシップで思う存分挑戦し、農業の未来をここから変えていきませんか。

<代表取締役/安田 瑞希>

会社データ

プロフィール

■「農」と「食」の未来を、本気で変える

私たちファームシップは、未来の農業を「つくる」「とどける」「育成する」ことを目的に、2014年3月に設立されたベンチャー企業です。共同創立者である安田と北島の2名体制でスタートした当社は現在、東京都中央区の本社と静岡県富士市の研究所、兵庫県伊丹市の人材トレーニングセンターなどと複数の拠点を構えるまで成長しています。

■ICTを活用し、生産と流通の合理化を目指す

設立時から取り組んでいる「先端農業開発事業」では、これまで農作物の大量生産に必要とされていた広大な農地を用いることなく、生産性をこれまでと比べて飛躍的に向上させるべく、植物工場ビジネスの産業基盤を確立することを目指しています。また、農産物流通事業、農業データサイエンス事業の新規展開をはかりながら、2016年には農業に従事する人材の育成を目的とした100%子会社を設立。そして、インドネシアにも植物工場を展開するなど、海外への事業拡大も積極的に行っています。

■2019年、ファームシップはさらなる勝負へ

2017年末の時点で国内4拠点、海外1拠点の生産拠点ネットワークを構築している当社は、工場野菜需要の急拡大を受け、植物工場のさらなる拠点拡大をはかります。その一つとして、福島県白河市に三菱ガス化学株式会社との協働による世界最大級の完全人工光型植物工場を2018年6月に開設。その後もさまざまなビッグプロジェクトが稼働していきます。2019年はこれまで種を蒔いてきた事業が大きく花開くタイミングであり、この年に入社するみなさんは、当社の将来を切り拓く上で重要な立場となっていきます。常に新しいことに挑戦する私たちと一緒に成長することで、農業の新時代をつくっていきたいと思います。

事業内容

PHOTO

■先端農業開発事業から植物工場の事業開発・運営支援
植物工場を中心に露地×加工×集荷×創エネ機能を備えた新型産地創出

■流通事業から商品開発・物流構築・仕入販売
商品開発(PBなど)および物流構築、生産者向け販売力提供、販売者向け調達力提供

■人材事業から各種セミナー・人材育成
生産圃場の管理/現場スタッフ育成、オペレーション受託、各種セミナー開催
本社郵便番号 104-0031
本社所在地 東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグランサウス4階 SENQ京橋RoomF
本社電話番号 03-5829-9601
設立 2014年3月10日
資本金 5,675万円(2016年12月1日現在)
従業員 150名(役員・契約社員・パート/アルバイト含む)
売上高 2億円(2015年度実績)
5億円(2016年度実績)
10億円(2017年度見込み)

沿革
  • 2014年3月10日
    • (株)ファームシップ 設立 (本社東京都中央区築地、資本金550万円)
  • 2014年3月19日
    • 資本金1,000万円に増資
  • 2014年4月1日
    • 植物工場事業開始
  • 2014年6月4日
    • 本社所在地を東京都千代田区内神田に移転
  • 2014年7月1日
    • 農産物流通事業開始
  • 2014年8月8日
    • 資本金2,300万円に増資
  • 2014年8月23日
    • 農業データサイエンス事業開始
  • 2015年7月20日
    • 第三者割当により資本金を9,050万円(資本準備金含む)に増資
  • 2016年4月25日
    • 本店所在地を東京都中央区東日本橋に移転
  • 2016年10月21日
    • 人材事業を推進する株式会社オーシャン(ファームシップ完全子会社)を設立
  • 2017年2月1日
    • 兵庫県伊丹市に人材トレーニングセンター(iCubeTC)開設
  • 2017年4月17日
    • 本店所在地を東京都中央区京橋に移転
平均勤続勤務年数 1年6カ月
月平均所定外労働時間(前年度実績) 40時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 20日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性0名、女性0名
前年度の育児休業取得者数 男性0名、女性0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 16.6%(12名中女性2名 2017年度実績 )

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ファームシップ
〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 
京橋エドグランサウス4階 SENQ京橋RoomF
採用担当
E-mail:hr@farmship.co.jp
TEL:03-5829-9601
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp226774/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ファームシップと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ファームシップ を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ