最終更新日:2018/9/18

マイナビ2019

マイナビコード
228625
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人後志報恩会

本社
北海道
資本金
社会福祉法人のためなし
売上高
18億7176万6122円
従業員
290名
募集人数
6〜10名

後志近郊で、一人ひとりに寄り添いあうサービスを!

New !法人見学・説明会&採用試験 10月の日程をアップしました! (2018/09/15更新)

小樽・仁木エリアにて法人見学・説明会を実施中です!
昼食付きです!
興味のある方は、ぜひエントリーください。

新規に作成したリクルートガイド「信頼と感謝とロマン」を配付中です。→
現役の「スタッフの声」など、求人票だけでは知り得ない法人職員のリアルが満載です。
ご希望の方は法人本部(0134−51−5217)まで!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
仁木町・銀山学園のひまわり畑と職員たち
PHOTO
仁木町・大江学園のしょうぶ畑と職員たち

PHOTO

5月12日に行われた野村会長(前理事長・創業者)杯争奪職員交流体育大会(通称:おとなの運動会)の様子です

福祉の仕事と聞いて何を思いますか?
私たちの仕事は単に人を援助し、お世話をすることだけではありません。事業所を利用される方々の生き難さを知り、それに寄り添うこと。そばに寄り添いながら、利用者さんにとっての一番の支援を考え、少しでも負担を少なくすることが大切な仕事です。皆さんにとって生きがいとなることを一緒に見つけ、一つひとつの困難を解消していくことで、皆さんの笑顔や感謝にふれることは他に替え難い喜びです。私たちは地域や医療機関、行政機関などと連携し一体となって支援に取り組み、社会に必要とされる、意味のある役割を担い価値を生み出していきます。日々新しい発見があり、働く意味について考えることのできる、やりがいのある仕事です。

会社データ

プロフィール

(法人理念)
一人ひとりが安心して 共に生活出来る福祉コミュニティの創造
〜安心と笑顔でつなぐ みんなのしあわせ〜

(法人基本姿勢)
信頼 と 感謝 と ロマン

後志報恩会ものがたり
〜法人理念が産声を上げた瞬間〜
私たちがこの仕事を始めてまもない頃、利用者さんがいつの間にか施設から外に出ていって、地域の方々にご迷惑をかけてしまうことがたびたびありました。「毎日一生懸命、利用者さんに接しているのに、なんで出ていってしまうんだろう」私たちは来る日も来る日も考えました。
でもついにわかる日がおとずれたのです。出ていってしまうのは当たり前。だって利用者さんの一番の望みは、地域の中で暮らしたいということだったんですから。「利用者さんのしあわせは地域にこそあるんだ」と、そこで初めて気づかされました。
それ以来、私たちは職員の家庭に利用者さんをまねく「ホームステイ」を始めたり、利用者さんが社会とつながる機会を積極的に増やしていきました。そうすることで、いつの間にか出ていってしまう利用者さんはいなくなっていったのです。ふりかえってみれば答えは簡単でした。出ていくことを「なくす」のではなく、出ていくことが「できる」方法を考えれば良かったわけです。
こうして、人々の輪がどんどん広がっていき、私たちが目指す福祉コミュニティ創りが動き出したのでした。

事業内容
第一種社会福祉事業
(1)障害者支援施設 銀山学園の経営
(2)障害者支援施設 大江学園の経営
(3)障害者支援施設 和光学園の経営
第二種社会福祉事業
(1) 障害福祉サービス事業(共同生活援助 ふきのとう)の経営
(2) 障害福祉サービス事業(共同生活援助 コタン)の経営
(3) 障害福祉サービス事業(共同生活援助 にじ)の経営 
(4) 障害福祉サービス事業(銀山学園)の経営
(5) 障害福祉サービス事業(大江学園)の経営
(6) 障害福祉サービス事業(和光学園)の経営
(7) 障害福祉サービス事業(シェアリング和光)の経営
(8) 障害福祉サービス事業(ウイリング和光)の経営
(9) 障害福祉サービス事業(陽だまり)の経営
(10)障害福祉サービス事業(ウエルサポ−ト和光)の経営
(11)相談支援事業所(さぽーとひろば)の経営
(12)相談支援事業所(にき)の経営
(13)地域活動支援センター ウエルサポート和光の経営
(14)福祉ホーム マリンシップさくらの経営
(15)老人デイサービス事業(えんれいそう)の経営
(16)児童発達支援センター 小樽市さくら学園の受託運営
公益事業
(1)障害者就業・生活支援センター事業
    小樽後志地域 障害者就業・生活支援センター(ひろば)の設置経営
(2)大江学園共生型生活支援センター(しょうぶの丘)の設置経営
本社郵便番号 047-0156
本社所在地 北海道小樽市桜4丁目6-2
本社電話番号 0134-51-5217
創業 昭和45年(銀山学園が開設された年)
設立 平成1年(後志報恩会が札幌報恩会から分かれ設立された年)
資本金 社会福祉法人のためなし
従業員 290名
売上高 18億7176万6122円
事業所 【法人本部】
〒047-0156 北海道小樽市桜4丁目6番2号
TEL:0134-51-5217
【小樽市】
和光学園、シェアリング和光、ウイリング和光、ウエルサポート和光、にじ、マリンシップさくら、小樽市さくら学園、ひろば、さぽーとひろば
【仁木町】
銀山学園、えんれいそう、コタン、陽だまり、ふきのとう、大江学園、しょうぶの丘、にき
沿革
  • 1918年
    • 私立札幌報恩学園(対象は児童)創設
  • 1952年
    • 社会福祉法人札幌報恩会設立
  • 1970年5月
    • 銀山学園開設
  • 1984年4月
    • 大江学園開設
  • 1986年8月
    • 大江学園ふきのとう(地域共同作業所)開設
  • 1989年3月
    • 銀山学園カントリーアート(地域交流作業所)開設
  • 1989年8月
    • 社会福祉法人後志報恩会設立
  • 1991年7月
    • 知的障がい者地域生活援助事業(グループホーム)開設
  • 1993年4月
    • 通所授産施設シェアリング和光開設
  • 1994年4月
    • 小樽知的障がい者地域援助センター 事業開始
  • 1995年5月
    • 通所授産施設シェアリング和光分場(パンショップ和光)開設
  • 1997年4月
    • 仁木町老人デイサービスセンター開設(受託運営)
  • 1998年4月
    • 通所授産施設ウイリング和光開設
  • 1998年4月
    • 知的障がい者デイサービスセンターウエルサポート和光開設
  • 1998年4月
    • 福祉ホームマリンシップさくら開設
  • 2003年4月
    • 通所授産施設陽だまり開設
  • 2003年4月
    • 研修センター開設
  • 2004年7月
    • 知的障がい児児童通園施設小樽市さくら学園(指定管理者受託運営)
  • 2004年7月
    • 障がい者就業・生活支援事業(雇用安定等事業)
  • 2004年7月
    • ひろば開設(委託運営)
  • 2006年10月
    • 障がい者自立支援法、新事業体系に移行
  • 2014年4月
    • グループホームコタン(自閉症)開設
  • 2014年4月
    • 相談支援事業所にき開設
  • 2015年3月
    • 和光学園大規模修繕完了
  • 2017年9月
    • グループホーム支援センターにじ開設
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 【役員】0%
【評議員】30%(10名中3名)
【管理職】12.7%(47名中6名)
(平成29年時点)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人後志報恩会
法人本部:0134-51-5217
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp228625/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人後志報恩会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ