最終更新日:2018/10/23

マイナビ2019

マイナビコード
230273
  • 正社員
  • 既卒可

(株)足利本店

本社
宮城県
資本金
1,000万円
売上高
25億(2017年12月実績)
従業員
45名
募集人数
1〜5名

〜気仙沼の新鮮な水産品を全国のお客様のもとへ〜 「自分が買いたいと思う商品の提供」が弊社のモットーです!

会社説明会(仙台・気仙沼会場)実施予定です!業界・地域が分かる! (2018/10/23更新)

みなさん、こんにちは!
(株)足利本店 総務部 採用担当の紺野です。

弊社では現在「冬採用」を実施いたします。

会社説明会:11月実施予定

詳細・お申し込みは「会社説明会ご予約画面」からお願いします。
お会いできるのを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社は1840年に創業。1953年に(株)足利本店を設立し、以来、気仙沼市場で水揚げされた新鮮な魚を工場で丁寧に加工し、お客様の元へお届けしております。
PHOTO
衛生管理をした工場で鮮度の良い魚を加工します。

〜・〜・〜 水産資源の奥が深くて面白いところを広めて行きたい! 〜・〜・〜

PHOTO

魚が大好きな大野さん(H28年4月入社)

◎現在どのような仕事をしていますか

事務仕事を担当しています。仕事内容は、出荷する製品の重量を記録し、送り状を作成して、製品を運送業者に確実に引き渡すといったものです。現場で働く人の要望に応え、備品の支給や調達などを行い、現場で働く人のサポートもします。更に工場内の衛生管理も担当しており、出荷する魚や工場内器具等の細菌検査を実施し、衛生状態を確認する仕事もしています。

◎入社を決めたきっかけは

静岡の大学で海洋生物を勉強した事もあり、水産関係の仕事に就きたいと考えていました。そんな中出会ったのが今の会社でした。被災した地であるにも関わらずカツオの水揚げが日本でNO.1であり続けていること驚きました。そしてモウカサメやメカジキなど、あまり知られていない魚種も多く出荷していて、水産資源を広めたいという社長の意思を聞き、自分の知識が生かせるのではないかと思い、入社を決意しました。

◎足利本店はどんな会社

親切な人が多いです。役職なども気にしない人たちばかりで、新入社員に対してもとても丁寧に仕事を教えてくれます。希望すれば仕事をどんどん教えてもらえます。フレンドリーで明るく接してくれる人が多いです。プライベートで困った事が起きても、相談に乗ってくれたり助けてくれたりするので、気仙沼外から移住してきた私でも安心して仕事に取り組めています。

◎仕事のやりがいは何ですか

自分の携わった仕事が誰のためになっているのが分かりやすいです。細菌検査など衛生検査を担当している私の観点からすると、自分の仕事のおかげで工場内の安全が証明でき、魚を売る営業さん及び売り手のお客様の安心を作っていると思うと、とてもやりがいになります。

◎将来の目標はありますか

2人目のさかなクンのような存在になりたいと思っています。水産資源の奥が深くて面白いところを広めていけるような人になりたいと思っています。

◎学生の皆さんに一言

社会に出るのは不安と心配でいっぱいだと思います。しかし、私のように、気仙沼という縁もゆかりもない地に飛び込んで初めて社会に出ても、周りの人たちの温もりに囲まれて、今は楽しくやれてます。だから大丈夫です。社会に出て初めて出来る出会いや縁を楽しみにして、これから頑張ってください。

☆会社紹介動画☆
興味のある方は是非ご覧ください!
https://youtu.be/YiL6wiZyWz4

会社データ

プロフィール

当社は1840(天保11)年に海産物買付を生業として創業。1953(昭和28)年に(株)足利本店を設立し、以来、気仙沼魚市場で水揚げされた新鮮な魚を工場で丁寧に加工し、お客様の元へお届けしながら業容を拡大してきました。水産加工関係は差別化がはかりにくい業種ですが、当社では一貫して、魚選びの目利きの高さはもとより、顧客と担当者の信頼関係を大切にしてきました。

◎ビジョン
水産業を生業としてきた私たちは気仙沼市の復興テーマ「海と生きる」に共感し、水産業を通して地域を活性化させることを標榜しております。

◎企業理念
社員の多様な能力を生かし個々が成長できるフィールドをつくる。
(社員にはトライ&エラーの繰り返しで小さい成功を積み重ねることや目標に向かってあきらめないで継続することが個々の成長に繋がると指導しています。)

◎水産事業戦略
地球温暖化による海水温の上昇、潮流の変化が水揚げされる魚種や漁獲量に大きな影響を与えております。その変化に対応するためにも、気仙沼港に水揚げされる多種多様な魚を臨機応変に仕入れ、処理する体制づくりに日々努力することで、リスク分散を図っております。

☆★☆「相手を思いやった行動・言動ができる人材」、当社はその様な人材を求めています。☆★☆

事業内容

PHOTO

気仙沼が誇る日本一のカツオを使用した、当社自慢の『カツオのたたき』。メカジキの背びれの付け根部分、気仙沼の珍味『メカジキのハーモニカ』。

◎鮮冷魚出荷業
 取扱い魚種:マグロ、カジキ、カツオ、サンマ、サメ、ほか
 全国の中央卸売市場へ販売(築地市場、名古屋市場、大阪市場、ほか)
 食品問屋へ販売し2次加工会社、飲食店へ素材供給
 商社経由で間接貿易(アジア圏)

◎小売業
 『気仙沼素材屋』の店舗名でECサイトを運営しBtoB、BtoCを展開
 メカジキ、サンマ、サメの心臓「もうかの星」など、気仙沼港ならではの商品を扱っております
 直 営サイト  https://k-sozaiya.com/
 ヤフーサイト  https://store.shopping.yahoo.co.jp/k-sozaiya/

◎冷蔵倉庫業
 ヘアピンコイル冷却方式により保管品の鮮度劣化を防いでいます。
 冷蔵保管能力:1,500トン(−35℃)、300トン(ー50℃)

◎製氷業
 魚の鮮度維持に氷は必需品です!
 製氷能力:40トン/日
 製氷保管:80トン

◎廻船問屋業
 水揚げ(陳列、選別)や食料の仕込、漁労機械の修理等の手配を行います。気仙沼魚市場がカツオ、メカジキ、サメの水揚げ日本一となる、一翼を担っております。
 取扱船:近海延縄船、近海まき網船、サンマ棒受網船

◎不動産賃貸業
 会社所有地の有効利活用
 仙台市内でマンションの賃貸
 コンビニストアへの賃貸
本社郵便番号 988-0021
本社所在地 宮城県気仙沼市港町5-1
本社電話番号 0226-23-6111
創業 天保11年(1840年)
設立 昭和28年(1953年)
資本金 1,000万円
従業員 45名
売上高 25億(2017年12月実績)
事業所 ・港町工場 
 気仙沼市港町5−1 TEL0226-25-8503 

・潮見町工場
 気仙沼市潮見町43−1 TEL0226-25-8501
主な取引先 中央魚類(株)
大都魚類(株)
マリンフーズ(株)
全国漁業協同組合連合会
会社URL https://ashikagahonten.co.jp//
通販URL 『気仙沼素材屋』
https://k-sozaiya.com/
平均勤続年数 5.3年 (2018年3月実績)
※大震災以降の採用としている為。
平均年齢 40.3歳(2018年3月実績)
沿革
  • 昭和28年8月7日
    • 株式会社足利本店 設立
  • 平成23年3月11日
    • 東日本大震災により、本社、工場すべて被災
  • 平成24年3月
    • 仮設工場(鮮魚加工場) 復旧
  • 平成26年1月
    • 港町工場(冷蔵倉庫及び冷凍魚加工場) 竣工
  • 平成27年3月
    • 潮見町工場(鮮魚加工場) 竣工
  • 平成27年8月
    • 潮見町工場 HACCP認定(マグロ、カジキ、サメのブロック)
  • 平成30年5月
    • 仮設工場を本設工場(鮮魚加工場)に改修
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒988-0021
住所:宮城県気仙沼市港町5番1号
部署:総務部 担当 紺野
TEL:0226-23-6111
URL 株式会社足利本店ホームページ
https://ashikagahonten.co.jp/
交通機関 JR気仙沼駅より 車で10分
観光施設「海の市」の前
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp230273/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)足利本店と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ