最終更新日:2018/9/7

マイナビ2019

マイナビコード
231212
  • 正社員
  • 既卒可

公益財団法人佐賀県建設技術支援機構

現在、応募受付を停止しています。

本社
佐賀県
資本金
公益法人会計基準上の資本金(平成29年度末) 7,000万円
売上高
平成29年度実績 10億2,000万円
従業員
平成30年4月1日現在 正規職員66名 嘱託職員21名 臨時職員8名
募集人数
1〜5名

社会インフラ事業を支え、佐賀県の土木・建築技術の発展に貢献。

【★夏採用開催!★】随時説明会兼選考を開催いたします! (2018/08/30更新)

皆さんこんにちは!
公益財団法人 
佐賀県建設技術支援機構 採用担当です!

当機構の採用ページをご覧いただきまして
ありがとうございます!

当機構では説明会兼選考という形で
夏採用を開催いたします!

ご都合のつくお日にちでの開催となりますので
どうぞお気軽にご応募ください!

皆さんのご応募をお待ちしております!!!

会社紹介記事

PHOTO
計画、設計、積算、工事と段階的に進むインフラ整備。その全般に携わり、技術研修、建築確認業務、建設材料試験業務等、建設分野に関する発注者支援業務を行っている。
PHOTO
技術開発や新技術導入の促進を図るSAGA建設技術フェアの企画運営をはじめ、佐賀の建設技術向上に貢献。「私たちと一緒に地域づくりの一翼を担いませんか」と徳渕さん。

建設技術の発展に貢献しながら自分自身のスキルを磨き、業界のスペシャリストへ。

PHOTO

結婚を機に橋梁建設に携わるシステム開発会社から佐賀へのUターンを決意。「充実した毎日を過ごせるとともに、資格取得のために学べる環境が当社の魅力です」と徳渕さん。

佐賀県のインフラ整備に関わる積算など、工事費を算定する業務を中心に手掛ける当機構には、計画段階からインフラ整備に携わるやりがいを感じられる環境があります。また、建設技術に関する情報を提供する場として「SAGA建設技術フェア」を主催。私が所属する企画情報課では、その企画や運営に携わることで人脈を広げ、自分自身も新しい知識や情報を知る機会に恵まれています。さらに、最新技術の発信や各種研修などを通じて、建設技術者のスキルアップに貢献。その他にも、道路整備に必要な情報をまとめる台帳作成や積算業務を支援するシステム運用・管理を手掛けています。道路整備に必要な台帳作成は、長きに渡り道路を維持管理する上で大切な情報資源となります。将来、その情報が必要とされる日が来るため、責任感を持ち仕事に取り組むとともに、自分が作成した台帳をもとに道路整備が進められ、道路が新しくなることを楽しみにしています。

就職活動を進める中で私が当機構を志望したのは、社員数に対する有資格者の多さに惹かれたからです。仕事上でも多くの刺激を受けられるのではないかと思いました。実際、当機構には資格取得を支援する手厚い制度があり、資格取得をめざしやすい雰囲気があります。私も制度を利用して、基本情報技術者を取得。次回は、応用情報技術者に挑戦しようと考えています。また、大学時代に土木と建築を学び、2級建築士の受験資格を持つため、その取得もめざしたいです。資格取得には勉強時間が必要ですが、残業が少なく平日の夜や土日祝の休みを有効に活用できるなど、自分のための時間を持てる環境が整うのも当社の魅力かも知れません。

私が目標とするのは、インフラ整備のスペシャリストとなり、佐賀の暮らしを陰ながら支える存在になることです。職場の中には、依頼主である県の方から相談を受ける先輩の姿を見る機会が非常に多くあります。「支援機構がなければインフラ整備がはじまらない、当機構が蓄積してきた情報がインフラ整備の根幹を支えている」――という自負を感じられる仕事だと思います。今は土木事業に携わっていますが、将来は建築事業にも目を向け、どの部署でもオールマイティーに活躍できる人になりたいと考えています。そのためにも、自分自身の仕事の幅を広げ、多くの知識を吸収していきたいです。

■技術部 企画情報課 副主査 徳渕 涼太/佐賀大学理工学部卒・2017年入社

会社データ

プロフィール

・佐賀県及び県内市町が発注する公共工事に関する、県内雄一の公的支援機関です。
・公共工事の発注者支援を通じて、県民の安全で安心な暮らしの実現に寄与しています。

事業内容
1.建設に関する研修事業
2.地方公共団体等が行う建設事業に関する発注者責任を担保する発注者支援事業
3.公共施設の維持管理に関する事業
4.建築物等の確認・検査・審査等事業
5.建設材料の試験・検査事業
6.災害時における技術協力等
本社郵便番号 840-0857
本社所在地 佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸字上深町3182
本社電話番号 0952-26-1666
創業 36年
設立 S57.11 佐賀県土木建築技術協会 H25.4  法改正により現組織
資本金 公益法人会計基準上の資本金(平成29年度末) 7,000万円
従業員 平成30年4月1日現在
正規職員66名 嘱託職員21名 臨時職員8名
売上高 平成29年度実績
10億2,000万円
主な取引先 地方公共団体等公的機関
平均年齢 40.7歳(正規職員のみ)
平均勤続年数 13年(正規職員のみ)
平均給与 モデル年収
26歳独身  年収 3,800,000円
30歳独身者 年収 4,300,000円
35歳妻帯者 年収 5,700,000円
沿革
  • 1982年11月1日
    • 発注者支援のために、県及び県内市町の出捐により財団法人佐賀県土木建築技術協会として設立
  • 2013年4月1日
    • 公益法人制度改革により、佐賀県から認定を受けて、財団法人佐賀県土木建築技術協会から公益財団法人佐賀県建設技術支援機構に組織変更
平均勤続勤務年数 13年(正規職員のみ)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 32時間(平成29年度実績)
 
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(平成29年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸字上深町3182番地
公益財団法人 佐賀県建設技術支援機構
電話番号 0952-26-1666 FAX 0952-26-1675
担当者 総務部 南里 茂巳
URL http://www.sagacat.or.jp/
E-mail soumu@sagacat.or.jp
交通機関 JR鍋島駅から徒歩15分
佐賀市営バス鍋島駅南バス停より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp231212/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
公益財団法人佐賀県建設技術支援機構と業種や本社が同じ企業を探す。
公益財団法人佐賀県建設技術支援機構と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ