最終更新日:2018/12/11

マイナビ2019

マイナビコード
232157
  • 契約社員
  • 既卒可

社会福祉法人藻岩この実会

本社
北海道
資本金
なし(社会福祉法人のため)
売上高
なし(社会福祉法人のため)
従業員
92名(うち女性52名、男性40名)
募集人数
1〜5名

【秋採用/スピード内定/職場見学随時受付中!】福祉の力をもって 地域の人たちとともに 住みやすいまちづくりをめざす!

  • 積極的に受付中

【募集】皆様の応募をお待ちしております。 (2018/10/20更新)

【当法人のページにアクセスしていただき、ありがとうございます!】

 私達の職場は、夜景で有名な藻岩山(札幌市南区)の南側に位置しております。自然豊かな環境…つまりは、アクセシビリティが良好とはいえないのですが、前身の法人の時代から30年以上、この藻岩山周辺の地域住民の方々と共に歩んできた法人です。

 私達の職場は、職員の働き方について真剣に取り組んでおります。2019年度には、有給休暇5日以上取得が義務化されます。今年度の当法人の年間休日数は123日。職員の休日をしっかり確保すること、そして、就業時間をしっかり守ることや超過に対する手当の支給などは不透明なところが無いように努めています。

 この度の求人につきましては、皆様のように無限の可能性ある人たちと共に将来の地域の福祉力を高めて参りたいと考えています。理系、文系問わず、あなたが専攻してきた知識と技術を福祉の分野で活用してみませんか?

 どうか、あなたの就職活動の選択肢として、当法人をお加えいただければ幸いです。施設見学や就職に関する相談を随時うけつけておりますので、お気軽に問い合わせください。お待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「利用者さんの笑顔を見ると私も元気をもらえます!」。毎日の暮らしに寄り添いながら、初めてやる仕事にもチャレンジして、できることを増やしていける環境です。
PHOTO
敷地内にある畑作業をするなど、一緒に活動をサポート。「障がいに関係なく、メンバーさんの成長やこの施設になじんでいく姿がうれしい」と話す金成さん。

少人数制で一人ひとりの夢を叶える。誰かの役に立ち、人が成長する過程に関わる喜び

PHOTO

就職活動中はぜひ施設見学を!家族と暮らしにこだわり、自然豊かな環境で力を合わせて暮らしている「藻岩この実会」の雰囲気の良さをぜひ体感してください。

大学生のときにバイトで障がいをもった子どもに関わったことがきっかけで、この仕事に興味を持ちました。就職活動中に藻岩この実会と出会ったときは、「いろいろな活動をしているんだな」と仕事内容に惹かれ、その場で見学申し込みを行い、後日2カ所の施設を見学させてもらいました。雰囲気の良さに「ここに決めた」と思ったことを覚えています。ずっと働く職場ですから、就職前に職場見学することは、とても重要ですね。

「第2この実寮」では、障がいを持った方や自閉症の40〜80代の利用者さんが生活しています。ずっとここで暮らして高齢になった方も多く、生活介助も必要になってきたという感じです。
入社後、車椅子からの移動介助など、はじめての経験もありましたが、先輩方から丁寧に教えていただき、いろいろなことを吸収しています。私が一番好きな時間は、利用者さんと一緒に笑って過ごしているとき。笑顔を見ていると私も元気をもらえます。
(第2この実寮 生活支援員 中田 菜摘/2016年4月入社(札幌学院大学出身))

「藻岩この実会」に入社した理由は、学生のときにここで約1カ月間実習し、とても楽しかったからです。今の仕事内容はメンバー(利用者)さんと一緒にガーデンや野菜畑での作業活動や、食事・トイレ介助、その他活動の見守りをしています。支援員だけでなく、保護者や地域ボランティアの方と一緒に活動することも多く、町内会活動に参加するなど地域交流も盛んです。
北の沢の施設はデイサービスが主体ですので、休日はしっかり休むことができます。年間休日が123日あり、自分の時間もきちんと確保しています。日曜日は学生のときからやっている草野球でリフレッシュしています。公私ともに屋外活動が多いため、夏は日焼けで真っ黒です(笑)。

高校を卒業後に入所してきたメンバーさんが、活動を通じて自分でできることが増えていく姿を目の当たりにしたときはうれしかったですね。もっとメンバーさんの気持ちを理解してサポートできるように、さらに経験を積みたいと思います。
(北の沢デイセンター 生活支援員 金成 尚道/2017年4月入社(北翔大学出身))

会社データ

プロフィール

 当法人はご本人(利用者様)ひとりひとりに合った暮らしを叶えようという想いから、顔が見える福祉の追求のため地域に根ざした少人数制の暮らし方に積極的に取り組んでいます。
 また、信頼される社会福祉法人として、健全な施設運営が行われるよう、様々な取り組みを行っています。

事業内容
【第一種社会福祉事業】
◇第2この実寮
 障害者支援施設 
 短期入所事業
【第二種社会福祉事業】
◇北の沢デイセンター
 生活介護事業
 共同生活援助事業
◇第2この実寮
 共同生活援助事業
◇もいわサポートセンター
 就労継続支援B型事業
 就労移行支援事業
 短期入所事業
◇児童デイサービスPorte
 児童発達支援事業 
 放課後等デイサービス事業
◇ほっと相談センター
 特定相談支援事業
 一般相談支援事業
 障害児相談支援事業
法人本部郵便番号 005-0832
法人本部所在地 北海道札幌市南区北ノ沢1904番地2
法人本部電話番号 011-571-7553
設立 平成28年8月5日
資本金 なし(社会福祉法人のため)
従業員 92名(うち女性52名、男性40名)
売上高 なし(社会福祉法人のため)
事業所 北の沢デイセンター(生活介護、札幌市日中一時支援事業)
第2この実寮(施設入所支援、生活介護、短期入所)
もいわサポートセンター(就労継続支援B型事業、就労移行支援、短期入所)
児童デイサービスPorte(児童発達支援、放課後等デイサービス)
ほっと相談センター(一般・特定・障害児相談、札幌市障がい者相談支援事業)
こんて(共同生活援助、グループホーム4か所)
お達者倶楽部(共同生活援助、グループホーム2か所)
沿革
  • 1971年2月
    • 2名の親御さんが私財を投じ、西区西野 969 に建設用地を購入
  • 1973年1月
    • 社会福祉法人千歳いずみ学園 知的障害者更生施設「手稲この実寮」開設
  • 1979年10月
    • 社会福祉法人千歳いずみ学園より法人分離し、「社会福祉法人札幌この実会」として独立
  • 1989年12月
    • 「北の沢デイセンター」開設
  • 1993年2月
    • 「第2この実寮」開設
  • 2009年3月
    • 「社会福祉法人札幌この実会」より法人分離し、「社会福祉法人あむ」設立
  • 2011年8月
    • 「社会福祉法人札幌この実会」より法人分離し、「社会福祉法人NIKORI(にこり)」設立
  • 2015年4月
    • 「もいわサポートセンター」および「児童デイサービスぽると」開設
  • 2016年8月
    • 「社会福祉法人札幌この実会」より法人分離し、「社会福祉法人藻岩この実会」設立
  • 2016年10月
    • 現行の全事業運営開始
  • 2017年12月
    • 共同生活援助「こんて」に「もいわの家」を新設・運営開始。同共同生活援助内「みなみの寮」を巡回型のグループホームに変更。
平均勤続勤務年数 2018年4月1日現在 平均勤続年数:1年6か月。
※2016年8月5日に法人設立、同年10月1日より職員着任のため、当法人での勤続年数は上記のとおりです。
※最長の障害児者支援の実務経験者は1名、実務経験年数は43年で、再雇用者です。
※最短の実務経験者は1名、実務経験年数は0年の新卒者です。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 1時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.4日(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 12.5%(役員8名中1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 社会福祉法人 藻岩この実会 法人本部
齊藤(サイトウ)
TEL:011-571-7553
受付時間: 平日 9:00〜17:00
※原則的に土日祝祭日はお休みとなっております。
URL http://moiwa.or.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp232157/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人藻岩この実会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ