最終更新日:2018/8/8

マイナビ2019

マイナビコード
2459
  • 正社員
  • 上場企業

(株)J-オイルミルズ

本社
東京都
資本金
100億円
売上高
1,802億円 (2017年3月期連結) 1,718億円(2017年3月期単体)
従業員
953名(2017年3月末現在)
募集人数
16〜20名

J-オイルミルズは食を支える製油業界トップクラスのメーカーです。

【19年卒】たくさんのご応募ありがとうございました! (2018/08/08更新)

こんにちは。J-オイルミルズ採用担当の岡です。
今年度の新卒採用は新規応募受付を終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
事業内容は多岐にわたり、国内食用植物油の約3分の1を供給しています。
PHOTO
工場は千葉、横浜、静岡、浅羽、神戸、若松にあります。中でも国内最大規模を誇る静岡工場は、東京ドーム4つ分ともいわれる敷地面積で、多岐に渡る製品を製造しています。

旺盛なる好奇心と、果敢に挑戦できる仲間を求めています!

PHOTO

当社の商品・社員一人ひとりが、私たちに関わるすべての方の幸せを実現させるエネルギーとなるために、今までも、これからも、「おいしい」を皆さまへお届けしていきます。

J-オイルミルズは、日本の製油業界を長年作り上げてきた
製油大手の3社(味の素製油、ホーネンコーポレーション、吉原製油)が
2004年に合併しできた会社です。

J-オイルミルズは、製油業界トップクラスのメーカーとして
さらなる高い飛躍を目指していて、
旺盛な好奇心と、果敢に挑戦できる仲間を求めています。
入社1年目や2年目の若手社員でも
責任ある仕事を任されている社員は少なくありません。

「人」を大切に考える会社であるからこそ、
若手の活躍を応援してくれる先輩や上司がたくさん待っています。

まず自分自身と向き合い、固定概念にとらわれることのない
等身大のままの皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

会社データ

プロフィール

当社は製油業として長い歴史のある「味の素製油」「ホーネンコーポレーション」「吉原製油」が2004年に合併し誕生した会社です。

カラダの基本を作る「油脂」。
J-オイルミルズの主力商品でもある「油脂」は大きく業務用油脂(BtoB)と家庭用油脂(BtoC)に分けられます。
業務用油脂においては国内シェア41%を誇っていて、なかでも外食産業や中食産業といわれるスーパー惣菜やコンビニ弁当の分野では多くのユーザー様から支持を頂いています。
それはいわば「プロ」から支持を頂いているということ。
つまり、商品の味や機能を「プロ」に認めていただいているということです。
そして、これらをすべて含めた国内植物油のシェアは約3割。
おそらく毎日の食事のどこかにJ-オイルミルズの製品が使われていると言っても過言ではありません。

これは、メーカーとして何よりも誇ることのできることだと思っています。

また、当社は製油メーカーとして液体の油脂製品はもちろんのこと、紛体の粉末油脂、固体の加工油脂を展開していて、油脂以外でも油糧(ミール)、スターチ、健康食品など、「おいしさ」を作り出すための多岐に渡る事業を国内外で展開しています。
また、搾油ビジネスモデルの変革を目指すべく、2017年6月には岡山県倉敷で新工場が竣工しました。

(シェア:2017年6月号 酒類食品統計月報より)

事業内容

PHOTO

業務用油脂商品でお客様の高い支持を得ている「長調得徳」。特許製法の「TEE UP製法」で長持ちします。

●油脂事業
家庭用油脂では、「AJINOMOTOオリーブオイル」や特定保健用食品の「AJINOMOTO健康サララ」など、おいしさと健康ニーズにお応えする商品に加え、バターやレモンの風味を楽しめるフレーバーオイルを拡充しました。業務用油脂では、独自製法でおいしく長期間ご使用いただける「長調得徳」に加え、あらたに「揚げヂカラ」ブランドで揚げ物のおいしさをさらに強化するラインナップを打ち出しました。またプロのための調味油シリーズ「J-OILPRO」の商品ラインも取り揃えました。

●粉末油脂事業
油脂事業の領域拡大に向けて、新規取り組みを開始した事業の一つです。2012年から本格的に事業展開をしていて、コーヒー用の粉末クリーム、製菓・製パン、スープの原料などの加工食品においしさを加える素材として今後の拡大が期待されている分野です。油脂やスターチで培った当社独自の技術を加え、新しい価値を創造していきます。

●スターチ(でんぷん)事業
トウモロコシやタピオカをベースとして、当社独自の高機能な加工でんぷんを開発しています。これらの機能性でんぷんは麺、パン、菓子、揚げ物、惣菜などに幅広く利用され、ふんわり、しっとり、もっちり、サクサクなどといった食感を実現します。

●マーガリン・ショートニング事業
家庭用マーガリンではお客様より長くご支持いただいている「ラーマ」製品を、業務用マーガリンでは当社独自のフレーバー技術を用いた「マイスター」ブランドを中心に製菓・製パン向け商品を展開しています。

●油糧事業
搾油処理後の搾り粕(ミール)は、貴重な原料素材として広く活用されています。
大豆ミールは良質なたんぱく源として配合飼料や醤油の醸造用原料に使用されます。菜種ミールは有機肥料や配合飼料の原料などに利用され、国内の優れた酪農・乳牛・肉牛肥育の技術に応えるため、用途に適した高品質の配合飼料を提供しています。

●大豆シート事業
大豆由来の特徴的な商品として大豆たんぱくをシート状にした商品「まめのりさん」があり、国内だけでなく海外を中心に新しいラッピング素材食品として展開しています。
本社郵便番号 104-0044
本社所在地 東京都中央区明石町8番1号 聖路加タワー
本社電話番号 03-5148-7100(代表)
創立 2004年7月1日
資本金 100億円
従業員 953名(2017年3月末現在)
売上高 1,802億円 (2017年3月期連結)
1,718億円(2017年3月期単体)
代表者 八馬 史尚
株式 東証一部上場
事業所 本社/東京
研究所/横浜、静岡、藤沢
工場/千葉工場、横浜工場、静岡工場、浅羽工場、神戸工場、若松工場
支社・支店/東京支社、大阪支社、北海道支店、東北支店、関東甲信越支店、
北陸支店、名古屋支店、中国支店、四国支店、九州支店、新潟営業所、静岡営業所、長野営業所
関連会社 日華油脂(株)、(株)J-ケミカル、(株)J-ウィズほか
平均年齢 43歳
沿革
  • 2002年 4月
    • (株)ホーネンコーポレーションと味の素製油(株)が経営統合、持株会社・(株)豊年味の素製油が発足。
  • 2003年 4月
    • 吉原製油(株)が経営統合に参加し、持株会社名を(株)J-オイルミルズに変更。
  • 2004年 7月
    • (株)ホーネンコーポレーション、味の素製油(株)、吉原製油(株)の3社を(株)J-オイルミルズが吸収合併し完全統合を果たす。
  • 2007年 7月
    • ユニリーバ・ジャパン(株)より、家庭用マーガリン事業を譲渡。
  • 2012年 3月
    • 静岡工場内にて粉末油脂工場竣工。
  • 2013年 8月
    • インドムンバイにおいて、Ruchi社と合弁会社の「Ruchi J-OIL Private Limited」を立ち上げ、ムンバイ事業所設立。
  • 2014年 5月
    • タイバンコクにてJ-OILMILLS THAILAND設立。
  • 2016年 6月
    • 岡山県倉敷市にて倉敷工場竣工。
平均勤続勤務年数 17.5年(17年3月末現在)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.7日(2016年度実績)

問い合わせ先

問い合わせ先 〒104−0044
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー
総務・人事部人財開発グループ 採用担当
TEL:03-5148-7109
FAX:03-5148-7107
URL http://www.j-oil.com/
E-mail recruit@j-oil.com
交通機関 本社まで
東京メトロ日比谷線 築地駅より徒歩7分
東京メトロ有楽町線 新富町より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp2459/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)J-オイルミルズと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ